menu

アーリーリタイアなんてとんでもない!

LINEで送る
Pocket

先日、ある会話の中に「アーリーリタイア、良いですねぇ〜!!」という言葉を聴き、
驚いてしまいました。
私には、「アーリーリタイア=良いこと」というイメージがなかったのです。

 

ありたい姿を先に考える

アーリーリタイアって、40代とか50代とかで仕事を辞めることだと思います。
ただ、働くか働かないか(doing)は、ありたい姿(being)を達成するための手段にすぎないんですよね。
だから、それを目標にすること自体に違和感があります。

私にとって、ありたい姿と紐づくキーワードを一部挙げると、
「成長」、「貢献」、「自信」、「つながり」というようなもの。
このありたい姿を実現するためにアーリーリタイアがあれば良いのですが、
どうも私の中ではつながりません。

早く仕事を辞めたら、成長は止まってしまうし、
世の中に貢献できなくなるかもしれないし、
その結果、人とのつながりを失い、自信まで失ってしまうかもしれません。

 

 

「定年」なんていう概念を無くしたい

ありたい姿を実現しようとすればするほど、「定年」なんて概念をなくして、
元気に働けるまで働いた方が、人生面白い!と思っています。
働き方や、その内容は年齢や世の中の変化に応じて変わっていくものと思いますが。

そもそも、健康やスキル・価値観は人によって様々なのに、
一律何歳になったら会社を辞めてね、という「定年」の概念自体が、私にとっては受け入れられません。

私の両親は自営業で、父親は既に後期高齢者に入っていますが、それでも毎日働いています。
息子としては、「そろそろ休んだら?」と思いますが、それが生き甲斐なのだとしたら、
止めるつもりは毛頭ありません。

自営業でなくとも会社員だって、今の時代は一律に区切られた年齢まで働くイメージを持っていないのではないでしょうか?
というわけで、定年自体を無くしてしまえば良いのに、と思うのです。

 

最期まで、世の中とつながっていたい

私個人の話に戻りますと、私は死ぬ直前まで、人・世の中とつながっていたいと思っています。
人と全く会わない生活なんて、まっぴらごめんです。

世の中とつながり、それまでに自分が得てきた経験を、少しでも人の役に立てたい。
その結果、自分自身に誇りを持って死んでいきたい。
そういうイメージを持っていますので、アーリーリタイアするイメージが全く沸かないのです。

もちろん趣味やプライベートの時間は楽しみますよ。
ただ、それも定年の前だから・後だから、という区別はしていません。
そんなつまらない概念に縛られたくないから、会社員を辞めたんですから。

トライアスロンを楽しむなら、残りの人生で最も若い「今」が一番良いときです。
もっと歳を重ねたら、それはそのときに新しい趣味が生まれてくるでしょう。

ただ、どんなに趣味やプライベートを楽しんだとしても、
働かない生活というのは、どうも私には考えられないのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日で今年前半も終わりですね。
会計年度の区切りや、転勤・異動など、周りでは様々な動きがあるようでした。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

公的機関の仕事を選ぶときの基準

コンサルタントを使い尽くす

関連記事

  1. 選挙の前に政治家の選択基準を持っておきたい

    もうすぐ選挙ですね。皆さんは、政治家をどのように選んでいますか?ドラッカ…

  2. ビジネスにセレンディピティが起きるよう仕掛けておく

    私は「偶然の出会い」を結構信じています。偶然出会った人、本などによって、自分の人生は大きく変わっ…

  3. IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

    「IoT」という言葉が一般紙などに書かれることが多くなりました。経済産業省が押しまくっているのも…

  4. 聞き役だけでも・・・

    こんばんは、duckです。今日も実務補習について感じたことを書きたいと思います。実務補習で社長にヒア…

  5. テクノロジーを軽視する経営に明日はない

    日本のCEOは「デジタルやテクノロジーに関する能力」が著しく低い、という調査結果が出ています。(…

  6. 情報漏えい後の対応で、企業文化が伝わる

    こんにちは、渋屋です。JALの顧客情報システムに不正アクセスが発生し、顧客情報漏えいの可能性があ…

  7. 「うちのエンジニアは高いですよ」と言えるまでの道

    昨日は、30数社のIT関連企業、製造業が集まるイベントを運営していました。今日はそのイベントでの…

  8. 専門バカにならないために

    こんにちは。渋屋です。日々、マネージャとして仕事をする中で、人はどうして…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP