menu

会食で見えてくる「盲点の窓」

こんにちは、渋屋です。

このブログにも書いていますが、最近、サシ(1対1)でのランチや会食を増やしています。
何度かやってみて気付いたことは、「盲点の窓」を知る、良い機会だということです。

 

ジョハリの窓とは

「盲点の窓」とは「ジョハリの窓」の1象限です。

ジョハリの窓

自分を「自分が知っているかどうか」「他者が知っているかどうか」の視点で4分類するものです。
「盲点の窓」とは、自分は気付いていないけど、他人は知っている自分のことです。

普段、私たちは、自分が知っている範囲の自分をベースに行動しています。
「自分が気付いていない」のですから、それ以外の自分を意識することが無いのは当然です。

だからこそ、自分が気付いていない「盲点」「未知」の領域を、いかに発見していくか?が、自分の可能性を広げるためには大事なんですね。

 

会食で「盲点の窓」が見えてくる

何度か会食をするうちに、自分の「盲点の窓」に気付かされる機会が多いことに気付きました。
サシで会食していますので、お互いの話が多くなります。
相手が自分の話をするときに、自分が気付いていなかった自分を教えてもらえるのです。

そのためには、自分のことをできる限りオープンに話をするのが良いと思います。
また、感情を包み隠さず、偽り無く自分を伝えていくと、相手も自分のことを良く理解してくれます。

同時に相手にも同じことをしたいですね。
相手が気付いていなかった「盲点」に気付いてもらうために、相手に興味を持って、様々な質問を投げかけるように気をつけています。

自分をオープンにするためにも、相手に興味を持つためにも、会食の相手をしっかり選んでいます。
(魅力的な友人・知人が多いので、まだまだ声すらかけられていない方がたくさん。。)

 

どう貢献できるか?

今まで気付いていなかった自分を知ることは、自分の可能性を広げることにつながります。
自分にとって当たり前のことでも、他者に貢献できることは数多くあります。

私の場合、IT企業でエンジニア部隊のキャリアプラン・キャリアパスを整理したことがあります。
ITSS(ITスキル標準)を元に自社向けにカスタマイズし、人事と調整しながら、キャリアプランを作ったのです。
既に忘れていたくらいのことだったのですが、ある方からご指摘頂きました。

IT企業で戦略・マーケティング支援以外に、人事・組織の支援もできるのではないか?と。
言われてみればその通りです。

このように気付いてさえしまえば、自分が貢献できることも増えていきます。
自分の可能性を広げ、相手の可能性も広げるサシ会食を続けていきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は久しぶりに起業家が集まる会に参加する予定です。
ずっと都合が合わずに参加できなかったので、今日は楽しみです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

マラソン完走、比較的ラクな練習法

一歩先行く人に全力で食らいついて行く

関連記事

  1. アウトプットから始めよう #546

    こんにちは。渋屋です。このところ、仕事・ITトレンド勉強会・3Knot …

  2. レールの上を走る生活はローリスク・ローリターンである

    集団行動をするたびに思うことがあります。このままでは、突き抜けることなど出来ないな、と。…

  3. 新しい分野を把握するには #231

    こんにちは、duckです。今日は『ID & IT Management Conference…

  4. 仕事の人間関係は、信用から信頼へ

    最近、チームを組んで仕事をしています。チームと言っても、有志が集まっているだけです。&n…

  5. ものづくりベースキャンプに参加しました #611

    こんばんは。渋屋です。一昨日の話になりますが、鮒谷道場生のJoさんが運営…

  6. 「いぶし銀」を目指して #410

    おはようございます。渋屋です。一昨日になりますが、中小企業診断士の集まりである、セミナー総合研究所に…

  7. 素晴らしい1年の始まり #697

    おはようございます。渋屋です。2014年が始まりましたね。&nb…

  8. 資格試験の捉え方

    私は世の中一般的に見ると、資格を多く持っている方だと思います。IT業界は資格の種類が多いから、って…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP