menu

オススメの品 #418

おはようございます。渋屋です。

昨日は普段あまり一緒に仕事をしないメンツで、
ミーティングをしました。

会話をしてみると、意外と同じことに困っていることや、
大きくは同じ方向を向いて動こうとしていることが分かり、
有意義なミーティングでした。

日常の仕事においても、「変化」を大切にしたいですね。


顧客情報の活用シリーズはまだまだ続きます。

今日は顧客の購買情報を元に「オススメの品」を
見つけ出すことについて書きます。

ある製品Aを買った顧客に対して、
「製品Aを買った人は、製品Bも買っていますよ」と
オススメをする仕組み、いわゆる「レコメンド」は、
皆様もどこかで出会ったことがあると思います。

有名どころではアマゾンです。
あるいはYoutubeである動画を見ると、次のオススメも出てきます。


レコメンドを上手く活用すれば、
今、何かを購入したお客様に「もう1品」買って頂くことが可能になります。

一度、財布の紐をゆるめたお客様は、
一定期間、紐がゆるみっぱなしになるので、
このレコメンドが有効にはたらくと言われています。

多くのWebサイトが、レコメンド機能を導入しているのは
そのような背景があるからです。


しかし、アマゾンやYoutubeくらい本格的にやろうとすると、
膨大な購買・閲覧履歴を解析する仕組みが必要になります。

実際にこのような分析をすることは、
そう簡単なことではありません。
しかし、今ではレコメンドエンジンをサービスで
提供している会社も増えてきています。

自社では、購買や閲覧の履歴を溜めておき、
それをサービス提供会社に渡せば、
オススメの品が出てくるというわけです。

イキナリそこまでやらなくとも、
顧客情報をこのように活用出来ることを知ってしまえば、

・顧客の購買履歴(データ)を残しておく
モチベーションに繋がる
(小規模な会社では、なかなかデータ化が進んでいません)

・必要なときが来たら、専門家やサービス会社に依頼できる

ようになるでしょう。


今日は重要なミーティングがギッシリです。
張り切って参ります!!

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

顧客の人間関係を掘り下げる #417

誰が何を買うのか? #419

関連記事

  1. 人を引き寄せる人・企業に共通すること

    人を引き寄せる人っていますよね。企業にもそういう一面があるように感じています。&nbsp…

  2. ブログこそ最強の無形資産

    ブログを毎日欠かさず書いて、今日で1,321日になりました。なぜこれだけ毎日書き続けているのか?…

  3. 準備8割 #157

    こんばんは、duckです。中小企業診断士、実務従事の3社目が終わりました。3社目なのに、私のプレゼン…

  4. 厳しいことを言うために・・・愛情?

    こんばんは、duckです。今回は実務補習のときに感じたことを書きます。(もう何回目だろう・・・でも、…

  5. アイデア(仮説)を出すなら3C分析

    こんにちは。渋屋です。経営や事業の戦略を考える上で、SWOT分析について…

  6. ミルクレープ型 コツコツ応援コンサルタント #301

    おはようございます。duckです。昨日は、朝にじぶん学校の著者養成クラスに参加しました。…

  7. 成果が上がらない理由 #414

    おはようございます。渋屋です。東京近辺では、桜が満開になりつつあります。今週末は、桜を楽…

  8. ベースラインを上げる #506

    こんばんは。渋屋です。今日は4時起き。コンフェデ杯を見るために早…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP