menu

ITの専門家よりITに詳しい人とは?

こんにちは、渋屋です。

先週、都内のシェアオフィスで「ある方」と話をしていました。
その方と話をしていると、ITの専門家でないにも関わらず、次から次へとITツールの話が出てくるのです。

時間管理・To Do管理のiPhoneアプリから始まり、Skype・Evernote・Dropboxは当たり前。
Gunosy・チャットワーク etc。
その使い倒しっぷりは、下手なIT専門家よりよほど詳しくて、驚愕したのでした。

 

「問題・課題」からのスタート

その「ある方」とは、中小企業の社長さんです。
資金も人材も限られているなか、業務効率化を進めた結果、自然に各種のツール群を使い倒すようになっていったのだと思います。

時間管理は秘書に頼めないからスマホのアプリで。
To Do管理も同様。
情報収集は他人ではなく自分でアンテナが立っているので、その場でEvernoteへ取り込み。
作り上げたアウトプットはDropboxへ保存し、いつでもどこからでもアクセス可能に。
遠隔ミーティングはSkype、といった具合です。

つまり、目の前にある問題や課題に対応するためにツールを選んで、使っています。
ここが売る側の「専門家」と異なるところなのでしょう。あくまでも問題や課題を解決するという視点です。

私を含めた専門家は、技術的に面白い点や、競合製品との比較に視点が移りがちです。
さらにITは各分野に分かれているので、自分の専門分野から外れたことは、疎くなってしまいます。

すると、利用者の視点から見ている人の方が詳しい、ということが起こってしまうのですね。
何のための専門家か、分からなくなってしまいます。

 

信頼できる専門家とは

私はIT関連の業務に就いている人に会うと、良く「Facebookをやっていますか?」と質問します。
驚くほどにFacebookをやったことの無い人が多いからです。
利用者としての視点を身につけ、新しい(Facebookは既に新しくないですが)モノに触れ続けることが、「専門家」に求められることなのだと思います。

ある限定された分野にだけ超・詳しい専門家。
得意分野を持ちつつ、利用者としても幅広い分野にアンテナを張っている専門家。

2人の専門家が居たら、信頼して仕事をお願いしたいのはどちらでしょう?
私だったら、自分と同じ立場・視点を持っている後者の専門家です。

自戒を込めて、書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
午後、会社を出て、ダイレクトマーケティングのセミナーに参加。
自分ができていなかったこと、やることが明確になりました。あとは実践あるのみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

IoT(Internet of Things)に必要なプレイヤーは日本に居た

空いているリソースを使ってみたら・・・

関連記事

  1. 名刺管理を「Eight」に変えました

    私は今まで、名刺の管理をEvernoteで行っていましたが、「Eight」に変えてみました。…

  2. DropboxとEvernoteの使い分け

    こんにちは。渋屋です。私の周りでは、この時期にDropboxやEvern…

  3. 主戦場はIaaSからPaaSに

    こんばんは、渋屋です。久しぶりのIT関連記事です。日経コンピュータの主要…

  4. IoT・AI以前に中小企業が取り組むべきデータ活用

    IoT・AI・VR・ブロックチェーン・ロボティクス・・etc次々と新しい技術が生まれ、これら…

  5. ITは目的を達成するための手段にすぎない。気楽に使いましょう。

    これまでITに強くなるためにオススメのことをいくつか書いてきました。1つ目はスケジュールをスマホ…

  6. IT人材を育成するためには

    おはようございます。渋屋です。昨日は所属するトライアスロンチームのキックオフでした。今年から…

  7. Mac Book購入後、最初にインストールしたもの、設定したこと…

    ずっと使っていたノートパソコンが古くなってきたので、少し前に新しいMac Book Proを買いまし…

  8. レンタルサーバって何ですか?(サーバは自社で買うと大変!)

    前回は、「サーバ」が何か?をご紹介しました。ザックリとしたイメージはできたのではないでしょうか。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP