menu

ITの専門家よりITに詳しい人とは?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、渋屋です。

先週、都内のシェアオフィスで「ある方」と話をしていました。
その方と話をしていると、ITの専門家でないにも関わらず、次から次へとITツールの話が出てくるのです。

時間管理・To Do管理のiPhoneアプリから始まり、Skype・Evernote・Dropboxは当たり前。
Gunosy・チャットワーク etc。
その使い倒しっぷりは、下手なIT専門家よりよほど詳しくて、驚愕したのでした。

 

「問題・課題」からのスタート

その「ある方」とは、中小企業の社長さんです。
資金も人材も限られているなか、業務効率化を進めた結果、自然に各種のツール群を使い倒すようになっていったのだと思います。

時間管理は秘書に頼めないからスマホのアプリで。
To Do管理も同様。
情報収集は他人ではなく自分でアンテナが立っているので、その場でEvernoteへ取り込み。
作り上げたアウトプットはDropboxへ保存し、いつでもどこからでもアクセス可能に。
遠隔ミーティングはSkype、といった具合です。

つまり、目の前にある問題や課題に対応するためにツールを選んで、使っています。
ここが売る側の「専門家」と異なるところなのでしょう。あくまでも問題や課題を解決するという視点です。

私を含めた専門家は、技術的に面白い点や、競合製品との比較に視点が移りがちです。
さらにITは各分野に分かれているので、自分の専門分野から外れたことは、疎くなってしまいます。

すると、利用者の視点から見ている人の方が詳しい、ということが起こってしまうのですね。
何のための専門家か、分からなくなってしまいます。

 

信頼できる専門家とは

私はIT関連の業務に就いている人に会うと、良く「Facebookをやっていますか?」と質問します。
驚くほどにFacebookをやったことの無い人が多いからです。
利用者としての視点を身につけ、新しい(Facebookは既に新しくないですが)モノに触れ続けることが、「専門家」に求められることなのだと思います。

ある限定された分野にだけ超・詳しい専門家。
得意分野を持ちつつ、利用者としても幅広い分野にアンテナを張っている専門家。

2人の専門家が居たら、信頼して仕事をお願いしたいのはどちらでしょう?
私だったら、自分と同じ立場・視点を持っている後者の専門家です。

自戒を込めて、書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
午後、会社を出て、ダイレクトマーケティングのセミナーに参加。
自分ができていなかったこと、やることが明確になりました。あとは実践あるのみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

IoT(Internet of Things)に必要なプレイヤーは日本に居た

空いているリソースを使ってみたら・・・

関連記事

  1. 整理・整頓・記録だけで利益アップ

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(IT活用の第一歩はアナログ情報のデータ化)では、まず名…

  2. アジャイル開発から一般人が学べる「仕事の原理原則」

    最近、ソフトウェア開発プロセスとして注目されている「アジャイル開発」を学んでいます。このアジャイ…

  3. 経営者に必要なのは「ITスキル」よりも「ITセンス」

    昨日は夕方、第2回となる「トライアスロン経営塾」を実施しました。参加いただいた方、ありがとうござ…

  4. ITの基礎を知ろう(Webが表示される仕組みとインターネット)

    私が初めて職業としてIT(というかパソコン)を学んだとき、ワケの分からぬ横文字だらけで、そりゃあ…

  5. ものづくりはソーシャルな活動だ #649

    おはようございます。渋屋です。■ウォーターフォールの問題点昨日の記事(新…

  6. ホームページの運用で最も大切なこと

    前回はホームページ設置の際に大切なことを書きました。今回はホームページを設置後の運営について…

  7. 中小企業診断士は人工知能(AI)に代替されないから安心?

    9月25日付けの日本経済新聞で「AI時代のサムライ業(奪われる定型業務)」という記事があり、それがS…

  8. 色んな学びがつながってくる、やりたいことを自由に学ぶ

    これまでも何度か感じてきたことではあるのですが、今は過去最高に、「過去にやってきたことがつながっ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP