menu

人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その1)

LINEで送る
Pocket

こんばんは。渋屋です。

 

今日は、人生2度目となるハーフマラソンに参加してきました。

偶然にも、1度目と同じ神奈川マラソン。

 

■1年前の自分

約1年前、私がこのレースに参加したとき、16kmくらいまでしか走ったことがありませんでした。

ハーフマラソンは、過去最高距離を走るチャレンジでした。

 

記録は1時間52分41秒で完走。

あまりにキツかったので、一緒に出ていた友人に、「フル(マラソン)は、しばらく有り得ないッス」と宣言していたほどでした。

 

しかも、走りきったのは良かったものの、脚に痛みが出て、その後1ヶ月走れなくなるという痛手を負いました。

フォームやトレーニング方法を、しっかり学ばないとダメだ、と考えるキッカケとなったレースでもありました。

 

こんな苦い思い出の多い、1年前の初ハーフマラソン。

2度目となる今回、1年で自分がどれだけ成長したか?確かめるためのレースとなりました。

また、約1ヶ月半後に迫った、2度目となるフルマラソンに向けた、調整の確認でもありました。

 

■目標タイム

2週間前の「よこはま月例マラソン(20km)」で、1時間36分36秒で走れていました。

1キロ当たり、4分50秒でハーフなら走れることが、この月例マラソンで分かりました。

 

次回のフルマラソンでは、絶対にサブフォー(4時間以内)を達成したい。

フルマラソンを3時間45分で走れるような、ハーフマラソンの記録を狙うことにしました。

 

「フルマラソンのタイム」=「ハーフマラソンのタイム」×2 + 30分

 

が一般的に言われていることです。

上記のフルマラソンのタイムに3時間45分を入れてみると、ハーフマラソンは1時間37分30秒で走る必要があります。

これが目標タイムとなりましたが、確認してみると、1キロ当たり、4分40秒を切って走らなければならない。

 

経験上、1キロ当たり4分40~45秒くらいになると、急に息が上がってくることが分かっていました。

2週間前のよこはま月例マラソンでも、1キロ4分40秒を切ったのは、ラストスパートを仕掛けた、最後の2kmだけです。

おそらく、今の私の臨界点が、ここにあるのです。

 

その臨界点と勝負することになる。

「まぁ、行けるところまで行ってみて、玉砕したら仕方ない」

覚悟を決めて、1キロ4分40秒で進み、ラストスパートに掛けることにしました。

 

一緒に参加した仲間とスタート地点に並び、スタートのときが来るのを待ちます。

1年前は全くプレッシャーがありませんでしたが、今回は良い感じのプレッシャーがありました。

 

■レース序盤は混雑との戦い

スタートの合図。

他のレース同様、まずはエリート組がスタートしていき、私のような普通のランナーが動き出すまでには、少し時間が掛かります。焦らず、リラックスして待ちます。

 

徐々に列が動き出す。

仲間と「頑張りましょう!」と挨拶をして、スタート地点を通過。

 

・・・が!メチャメチャ混雑していて、自分のペースで全く走れません。

マンモス大会の湘南国際マラソンよりも、人口密度が高いのです。

ペースを上げたいのに、上がりません。

 

当初、焦っても仕方ないので、最初は周りのペースに合わせよう、と思っていました。

ただ、周りのペースは1キロ6分超のペース。いくら何でも遅過ぎます。

(1時間45分以内を狙う人のスペースに居たハズなのに。。)

フルマラソンなら良いですが、ハーフでは無理です。あとで取り返せなくなるからです。

 

体力を消耗するのが分かっていましたが、無理矢理、人をよけまくって前に進むペースを上げていくことにしました。

それでも最初の1kmは5分28秒。

体力を使った割には、50秒の負債を負ってしまったスタートとなりました。

 

続く。

 

■終わりに

週末は妻と息子が実家に帰っていたので、色んな予定を詰め込みました。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1.5

・ストレッチ・・・○

・RUN・・・5km/25分

次回、フルマラソン(古河)まで、あと43日。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

クラウドソーシングセミナー実施しました

人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その2)

関連記事

  1. 2度目の正直:横浜トライアスロン完走記

    2度目の出場にして、やっと完走してきました。横浜トライアスロン。3年目となったトライアスロン。…

  2. スイムトレーニングで学んだ「自然に逆らわず、一体化する」こと

    このところ、月に2回ほどスイムのレッスンを受けています。こちらのAso infinity fir…

  3. 質から量へ、そしてさらに質を高める

    何かを習得するには、まずはしっかりと教えを請うことが大事だと考えています。以前にある方が「バ…

  4. チーム「ポセイ丼」のゆかいな仲間たち【バラモンキング2016完走…

    6月19日、五島長崎国際トライアスロン(通称:バラモンキング)に参加し、完走してきました。去年に…

  5. 気付いたら自分の基準値が変わっていた件

    ふと過去を振り返ったとき、自分の基準値が大きく変わっていることに気付きました。私のランニング歴を…

  6. マラソン30kmの壁はなぜやってくるのか?

    マラソンには30kmの壁があると言われます。昨日参加した「古河はなももマラソン」では、前半より後…

  7. 足し算だけじゃなく、引き算した方が良いこと

    この週末、トライアスロンのトレーニングで、南房総に来ています。指導を受けるなかで、「なるほどなぁ…

  8. 来シーズンに向けて考えているトレーニングメニュー

    五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)が終わり、早2週間。趣味のマラソン・トライアスロンと…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP