menu

著しい成長プロセス #185

おはようございます。duckです。

昨日の10kmマラソンのダメージが身体の節々に残っております。
そして風邪は治ってなかったようなので、長引かないうちに治さねば。

今日はこれから大阪出張です。
社内ミーティングなのですが、初めて会う方もいるので、自分達がどんな仕事をしていて、どういう支援が出来るのか?全社の企画部門として、事業部としっかりコミュニケーションをとってきたいと思います。

さて、中小企業診断士の試験対策、マラソン、ブログ。
これらは私なりにではありますが、結果に繋がった活動です。
私なりの小さな成長ではありますが、この3つの活動には共通点があります。

1.仲間がいる
これが何よりも大きいです。
「衆人監視」のシステムが動き出すことにより、自分一人で頑張るよりも、明らかに結果に繋がります。
数年前まで、私は一人で寡黙に頑張るタイプでした。
しかし、中小企業診断士の2次試験は、一人では絶対に突破出来なかった。
仲間と支えあうことの成果に驚いた、最初のケースでした。

今ではブログも仲間と共に書いているようなものですし、昨日の10kmレースも仲間が居なかったら絶対に出られませんでした。

2.先達がいる
何か新しい取り組みをするときに、先達がいることは、スタート地点において正しい方向性に走り出すために、重要です。

診断士のときは予備校の講師が居ましたし、昨日のレースも親切に教えて下さる方が居ました。

3.一歩目を素早く
何かをやると決めたら、最初の一歩を早くします。
そしてサイクルを短くして、最初の結果を早く得るようにすることです。
昨日のレースも、「10km走りますか?」「やりましょう!」から1.5ヶ月で実現しました。私も含めて日頃ランニングからは程遠いメンバーも居たのですが、1ヶ月半後には、10km走れるようになっていました。

まとめると、

・やると決めたら、早く動き出す
・仲間を募って、衆人監視のシステムを作る
・先達から学び、素人フェーズでの成長を加速する

という感じでしょうか。

それから、仲間に対して、自分自身がフィードバックすることを目指すと、一層、効果が高いと思います。
診断士の勉強をしていたときも、仲間に説明をすることが、自分の一番の学びになったのでした。

さ、今日もしっかり成長したいと思います!

自分との対話 #184

心底の自分 #186

関連記事

  1. 変わること、変えないこと #175

    おはようございます。duckです。ロンドン五輪のサッカー男子、日本はスペインに勝ったようですね。私は…

  2. 所属・帰属の前に「自分」を定義する

    昨日は中小企業診断士受験生を応援する集団、「タキプロ」の集まりに行ってきました。数多くの中小企業…

  3. ヒエラルキーの崩壊 #386

    こんばんは。渋屋です。今日はやや体調を崩していたので、午前中は眠り続けました。午後は家族で横浜までお…

  4. 死んだ魚のような目をしている人たちへ

    めったに通勤電車には乗らないようにしているのですが、たまに乗ると、本当に「死んだ魚のような目をし…

  5. 一期一会 #113

    おはようございます、duckです。この記事がリリースされる頃、私はラスベガスを飛び立っています。8日…

  6. 遠足を迎えた子供のように

    おはようございます。渋屋です。今日はつくばマラソン。昨日の土曜日から、気持ちが昂ぶって目が覚…

  7. 「やりたいこと」なんて探さなくていい #595

    こんにちは。渋屋です。今日はお休みをもらっています。さわやかな天…

  8. 専門が活かせないフィールド

    こんばんは、duckです。診断士の試験後、何人かのITを強みとする先輩診断士と会話をする中で、確信し…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP