menu

日本を好きになる一冊、『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』#336

LINEで送る
Pocket

今日から仕事はじめの方も多くいらっしゃるかと思います。

私は今日は有給を使ってしまいました。妻は仕事なので、近くに住む両親に息子を預けて、一人で活動する予定だったのですが、父親が体調を崩してしまいました。
今日も息子と遊ぶ1日になるのは良いことですが、プロジェクトや仕事が進みません。。。


出版プロジェクト62日目(残り30日)。

年末年始に読んだ本で興味深い本がありましたので、久しぶりに感想をブログにて紹介します。

私は学生の頃、文系科目が好きになれず、逃げまわってきた苦い記憶があります。
しかし、大人になり、ビジネスパーソンになり、多くの方と触れるにつれ、
自分の知識に土台が無いことを痛感することが増えました。

「日本人なのに、日本のことを語れない」

と強く感じたのは、海外の方が自国のことについて、自分の家族の話をするかのように熱心に・流暢に話をしていたときです。
その後、簡単な日本史の本や経済の本など、多くを試してみましたが、あまり心に響くものはありませんでした。そんな入門書とは一線を画す本に出会いました。それが本書です。

  • 自国の建国について知っていますか?
  • 日本が現存する世界最古の国家であることを知っていますか?

恥ずかしながら、私はどちらも知りませんでした。
そして何よりも、世界の他の国は戦争や市民革命等、血を流しながら建国しているのに対し、日本は血を流さず、話し合いで建国しているということに驚くばかりです。

この本を通じて最も強く感じたことは、日本人は、自分達にもっと誇りを持って良いのでは?ということです。
世界に対して、媚び、へつらう必要など全くないのだ、と。
私はこの本を読んで、日本という国と日本人が少し好きになりました。もっと日本のことを知りたいと思います。

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村



【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

ITトレンド #335

改めてタスク管理 #337

関連記事

  1. ドラッカーを学ぶなら、この本から

    こんにちは、渋屋です。今日は暑いですね!所用で外のプールに居たので(詳細は【編集後記】にて)、日…

  2. 営業とは何か?メンタルを変えるだけで世界が変わる

    おはようございます。渋屋です。久しぶりの「診断士のタマゴ」(マインド編)です。士業の方と…

  3. 新商品開発に走る前に考えたいこと

    こんばんは、渋屋です。一大プロジェクトが動いており、平日の日中はバタバタと過ごしています。ブ…

  4. ニッポンを好きになれる2冊 #566

    おはようございます。渋屋です。昨日は終日テレワーク。仕事の合間に…

  5. 中小企業診断士の勉強を始めるのに最適な本

    こんにちは、渋屋です。このところ、あまりに多くの本を同時並行で読み進めているため、だんだんワ…

  6. ビジネス書から飛び出したらアイデアが出てきた

    何かの専門家として、その専門分野を学び続けるのは当然として、私はこれまで、読む本の対象は、ほぼ全…

  7. 一般ビジネスパーソンこそ「IT脳」を身につけよう

    ITがどんどん、ビジネスのあらゆる分野、そして私たちの日常生活に入り込んできています。何ができる…

  8. 沈黙のWebマーケティングは実用入門書か?

    このところ、Webマーケティングに関する本を読み進めています。Webマーケティング全体のものから…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP