menu

やり方(ノウハウ)とあり方(To Be)のバランス

毎日、様々な記事を書いてリリースしていると、
読者の皆さんが強く望む記事と、そうでない記事の違いが分かってきます。

 

「あり方」よりも、「やり方」を望む人が多い

具体的な「やり方」(ノウハウ)を伝える記事は、明らかにPV(ページビュー)が伸びるのに対し、
「あり方」に関する記事は、大して読まれていないということです。

例えば、最近リリースした記事で言えば、こちらの記事は反応が高かった例です。
具体的な7冊の書籍をご紹介していることから、読まれるだろうという予測はしていました。

逆にこの記事は、その3分の1も読まれなかったという。。(泣)
(タイトルのつけ方が、中身を読まなくても要約になっているから、というのもありますが、、)

この傾向を見ると、「あり方」よりも「やり方」を望んでいる方が多いことが分かります。
実際、セミナーやコンサルティングで話をしていても、
「具体的にどうすれば?」という質問は後を断ちません。

私自身、短期的な成果が欲しいと思うときほど、「やり方」を知りたくなります。

 

「あり方」は常に意識し続ける

それでも私は「やり方」と「あり方」を程よくブレンドして記事を届けたいと思っています。

というのは、「あり方」を忘れた上で得た「やり方」は、実に崩れるのが速いからです。
例えば、「良いセミナーのやり方」を身につけたところで、

  • そのセミナーが自身のビジネス上、どのような位置付けにあるのか?
    (顧客を獲得する目的なのか、顧客により深い価値を提供する目的なのか、etc)
  • 顧客に届けたい価値は何なのか?

この2つがブレていたら、そもそもセミナーが成り立たないわけです。
(短期的に上手くいったとしても、少なくとも長期的には継続できなくなります)

ですから、どんなときにも「あり方」を忘れないように、
例えそんなに読まれないと分かっていたとしても、
説教くさいなと思われようとも(汗)、
「あり方」についても書き続けていくのです。

何より、自分自身に言い聞かせる効果がありますので。

 

「やり方」と「あり方」のバランス

とは言え、独立直前・直後など、その方の置かれた状況によっては、
短期的な成果が必要な場合があります。

そういう方にとっては「やり方(=ノウハウ)」が必要なこともあるでしょう。
ノウハウは、ネットを中心に溢れかえっている世の中ですが、
それでも私自身が持っているノウハウをお伝えすることで、喜んで頂くケースがあるのも確かです。

ただ、ノウハウは最終的には自分で自分に合ったものをカスタマイズして習得していくことが大事です。
与えられたものはあくまでも最初の雛形くらいに思っていた方が良いでしょう。
ですから、私はこのブログで「やり方」と「あり方」のバランスを取りながら、情報発信しているのです。

今回の記事自体が「あり方」についてですので、あまり読まれないと思いますが、、(汗)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日・明日は両親と息子で、近所に旅行に行ってきます。
できる限り、親と会う機会を増やしたいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

考えるよりも、感じること

ビジネスの肝は期待値コントロール

関連記事

  1. 「型」がないから悩む、苦労する

    日曜日、近所を25kmランニングしました。3月12日の古河はなももマラソンが近づいてきているから…

  2. 「複業」によって得られる社員・企業それぞれのメリット

    今朝の日経新聞1面に正社員の副業 後押し政府指針、容認に転換 働き方改革という記事が出て…

  3. 他者の健闘・苦闘に美を感じない環境は厳しすぎる

    9月から月例で実施するマーケティングセミナーの募集を開始しました。物騒な名前ですが(…

  4. 泥臭い作業を終えた先に見えるもの

    おはようございます。渋屋です。昨日に引き続き、ダイレクトレスポンスマーケティングのセミナーについ…

  5. 会社員もお金の管理を人任せにしない方が良いと思う理由

    会社員だった頃、周りにはお金の管理を奥さんに完全に任せてしまい、お小遣いで過ごしているという方が…

  6. 生産性を一気に高める確実な方法

    こんにちは、渋屋です。今日の記事は自分への戒めとして書きます。こ…

  7. 【私の履歴書】現時点(2017.2)におけるキャリア総括

    連載で私の過去を振り返る「履歴書」シリーズ。これまで学生時代から会社員時代までを、キャリアの面で…

  8. そのコミュニティに属するのは本当に正解ですか?

    人は環境の生き物です。自分が所属する環境(コミュニティ)に、本人は意図せずとも大きな影響を受けて…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP