menu

やっぱり廃棄からしか始まらない

ドラッカーは言いました。

現在行っていることの廃棄は体系的に行なわなければならない。(『ドラッカー365の金言』より)

このところ、廃棄を定期的なイベントにしなければ、と感じています。

 

ただ追加するだけでは、イノベーションは起こらない

廃棄を定期的なイベントにしたい理由は簡単です。
時間が足りずに色んな動きが後手に回っているからです。

今週だけでも、申し込んでいたセミナーを2件キャンセルして、
目の前の業務に追われてしまいました。
早く帰宅するから家族には喜ばれるので、何とも複雑な心境なのですが、、

新しい取り組みをするのは簡単です。
ただ、それを継続するのは困難が伴います。
今までの生活に新しいものを追加するだけだと、時間が足りなくなりますから。

 

廃棄は本当に大切なものは何か?を問うてくる

そのため、本当に何かを変えて前進したいのであれば、
追加する前に、何かを止める必要があります。

先週、ブログ1,000記事セミナーにてご一緒した小嶋さんは、
ブログを書くことで、様々なものを止めたと仰っていました。
例えば、1時間以上の会議を止めたとか、最高です。
(無駄に長い会議、本当に多いですからね、、)

廃棄をしようとすると、現在の生活の中で本当に大切なものと、
そうでないものの区別をしなければなりません。

 

新しい取り組みをするとき、廃棄をセットで考える

振り返ると、この数ヶ月間、新しくやりたいことが増えまくって、
追加・追加・また追加・・・という日々でした。
そりゃあ時間が足りなくなるわけです。

何か新しい取り組みをするとき、今後は廃棄とセットで考えます。
「これを始めるために、止めるものは何か?」と。

私の場合、明らかに無駄と感じるような時間、
例えば目的なくテレビを観るとかは、既にほぼ無くなってきています。
ですので、止めるべきものが、つい最近までは必要だと思っていたものに
なる可能性が高いです。

だから悩む。悩むからより本当に大切なものを考えざるを得ない。
止めることに苦しみが伴う。
これが良いんでしょうね。

悩んで悩んで、廃棄を進めていこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
日中は普段通りの仕事をして、今晩から伊豆大島に移動です。
久しぶりの大人の合宿。楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

いきなりコンサルティングは売れません

あなたを突き動かすエネルギーは?

関連記事

  1. 迷ったときには顧客に戻る

    昨晩、独立・起業を目指されている方とSkypeでミーティングをしました。そのなかで気づいたことを…

  2. 自分の状態を評価する指標を持っていますか?

    「今日は頑張った!」「今日はイマイチ乗り切れなかったな・・」「今日はグダグダだった・・」…

  3. パラリンピックを観て気づくイノベーション

    息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていてふと気づいたことがあります。■イノ…

  4. 「目的」と「次の行動」を明確にすれば、読書の質は劇的に上がる

    本を読むとき、何も考えずにダラダラと読んでいませんか?何でも読めばいいというわけではなく、(少な…

  5. 『職場の問題地図』より、私たちは「ワークスタイル変革」をただの流…

    「働き方」に関して、ようやく表面ではなく、本質を突いた本が出ました。職場の問…

  6. 政府が行うべきはキーワードの連呼ではなく、目指す姿を示すこと

    日頃、社長たちと会話をしていると、強く感じることがあります。「政府や自治体が、社会が目指す方向性…

  7. モノよりもココロの時代だからこそ自己探求を

    一昨日の記事で、自己探求の旅に出ていることを書きました。「自分のことなんて知り過ぎな…

  8. 「うちのエンジニアは高いですよ」と言えるまでの道

    昨日は、30数社のIT関連企業、製造業が集まるイベントを運営していました。今日はそのイベントでの…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP