menu

学校の集金こそシステム化すべし!!

LINEで送る
Pocket

子どもを小学校で過ごさせていると、「いつまでこんなやり方してるの!?」と思うことが多々あります。
その筆頭が、学校の集金です。

 

前時代的な慣習が残る学校

集金のルールを見ていると、「いつの時代だ?」と疑問を抱いてしまいます。

例えば、親(保護者)がお金を持っていかなければならない、というルール。
(=子どもには、持ってこさせてはいけない)
大金ならいざ知らず、数百円を子どもに預けないなんて。

子ども達を信用しなすぎじゃないでしょうか?
大事な教育の機会を逃してしまっていると思うのです。
仮になくしたり、落としたり、盗みが発生したとしても、
それはそれで子どもには良い経験ではないでしょうか。

もう1つは、おつりがないように、ピッタリの金額で持っていくこと。
874円持ってきてとか、もう大変です。

妻と私の財布を引っくり返して、ピッタリの小銭を集めます(泣)
無いこともあるので、そういうときはお釣りをうまくもらえるように、買い物をするのです。

 

無駄だらけなので、すぐに改善して欲しい

そんな細かい金額を要求するなら、電子マネーで集めればいいじゃないのでは?と。
送金(決済)するための手軽なシステムも、CoineyとかSPIKEとか、世の中には溢れています。
何れにしても、小銭を集める苦労をなくすために、システムで対応して欲しいものです。

もし、「そんな高度なもの使えない」という人がいれば、銀行振込で良いじゃないですか。
学校に行って、お金を払う手間と時間を考えたら、
振込手数料なんて気にならないでしょう。
(実際には気にする人もいるでしょうが、そんな人は学校に持っていけば良いのです)

これらの仕組みがきちんと使えるようになれば、
修学旅行のような大金が必要なときでも、リスク少なく対応することが可能です。
(親が大金を持って行くことで、集金している場に何100万という大金があることは、
非常に高いリスクが発生している状況だと思いませんか?)

 

最低レベルを救うのではなく、平均レベルを上げる

学校の色んなシステムが古いところを見て感じるのは、
常に「最低レベルの人を救う」システムになっていることです。
何もできない人のレベルに合わせていたら、全体としてレベルアップできません。
新しいことにもチャレンジできないでしょう。

そうではなく、平均レベルを上げる取り組みをすること。
それによって、着いてこれない人が出てくるかもしれません。
でも、そういう人が努力して、レベルアップできるようにする環境を整えることこそが、
教育の場には必要なのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は息子のサッカー試合です。
これから応援に行ってきます!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

アクセルとブレーキでバランスを

独立・副業するときの商品ネタを探すには

関連記事

  1. これからはAIと共に生きていく

    少し前に、これからはスマホ中毒者が激増することを予想しました。そして、それは悪い傾向…

  2. アジャイル開発から学ぶ。仕事は「戦い」ではない。

    IT企業を支援する上で、主流となりつつあるアジャイル開発を学んでいます。ただ、これは単なる開発手…

  3. データという名の新しい通貨

    こんにちは。渋屋です。新しい通貨が生まれつつあるのをご存知でしょうか?…

  4. システムの作り方・使い方を変えるkintone(キントーン)

    このところ、いよいよシステムの作り方・使い方が変わると感じています。明らかに環境が整ってきている…

  5. ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

    昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。「ロボットと競えますか」労働者の不安を煽ろうと…

  6. IT導入と業務プロセス変更をセットで考える

    ITを導入する際、業務プロセスの見直しを同時に行うと、効果が高いという記事を書きました。その…

  7. Facebookを乗っ取られたときの対処法

    おはようございます。渋屋です。このところ、Facebookアカウントを乗っ取られたという話を複数…

  8. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP