menu

イノベーションを生み出す仕組み #650

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。
昨日は一緒に湘南国際マラソンを走った仲間達で、振り返りと今後のアクションプラン・目標を話し合いました。
なんだか部活みたいですね(^^;

 

■私たちに求められているのはイノベーション

日々、意識するかしないか?に関わらず、仕事をしている私たちにはイノベーションを起こすことが求められています。
インターネットとか、スマートフォンというような破壊的イノベーションは、そう頻繁には起こせないとしても、常に新しいアイデアが求められている、と言い換えれば、腑に落ちる人も多いのではないか?と思います。

日本の労働生産性は経済協力開発機構(OECD)加盟国 34カ国中20位。決して生産性は高くありません。
エネルギー資源も少ない日本においては、新しいアイデア・イノベーションが求められるのも、なんとなく納得です。

 

■時間的・空間的に広がるイノベーション

「イノベーション」というと、天才がすごいアイデアをもとに、ドーンと何かを創り出すイメージがあります。
しかし、本当に求められているのは、時間的には継続するイノベーション。
空間的には1人が起こすよりもチームで、というように広がりを持ったイノベーション。

特にこれからは、専門性(スキル)や立場が異なる人達が集まったことで生まれるイノベーションが求められているように感じます。
1人のスキルや世界観では、どうしても偏りが発生してしまうからです。

 

■イノベーションを生み出す仕組み

となると、組織としてイノベーションを生み出す仕組みづくりが必要です。
今、イノベーションの生まれない組織で、何も手を打たなければ、将来も何も生まれないでしょう。
ソフトウェアの新しい開発手法であるアジャイル開発には、これらの仕組みが組み込まれています。

ものづくりには、熱い想いが欠かせません。
なぜ、それを創るのか?(Why)です。そして、How、Whatと続いていくゴールデンサークルです。
アジャイル開発には、Whyを明らかにするプロダクトマスターが存在します。
そして、このプロダクトマスターは、企画をしておしまい、という役割ではなく、最終工程まで関与します。

  • 昨日(ものづくりはソーシャルな活動だ #649)書いたように、メンバー同士のコミュニケーションを促進、ソーシャルな活動にする仕組み
  • メンバー同士がソーシャルに繋がることで、個々が持っている暗黙知をチームで共有したり、形式知化していく仕組み
  • イテレーションという一定期間(通常、1ヶ月以内)を区切ることで、期間ごとに新しいアウトプットが出来上がる仕組み

などです。

 

詳細はこちらの本を参照頂きたいのですが、ソフトウェア開発だけでなく、あらゆる知識創造(イノベーション)に対して、実践的かつ有効な考え方であると感じました。

長くなってしまいましたが、アジャイル開発について、いったんこの辺で終わりにしておきます(^^;

 

■終わりに

今日はご無沙汰している先輩(経営者)と、3Knot CLUB共同主催者のKさんと会食予定。楽しみです。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1

・ストレッチ・・・マスト(+アルファ)

・Walk・・・3.5km/34分(スーツに革靴でしたが。。。腕はちゃんと振りました)

次回、フルマラソン(古河)まで、あと123日。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村



【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

ものづくりはソーシャルな活動だ #649

戦友 #651

関連記事

  1. 売れる商品の特長とは?

    売れる商品には共通の特長があるように感じています。私が仕事で支援することの多い「IT企業」と「士…

  2. 人に迷惑をかけないセキュリティ知識 #635

    おはようございます。渋屋です。国家試験である情報処理技術者試験にて、20…

  3. 火山予知にIoTを使えないだろうか?

    おはようございます。渋屋です。昨日の日経新聞の朝刊に、火山噴火予知の現状が書かれていました。…

  4. コンサルタントの立ち位置 #221

    こんにちは、duckです。まだ少し先の話ですが、12月に中小企業の社長向けに、人材育成のセミナーをさ…

  5. セールスレターにおける仁義なき戦い

    このところ、様々な方の商品・サービス案内を拝見する機会があります。それを見るにつれ、セールスレタ…

  6. 顧客を定義した後に間違えてはいけないこと

    「顧客は誰か?」ドラッカーが私たちに投げかけてくる、代表的な質問の1つです。とても大事な…

  7. なぜ安易に電話を使うのか?あなたは時間吸血鬼になっていませんか?…

    先日、私が顧客のオフィスに居たときのこと。電話があり、「そちらへの行き方が分かりません」と。…

  8. 上司の言うことを鵜呑みにするのは止めましょう

    大組織で働いている人を観察していると、上司の言うことを、そのまま受け入れる人が実に多いことに気付きま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP