menu

組織こそルール破壊を #621

LINEで送る
Pocket

こんばんは。渋屋です。

 

昨日の記事(変化を呼び込むルール破壊 #620)を書いた後に、ふと思いました。

自分という個人におけるルールを疑って、破壊していくことも大事だけれど、

組織におけるそれは、もっと重要なのではないか?と。

 

■人が複数集まり、共同作業をし始めると、そこにはルールが生まれます。

何らかのルールが生まれるとき。それはきっと、

 

・皆で良い成果を上げたい

・お客様に喜んでもらいたい

・作業を効率的に行いたい

・皆が気持ちよく作業できるようにしたい

 

というような前向きな気持ちから生まれるのでしょう。

 

■しかし、ルールが多くの人を経由して伝わっていくうちに、形骸化してくるのは、良くあることです。

前向きな気持ちから生まれた当時の背景を知る人はおらず、その明文化された事実だけに拘る人が現れます。

 

具体例を挙げて考えて見ます。

多くの会社は朝9時から始まります。なぜでしょうか?

この質問に明確に答えられないのであれば、そのルールは既に形骸化しています。

 

 

しかし、その「9時に業務開始する」というルールに固執する人は、今でも多いのではないでしょうか。

私の周りにも、「9時に会社に居ることが会社員のつとめ」と堂々と言い切る人がいます。

 

こうなってくると、何のためにルールが存在しているのか?もはや分からなくなりますね。

 

■形骸化したルールを破壊する

ということで、存在意義の分からないルールを疑うことを大切にしたいです。

私の場合は、9時に業務開始する理由が見つからなかったので、自由な時間に出社しています。

 

妻と一緒に息子を保育園に送ること。

その後に、自分ひとりの時間を1時間確保すること。

 

この2つを新たなルール(というほど厳格にしていませんが)にして、

9時に出社するというルールを破壊しました。

 

子供を保育園に送るのは、当時、私の周りでは誰も行っていませんでしたが、

チームを預かる立場の私が行ったことで、今では多くの人が行うようになりました。

 

9時出社は1つの例に過ぎません。

パフォーマンスの上がらない組織、雰囲気の悪い組織には、

必ずと言って良いほど、存在価値の分からないルールが存在するように思います。

 

それを思い切って破壊しまくることが、柔軟性・機敏性を取り戻す、最初の一歩だと考えています。

 

■■■3Knot CLUB勉強会■■■

次回、3Knot CLUBの勉強会は「子供との関わり方!」

子供とどう接するか?は親にとって最大のテーマです。

 

10月19日(土)16:30~18:00(東京近辺)

詳細・お申込はこちらからです。

 

■3Knot CLUBのFacebookページが出来ました!

「いいね!」で最新情報が届きます。

 

■終わりに

 

週末のRUNで痛めたかも、と思っていた右足の痛みが取れたので、

そろそろトレーニング再開したいです。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村



【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

変化を呼び込むルール破壊 #620

自分の身体との対話 #622

関連記事

  1. 自分の限界なんて決めない方がいい

    こんばんは、渋屋です。今日は早起きして、ランニング仲間と6:30から皇居をランニング。そして…

  2. ビッグデータ #405

    おはようございます。渋屋です。昨日は金沢まで出張をしてきました。日帰りだったので…

  3. 新規顧客100人に会いに行く

    こんにちは、渋屋です。私の友人でスゴイ試みをしている人がいます。新規顧客100人と、1対…

  4. このブログが ”biz-it-base” な理由。迷…

    マニアックな人しか気にしていないと思いますが、本ブログのドメイン名は ”biz-it-base.co…

  5. 自分を知るためにも、常に新しい人と出会う

    こんばんは、渋屋です。今日は経営コンサルタント&コーチの下村さんにお誘い頂き、今までお会いし…

  6. イベントをやろう!

    こんにちは、渋屋です。ジムでラン&スイムを終えて外に出ると、激しい夕立でした。傘を持ってなか…

  7. 仮想化ネットワーク

    今日は久々に、お客様先へ訪問。お客様が検討した、新システムの基本設計をヒアリング。私の会社が…

  8. レールの上を走る生活はローリスク・ローリターンである

    集団行動をするたびに思うことがあります。このままでは、突き抜けることなど出来ないな、と。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP