menu

日本企業よ、クラウド上で暴れろ!!

LINEで送る
Pocket

9月30日から10月2日に実施された「ITpro EXPO 2015」では、
彗星のごとく現れたSORACOMが話題を独り占めしたといっても過言ではないでしょう。

この1週間、IT系ニュースや私のFacebook、Twitter上には、
SORACOMのニュースが踊り続けました。

私は、SORACOMのように、もっとクラウド上で暴れまくる企業が
生まれて欲しいと思っています。

SORACOMのサービス内容やその強みについては、
既に多くの記事が出ていますので、それらをご覧いただければと思います。

ソラコムのビジネスモデルは? 開発期間は? キャリアの大資本参入にどう対抗する? 玉川憲社長に聞く
半年でNGNの世界観を実現したソラコム、どんだけすごいんだ
ソラコムvEPCの衝撃:破壊的テクノロジーで今ある技術が「あの人は今」状態に

 

日本企業はクラウドを生み出せなかった

クラウドサービスの提供者と言えば、AWS(Amazon Web Service)、Microsoft、Googleでしょう。
日本企業は彼等に匹敵するようなクラウドサービスを生み出すことができませんでした。

  • CPUの進化に合わせてサーバーをリリースすれば売れる時代が終わり、
  • スマートフォンやタブレット、Macなど、端末の多様化が進み、
  • Windowsを中心としたクライアント・サーバー型アプリケーションが使えなくなる。
  • 一方、オープン化の波はソフトウェアだけでなく、サーバ等のハードウェアにも及ぶ。

そんな時代背景を上手く活かした企業は、クラウドサービスを生み出したのでした。

特にIT専業でもない、流通業のAmazonがリリースしたクラウドサービスのインパクトは強く、
日本メーカーや、システムインテグレーター、データセンター事業者やキャリアが
雨後の筍がごとく、クラウドもどきのサービスを次々とリリースしました。

しかし、今残っているサービスは、果たしてその何パーセントでしょうか。

 

クラウドに対抗するのではなく、使い倒す

私は、3強のクラウドに対抗するサービスを今から生み出すのは、ほぼ不可能だと思います。
少なくとも同じ土俵で戦ってはいけない、と。

クラウドサービスは規模の経済が強く働きます。
日本企業のサーバー市場は、年間数10万台を推移していますが、
グーグルが保有するサーバ台数は数千万台単位と言われています。
もはや、追いつけるレベルの差ではありません。

さらに、クラウドサービスは、それを使えるエンジニアがいてこそ成り立ちます。
AmazonやMicrosoftはユーザグループをいち早く立ち上げ、
コミュニティでの学びや交流を推し進めています。
時間的にも、追いつける余地がないのです。

今回、SORACOMのニュースが衝撃的だったのは、
AWSを使い倒して、新たなプラットフォームを生み出したからです。

クラウドの真似事をしたり、無意味に対抗するのではなく、むしろ使い倒す。
イノベーションの方向は、明らかにそちらを向いています。

 

クラウドネイティブへ、さらにIoTへ

SORACOMが示してくれたことは、もっとクラウドネイティブになろうよ、ということではないでしょうか。
それが使い倒すことにつながるのですが。

古いアーキテクチャにこだわるのではなく、
クラウドネイティブにシステムやサービスを練り上げていくと、
こんなに素晴らしいこと、すごいことができるんですよ。
そう言われたような気がしています。

さらに。
クラウドだけでなく、デバイス、通信をスケールできるような一貫したアーキテクチャ。
IoT時代には、そういうアーキテクチャを描き、実装するスキルが求められていると感じています。

SORACOMの衝撃は、しばらく続きそうで、
日本発の本格的プラットフォームが生まれるのでは、とワクワクしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
またまた、IT系の仕事が増えそうです。
不思議なご縁をいただいています。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

【独立のリアル】独立して、労働時間は増えましたか?

成功法則に振りまわされない

関連記事

  1. IT(情報技術)は関係性を把握しないと理解できない

    仮想通貨、ブロックチェーン、ICO・・IoTや人工知能(AI)はある程度理解できる人でも、こ…

  2. IT業界以外の方が、ITに詳しくなっているのかも

    IT関連の仕事をしていると、一般的にはITを中心とするテクノロジーやサイエンスに詳しい、と他者か…

  3. DropboxとEvernoteの使い分け

    こんにちは。渋屋です。私の周りでは、この時期にDropboxやEvern…

  4. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

  5. Facebookで安易にプライバシーを拡散しないために

    こんにちは、渋屋です。オフィスの雰囲気がすっかり年末です。明日が祝日だということもあり、人数もま…

  6. ITは魔法の杖ではない

    システムを導入する現場を数多く見てきて感じることがあります。新たにシステムを導入しようとする人も…

  7. 標準化すべき業務を標準化しない、日本の害悪

    昨日、システムを導入するときの基本的な考え方をご紹介しました。偶然かどうか分かりませ…

  8. 経営情報システムを経営支援者の実態に合わせるには?

    以前、中小企業診断士1次試験の「経営情報システム」をコンセプトから見直すべきだ、と提言させていただき…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP