menu

顧客とどのように関わっていきますか?

顧客との関わり方は、人によって大きく異なる部分だと思います。
私はどのように顧客と関わりたいと思っているのか、自分の思考整理のためにも書いてみました。

 

深く長くお付き合いしたい

私の場合、基本方針は、顧客と深く長くお付き合いしたいと思っています。
理由はいくつかあります。

まず、長くお付き合いすることによって、その会社の文化や課題などを
深く認識することによって、より効果的な支援ができるからです。

短時間のコンサルティングでもヒアリングを行って、その場で提案することはしています。
ただ、長く深くお付き合いしている顧客に比べれば、短期的・表面的な提案になってしまうことは否めません。

次に私の特性によるものです。
私は一度に多くのことを処理できるタイプではありません。
数少ないことをじっくりと続ける方が、得意なのです。
結果として、このスタイルの方が、顧客に価値を提供できると思っています。

最後に完全に私の都合ですが、営業活動の時間を最小化できるからです。
顧客の数を増やそうと思ったら、常に営業活動を行う必要があります。
しかし、深く長くお付き合いする顧客が一定数あれば、
そんなに営業活動に追われ続けることもありません。

 

経験を積むための仕事

その一方で、1回だけ、あるいは複数回の短時間コンサルティングも行っています。
資料などは作らず、その場でヒアリングを行い、お話しすることが中心です。

これをやっている理由は、多くの顧客と接することによって、
経験を積みたいからです。

顧客に深く入り込むことでしか得られない課題がある一方、
多くの会社を見た結果得られる知見もあるからです。
前者だけでなく、後者についても身につけたいと思っています。

ちなみにこちらの仕事は商工会議所などからの依頼で請け負っているケースが大半で、
私個人で営業活動をしなくて良いようにしています。
(こちらの仕事もブログからいただけるようにすることが理想ですが)

 

ベストなバランスは人それぞれ

このように私の場合は長期でお付き合いする顧客を中心にすることが理想のバランスです。
しかし、理想のバランスは、人によって様々でしょう。
数多くの顧客をガンガンまわす方が得意な方もいらっしゃいます。

また今回は対顧客のビジネスについて書きましたが、
実際には執筆やセミナーなど、別の仕事を合わせて、全体で理想のバランスを
目指すことになるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
久々に遅寝したら、今日はかなり眠いです。。
完全に早寝早起きが、カラダに染み付いたようです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

『働くママが必ず悩む36のこと』、男性管理職の必読書にしたい

ダイレクトメール垂れ流しの会社から思うこと

関連記事

  1. 口うるさいNo.2の意見に耳を傾けられるか?

    創業社長には、攻めを得意とする人が多いと感じます。自分で事業を立ち上げるくらいですから、当然のよ…

  2. 人生を変える出会いをどれだけしていますか?

    今日は横浜マラソンが中止。私はエントリーしていませんでしたが、妻を筆頭にエントリーしていた周りの…

  3. 空いているリソースを使ってみたら・・・

    こんにちは、渋屋です。息子が3月まで通っていた保育園の目の前に駐車場があ…

  4. 顧客維持のインパクト #428

    こんにちは。渋屋です。少し前の記事にて、顧客は黙って去っていくものなので、流出率…

  5. 会社員は将校であり、フリーランスは戦闘民族である

    30代半ばを過ぎた頃から、会社員には気をつけなければならないことがあります。一人の兵として、戦闘…

  6. 「人件費」の捉え方で経営は変わる

    人件費を日頃、どのように捉えていますか?その捉え方1つで、その会社は10年後、全く異なるものにな…

  7. 自分と向き合い、変化に耳を傾ける

    「自分探し」をするなんて言うと、就職活動のときのアレを思い出すことが多そうですが、私の個人的な意…

  8. 顧客要求という宝物と、変化する力

    フリーランス、あるいは起業家には、大きく2つのタイプがあると思います。今日はその2つのタイプと、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP