menu

イノベーションを生み出す仕組み #650

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。
昨日は一緒に湘南国際マラソンを走った仲間達で、振り返りと今後のアクションプラン・目標を話し合いました。
なんだか部活みたいですね(^^;

 

■私たちに求められているのはイノベーション

日々、意識するかしないか?に関わらず、仕事をしている私たちにはイノベーションを起こすことが求められています。
インターネットとか、スマートフォンというような破壊的イノベーションは、そう頻繁には起こせないとしても、常に新しいアイデアが求められている、と言い換えれば、腑に落ちる人も多いのではないか?と思います。

日本の労働生産性は経済協力開発機構(OECD)加盟国 34カ国中20位。決して生産性は高くありません。
エネルギー資源も少ない日本においては、新しいアイデア・イノベーションが求められるのも、なんとなく納得です。

 

■時間的・空間的に広がるイノベーション

「イノベーション」というと、天才がすごいアイデアをもとに、ドーンと何かを創り出すイメージがあります。
しかし、本当に求められているのは、時間的には継続するイノベーション。
空間的には1人が起こすよりもチームで、というように広がりを持ったイノベーション。

特にこれからは、専門性(スキル)や立場が異なる人達が集まったことで生まれるイノベーションが求められているように感じます。
1人のスキルや世界観では、どうしても偏りが発生してしまうからです。

 

■イノベーションを生み出す仕組み

となると、組織としてイノベーションを生み出す仕組みづくりが必要です。
今、イノベーションの生まれない組織で、何も手を打たなければ、将来も何も生まれないでしょう。
ソフトウェアの新しい開発手法であるアジャイル開発には、これらの仕組みが組み込まれています。

ものづくりには、熱い想いが欠かせません。
なぜ、それを創るのか?(Why)です。そして、How、Whatと続いていくゴールデンサークルです。
アジャイル開発には、Whyを明らかにするプロダクトマスターが存在します。
そして、このプロダクトマスターは、企画をしておしまい、という役割ではなく、最終工程まで関与します。

  • 昨日(ものづくりはソーシャルな活動だ #649)書いたように、メンバー同士のコミュニケーションを促進、ソーシャルな活動にする仕組み
  • メンバー同士がソーシャルに繋がることで、個々が持っている暗黙知をチームで共有したり、形式知化していく仕組み
  • イテレーションという一定期間(通常、1ヶ月以内)を区切ることで、期間ごとに新しいアウトプットが出来上がる仕組み

などです。

 

詳細はこちらの本を参照頂きたいのですが、ソフトウェア開発だけでなく、あらゆる知識創造(イノベーション)に対して、実践的かつ有効な考え方であると感じました。

長くなってしまいましたが、アジャイル開発について、いったんこの辺で終わりにしておきます(^^;

 

■終わりに

今日はご無沙汰している先輩(経営者)と、3Knot CLUB共同主催者のKさんと会食予定。楽しみです。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1

・ストレッチ・・・マスト(+アルファ)

・Walk・・・3.5km/34分(スーツに革靴でしたが。。。腕はちゃんと振りました)

次回、フルマラソン(古河)まで、あと123日。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村



【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

ものづくりはソーシャルな活動だ #649

戦友 #651

関連記事

  1. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

  2. マネジメントの根本問題を無視したシステム開発

    今日は経営に携わる方、ITに携わる方、全員に読んで頂きたい本のご紹介です。ド…

  3. ビジネスモデルを知りたい人に送る1冊

    おはようございます。渋屋です。このところ、多少の寝不足でも暑くて勝手に目…

  4. 何事にも陰と陽があることを知る

    このところ深く考えさせられていることがあります。「何事にも陰と陽がある」さらには、陽…

  5. 組織は遅さで沈没する

    このところ、企業のスピード感を感じる場面にいくつか出くわしました。なぜこんなにスピード格差が…

  6. 顧客とどのように関わっていきますか?

    顧客との関わり方は、人によって大きく異なる部分だと思います。私はどのように顧客と関わりたいと思っ…

  7. 仕事を細分化してゴールを共有、「残業のない職場を生みだすためのワ…

    昨晩、ビジネスモデル・キャンバスを使ったビジネスモデルデザイン講座に参加してきました。私は普段、…

  8. freeeの新しいプロダクト構想が面白い

    クラウド会計ソフトを提供するfreeeが新たなプロダクト構想を発表したことが記事になっていました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP