menu

ブログを1,200日以上書き続けて、ほんの少し見えてきたこと

ブログを毎日書き続けてから、1,200日を超えました。
もっと短期間に様々なことを学び、経験し、成長する方がいる一方、
私の成長はのんびりしたものです。

昨日の記事に書いたとおり、私はスタートダッシュが弱いタイプですので、
このまま少しずつ加速できればと思っています。

そんなゆっくりした成長速度ながら、ブログを運営し続けて、少し見えてきたことがあります。

 

記事の分類

アクセス解析をすると、本ブログの記事は、大きく3つに分けられます。

  • ほとんどアクセスを集めない記事
  • 公開直後、短期的にアクセスを集める記事
  • 公開から日が経っても、継続的にアクセスを集める記事

ほとんどアクセスを集められない記事は、残念ながら「外れ」です。
いつもブログを見てくださっている方が、確認して下さる程度のアクセス数。
私としては、最も量産したくない記事の類です。

次に公開直後に、しっかりとアクセスを集める記事です。
Facebookでの共有の仕方(写真やコメント)が上手くできたとき、
この傾向が高まります。

タイトルが良いと、feedlyのようなRSSリーダーで読まれている方へも、
吸引力を発揮するようです。

そして、継続してアクセスを集める記事。
1,200を超える記事(過去のメルマガなどを含めると、もっと多い)がありますが、
毎日のようにアクセスが続く記事は、2つ3つです。

 

読まれるかどうか?は予測可能に

3つの分類は、少し前から意識していました。
問題は、その分類を意識的に制御できない、ということです。

制御はできないのですが、記事を書いているとき、
その記事が3つのどれに属することになるのか?は、
概ね、予想できるようになってきました。ほとんど外れないのです。

ただ、予想ができることと、制御ができることは違います。
「今日は継続的にアクセスを集める記事を書くぞ!」と思ったところで、
狙って書くことはできません。

それどころか、短期間にアクセスを集める記事すら、狙っては書けません。
分かるのは、「読まれるかどうか」だけです。

 

一発屋だって、十分スゴイ

「一発だけ当てた後、消えていくアーティストや芸能人」、
無様に消えていく様子が、冷笑の対象となります。
しかし、私はしっかり一発当てたこと自体が、スゴイと思うのです。

少なくとも私の場合、1,200回以上、記事を書き続けて、
ホームラン級の当たりは、まだ出ていないのですから。

継続して読まれる、数少ない記事が、このブログの価値を上げていますが、
世の中一般から見ると、せいぜいヒット程度の当たりでしょう。

一発屋(=ホームラン)は、なかなか狙えるワケではありませんので、
しっかりとヒットを積み重ねていきたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日は息子の空手見学の後、2人でプールへ。
体力がついてきたらしく、私だけでなく、息子も2km以上を泳ぎました。
私、息子の年のころは、25メートルも泳げなかったのですが。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

微々たる成長を喜びつつ、日常に変えていく

毎日ブログを書き続ける苦しみ

関連記事

  1. 受験勉強と人生の共通点

    中小企業診断士 1次試験まで、あと1ヶ月となりました。受験生の方は、最後の追い込みを頑張っていた…

  2. 【アップグレード!!Vol.81】端末の多様化(続き)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【アップグレード!!ネットワ…

  3. 定点観測の破壊力

    こんばんは、渋屋です。今日はブログのネタを搾り出すのに苦労しました(^^;毎日、記事を書…

  4. 原点からの再スタート

    こんばんは、duckです。今日からゴールデンウィークですね出来ているパパでしたら、たっぷり家族サービ…

  5. 私は全てにおいて、毎日成長している

    このところ、毎日自分に投げかけている言葉があります。「私は全てにおいて、毎日成長している」…

  6. ブログ記事のバックアップ方法 #397

    こんにちは。渋屋です。私の自宅近辺は晴れ渡っていて、今日は温かくなりそうです。私は昨日に引き続き、ま…

  7. 聞き役だけでも・・・

    こんばんは、duckです。今日も実務補習について感じたことを書きたいと思います。実務補習で社長にヒア…

  8. 時間の目盛りが変わってきた! #288

    おはようございます。duckです。同時並行で様々な種類のタスクをさばいた平日が終わりました。ただ、来…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP