menu

ITの専門家よりITに詳しい人とは?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、渋屋です。

 

先週、都内のシェアオフィスで「ある方」と話をしていました。

その方と話をしていると、ITの専門家でないにも関わらず、次から次へとITツールの話が出てくるのです。

時間管理・To Do管理のiPhoneアプリから始まり、Skype・Evernote・Dropboxは当たり前。Gunosy・チャットワーク etc。その使い倒しっぷりは、下手なIT専門家よりよほど詳しくて、驚愕したのでした。

 

「問題・課題」からのスタート

その「ある方」とは、中小企業の社長さんです。資金も人材も限られているなか、業務効率化を進めた結果、自然に各種のツール群を使い倒すようになっていったのだと思います。

時間管理は秘書に頼めないからスマホのアプリで。To Do管理も同様。情報収集は他人ではなく自分でアンテナが立っているので、その場でEvernoteへ取り込み。作り上げたアウトプットはDropboxへ保存し、いつでもどこからでもアクセス可能に。遠隔ミーティングはSkype、といった具合です。

 

つまり、目の前にある問題や課題に対応するためにツールを選んで、使っています。ここが売る側の「専門家」と異なるところなのでしょう。あくまでも問題や課題を解決するという視点です。

 

私を含めた専門家は、技術的に面白い点や、競合製品との比較に視点が移りがちです。さらにITは各分野に分かれているので、自分の専門分野から外れたことは、疎くなってしまいます。

すると、利用者の視点から見ている人の方が詳しい、ということが起こってしまうのですね。何のための専門家か、分からなくなってしまいます。

 

信頼できる専門家とは

私はIT関連の業務に就いている人に会うと、良く「Facebookをやっていますか?」と質問します。驚くほどにFacebookをやったことの無い人が多いからです。

利用者としての視点を身につけ、新しい(Facebookは既に新しくないですが)モノに触れ続けることが、「専門家」に求められることなのだと思います。

 

ある限定された分野にだけ超・詳しい専門家。

得意分野を持ちつつ、利用者としても幅広い分野にアンテナを張っている専門家。

 

2人の専門家が居たら、信頼して仕事をお願いしたいのはどちらでしょう? 

私だったら、自分と同じ立場・視点を持っている後者の専門家です。

 

自戒を込めて、書いてみました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

午後、会社を出て、ダイレクトマーケティングのセミナーに参加。

自分ができていなかったこと、やることが明確になりました。あとは実践あるのみです。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

IoT(Internet of Things)に必要なプレイヤーは日本に居た

空いているリソースを使ってみたら・・・

関連記事

  1. 標準化すべき業務を標準化しない、日本の害悪

    昨日、システムを導入するときの基本的な考え方をご紹介しました。偶然かどうか分かりませ…

  2. 自分の能力に制限をかけているのは自分だった話

    昨日、クラウド利用促進気候(CUPA)さんが主催の「IoTクラウドプラットフォーム勉強会」に参加して…

  3. 開発スピードが10倍・100倍加速している事実

    こんばんは。渋屋です。つい先日、ある企業向けのアプリケーションを見せてい…

  4. クラウドに置けないシステムはあるのか?

    こんにちは、渋屋です。何回かに分けて、クラウドを利用するときの問題点・注…

  5. ブロックチェーンの技術的な特徴と、その効用

    昨日はブロックチェーンが第4次産業革命における中心的な技術であることを紹介しました。…

  6. 自分でホームページを持つためには #540

    こんにちは。渋屋です。新たに何か活動を始めたり、あるいは事業(会社)を始…

  7. 技術は関連性を調べると、しっかり理解できる

    エンジニアでもない限り、新しい技術を理解するのは、なかなか大変です。専門分野ではないし、だから片…

  8. Facebookを仕事で使うなら、最低限知っておきたいこと

    会社を辞め、個人として働くようになってから、ますますFacebookは手放せないものとなりました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP