menu

スゴイ人がトライアスロンをやる理由が少しだけ分かったかもしれない

LINEで送る
Pocket

こんにちは、渋屋です。
トライアスロンをやることに決めてから、少しずつ準備を進めています。
未だ思うように泳げないし、バイクは怖くてオロオロしていますが。

準備を進める中で、優秀なビジネスパーソンがトライアスロンにハマる理由が、
ほんの少しだけ分かってきたような気がします。
レースに出たこともない、ど素人の今、感じていることを言語化しておきたいと思います。

 

スキルのスポーツ

トライアスロンは、かなりスキルを求められるスポーツだと感じています。
ランニングは、人によっては対して学びもしないまま、何となく走って、何となく結果を出せてしまう場合があります。
しかし、スイムやバイクは、そうはいきません。

スイムは体力や筋力で頑張ったところで、無駄のないフォームを身につけている人にはかないません。
むしろ、体力や筋力で頑張りすぎると、後のバイクやランで疲弊してしまうでしょう。

バイクもママチャリとは全く異なります。
スポーツバイクの乗り方を基本から会得しないと、遅い・疲れるだけでなく、事故にもつながりかねません。

人に教わり、頭で理解し、カラダで試し、修正する。
トライアスロンは、そんな学びのプロセスを高速回転させながら、
スイム・バイク・ランという総合的なスキルを上げていく必要があります。

優れたビジネスパーソンは、戦略・マーケティング・営業・組織・会計・ITなどの幅広いスキルを、必要に応じて総合的に身につけていきます。
トライアスロンは、こうした「スキルを身につけるためのスキル」を磨く、良い機会になっているのではないでしょうか。

 

やることが多い

やる前から予想はしていましたが、トライアスロンはやることが多いです。
マラソンのように、レースに登録して、当日行って、帰ってくる、というシンプルなものではありません。

前日には説明会があることが多いので、宿泊はほぼ必須です。
道具もマラソンとは異なり、バイクがありますから、バラして送ったり、持って行ったり。
ウエットスーツやヘルメット、全て含めると大量の荷物になるのではないでしょうか。
(未経験なので、あくまでも予想です)

宿泊・遠征が入ることから、仕事・家庭とのスケジュール調整があり、お金も工面しなければなりません。

さらに、マラソンの練習は自宅周辺でできますが、
オープンウォーター(海で泳ぐ)やバイクの練習は遠出することもあります。
プロにきちんと教わろうとすると、そのようなキャンプに行くこともあるようです。
レース同様、スケジュール・お金など、様々な調整が必要になります。

優秀なビジネスパーソンは、常に複数のプロジェクトに対応しています。
トライアスロンは、その縮図だと感じます。

 

即、決断を求められる

上述したようなイベント(キャンプやレース)は、すぐに申し込みが一杯になってしまいます。
つまり、発見したその場で決断しないと、チャンスを逃すのです。

私はトライアスロンをやると決めてから、既に何度もチャンスを逃しています。
決断が遅いからです。
自分では決断していても、調整をしているうちに受付終了になることもあります。

いかなるときも、その場で決断できるマインドと、
その決断に対して後追いでも調整ができる身軽さが求められます。

優れたビジネスパーソン、特に経営者は即決が求められるケースが多いでしょう。
これもトライアスロンと同じです。

 

他にも思うところはあるのですが、長くなってきたのでこの辺で。。
何れにせよ、トライアスロンからの学びは、そのままビジネスに直結することが多いのでしょう。
それが多くのビジネスパーソンを惹き付けている理由なのでは、と思います。

私はまだまだなので、トライアスロンを通じて、
ビジネススキルも上げていきたいなぁ~と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

と書きつつ、今月はまだ2度しかバイクに乗れていません。
早く練習したいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

出版の新しいカタチ:『人工知能、ロボット、人の心。』

営業とは何か?メンタルを変えるだけで世界が変わる

関連記事

  1. スイムは前から攻めてみた【バラモンキング2016完走記3】

    6月19日、五島長崎国際トライアスロン(通称:バラモンキング)に参加し、完走してきました。去年に…

  2. 好タイムが狙える!?神奈川マラソン(ハーフ)

    神奈川マラソンに出てきました。このレースは私が初めて参加したハーフマラソンで、毎年出場、今日で5…

  3. オススメ!大人の合宿!!

    子どもたちを見ていると、合宿があったり、遠足があったり、普段の学校とは別の、変化をつけるイベント…

  4. レース・トレーニング後に素早くリカバリー(回復)する3つの方法

    マラソンやトライアスロンをしていると、「どんなトレーニングをしているか?」と同じくらい、「どうや…

  5. 九十九里トライアスロンは、初心者向きの大会なのか?

    昨日、「九十九里トライアスロン」に参加してきました。初心者がかなりの数、参加していた大会でした。…

  6. ランニングと経営に共通するフレームワーク

    フルマラソンを初めて走ってから2年以上経ちました。7回フルマラソンを完走し、全てのレースで自己ベ…

  7. 九十九里トライアスロン:オリンピックディスタンス初挑戦

    9月26日(土)に九十九里トライアスロンに参加してきました。このレースは私にとって、実質、初めて…

  8. ランニング・トライアスロンに使えるアプリ・サービス・ガジェット

    近所をジョギングすることから、レースにチャレンジすることまで。ランニングをする人の目的は、人それ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP