menu

今どき、社外活動禁止の会社など、自分から辞めるべし

今回は、世の中が変わり、働き方も変わっているのに、
変わらない会社が多いなぁ~という話です。

 

会社の外で働くのは既に常識

独立を視野に入れている方、
そうではなく会社員は続けるもののスキルアップをしたい方、
あるいはプロボノのように自分の持っているスキルを世の中のために使いたい方、

色んな理由はありますが、会社の外で働く機会が、ますます増えていると感じています。

働く側の立場から見れば、会社の中に閉じこもっていても、スキルアップは期待できません。
会社に昇進・昇格のレールが残っている会社も少なくなってきています。

もっと挑戦するためにも、
その過程でスキルアップするためにも、
それらの結果として収入を上げるためにも。

もっと上を目指している人や、将来に不安を感じている人、
そういう人ほど、会社の外での活動の場を求めています。

 

時代錯誤なままの会社

会社の側から見ても、社外での活動はウェルカムです。
金太郎飴のように、同じスキルを持った人を大量に育てるのではなく、
社内では体得できないスキルを持った人を、もっと活用したいと思っています。

にも関わらず、社外での活動、副業に対して、
未だに就業規則でそれを認めていない会社がほとんどです。

平日9時~17時を囲い込まなければならない仕事は随分減ってきているにも関わらず。
フレキシブルな働き方を会社も従業員も望んでいるにも関わらず。
なのに就業規則だけは変わらないのです。

 

リスクにおびえる会社

理由は社外活動を公に認めて、事故が起きたときのリスクを抱えたくないからでしょう。

社外活動が原因で、競合に機密情報が漏れてしまった。
社外活動の(従業員に対する)クレームが、会社側にまで及んでしまった。

そのようなことにおびえる会社が、いつまで経ってもルールを変えられずにいるのだと思います。

ただ、ルールはさておき、実際問題として社外活動を認めようとしない会社など、
辞めた方が良いと思っています。
(単に上司の物分かりが悪いだけでなく、組織として認めない場合)
世の中の変化についていけないことを、自ら証明しているようなものだからです。

社外活動を隠れるように行うのは、周りに気を遣ったりして大変です。
そんなことに労力を使うのはもったいないです。
正しいことを、正々堂々とできる組織で働きたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日はベジタブルマラソン 彩湖に参加してきました。
暑いのと、やや調子が悪かったのとで、平凡な記録に終わりました。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

楽に。もっとラク~~~に。

忘れてはいけない営業のカタチ

関連記事

  1. 独立を失敗しないためのマインドとは

    前回の記事(中小企業診断士 独立の失敗事例)は、本ブログ開設以来、最高のアクセスを集めました。独…

  2. ビジネスで使いやすいホテルラウンジ・カフェ(東京)

    フリーランスとして活動していると、良く困るのが場所。ミーティングをするにしても、電源を確保して仕…

  3. 【独立のリアル】私が新たに購入したもの

    独立するには、それなりの準備が必要です。ただ、昔に比べたら随分、身軽に独立・起業できるようになっ…

  4. なぜ出版したいのか? #279

    おはようございます。duckです。昨日もVMwareというソフトウェアメーカが主催する「vForum…

  5. なぜ私が人のキャリア支援を行うのか?

    4月からの私の仕事のテーマの1つが、「キャリア支援」です。なぜ私が人のキャリア支援を行うのか?そ…

  6. 仕事の分類で、生活しやすいスケジュールを組み立てる方法

    仕事のスケジュールをどのように組み立てていますか?私は仕事をいくつかに分類して、自分の生活リズム…

  7. このところ私が悩み続けていること

    このところ、床に就く際、毎日考えていることがあります。その結果、気分良く眠りにつくこともあれば、…

  8. 資格の肩書きにとらわれていませんか?

    先週開催したセミナーに参加下さった中村さんが、ご自身のメルマガで感想を書いて下さいました。(中村さん…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP