menu

スマホとの距離を開けてみる

今朝、ラジオを聞いていたら、
妻が夫にやめて欲しいことの1位は「スマホ」なんだそうです。
家族でいるときにもスマホをいじっているのは、確かに美しくありません。

ちなみに妻にやめて欲しいことの1位は「出かける前の準備が長すぎる」だとか。
うちの妻は私より準備が早いので、微塵も感じたことがありませんが 笑。

 

スマホ依存症が気になってきた

このラジオを聞く前から、少しずつ、自分自身のスマホ依存症が気になっていました。

  • 朝、起きた直後に見てしまう
  • 夜、寝る直前に見てしまう
  • 食事中に見てしまう(私はやりません)
  • 人に話しかけられているのに、見続けてしまい、空返事
  • エレベーターなど、10秒程度の時間でも見てしまう

電車に乗っても、大半の人がスマホを見ています。
家族で食事に来ているのに、全員が自分のスマホを見ている・・

そういう光景を見るたびに、あるいは自分がやらかしているのを発見するたびに、
だんだん疑問が強くなってきていたのでした。

そして、スマホ(外部)から得られる情報に頭がマヒして、
「自分で考えることを拒否」している時間が多くなったように感じているのです。
何かを考えようとするたびに、ついついスマホで気をそらそうとする自分がいるからです。

実際、スマホで通知がなるたびに集中力が削られる状態は、
ADHD(注意欠陥/多動性障害)と同程度、という研究結果もあるようです。
また、この本も気になっていたので、読んでみました。

集中力こそが、仕事のパフォーマンスに直結しますし、
一緒にいる人の話をじっくりと聴くことが、相手の満足度につながります。
ならば、スマホともう少し距離を置くべきだ、と考えています。

 

最低限、スマホで必要なこと

とは言え、今、スマホを捨てろと言われても捨てられません。
スマホがあることが前提の仕事・生活になっているからです。

では本当に必要なことは何か?
私(渋屋)の場合を洗い出してみました

  • 通信(外出中、テザリングで仕事するので)
  • スケジュール(Googleカレンダーと連携、紙の手帳は使用せず)

  • メール
  • 地図(Googleマップ。道・電車などの経路検索)
  • メモ(Evernote。思いついたことをその場でメモ)
  • 電話(仕事では使わないものの、救急車を呼ぶとか、緊急時には必要)
  • タスク管理(たすくま)

  • カメラ(ブログなどのネタ撮りや、ホワイトボードの記録など)
  • LINE(家族との連絡用)

ざっと挙げてみると、これくらいでしょうか。
(パソコンではなく)スマホで必須なこととは、出先でも使う必要があることです。

私は外出時も常にパソコンは持っているので、
お客様との連絡はスマホがなくてもパソコンで対応可能です。
このようにパソコンでできることは、パソコンでやる方針にしようかと。

こうして挙げてみると、実は結構、無駄なアプリに時間をかけていることが分かります。
私はついつい出先でも家の中でも、SNSやRSSリーダーを見てしまうからです。

 

スマホは使う、使われるのではない

スマホはうまく使わないと、逆に使われてしまいます。
スマホを強力な武器にするのか?あるいはスマホの奴隷と化すのか?
そこには強い意志と、若干のITリテラシーが必要な気がします。

私はスマホをコントロールするために、少し距離を置きたいと思います。
具体的には、こんなことをしようかと。

  • 無駄な通知は全てOFF(実践済み)
  • 家族がいるとき、リビングにはスマホをもっていかない(実践中)
  • 余計なアプリは全て消す(どこまで消すか検討中)
  • ポケットに入れずにカバンに入れる(これからトライアル)

上手く使って、スマホを武器に変えていきたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日の外出時、さっそくカバンに入れてしまいます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

トレーニング失敗しました・・

第7回「ITでスモールビジネスを元気にする会」は要件定義

関連記事

  1. 情報・データはお金同様の資産である(情報セキュリティのはじめの一…

    日頃から多くの会社でIT関係の支援をしています。先週も、お客様がクラウドファンディングを活用する…

  2. インダストリー4.0とスマート・ファクトリー(工場)

    「インダストリー4.0」最近、良く聴く言葉です。これが何を表すのか?日本の製造業復権が期待さ…

  3. IT業界以外の方が、ITに詳しくなっているのかも

    IT関連の仕事をしていると、一般的にはITを中心とするテクノロジーやサイエンスに詳しい、と他者か…

  4. あなたの自宅(事務所)にプリンタは不要かもしれない

    私の自宅(事務所兼用)には、プリンタがありません。独立したら必要になるかな?と思っていたのですが…

  5. freeeの新しいプロダクト構想が面白い

    クラウド会計ソフトを提供するfreeeが新たなプロダクト構想を発表したことが記事になっていました。…

  6. ITの利用(技術進化)と人間性の両立をはかろう

    少し前から、ITを利用することと、人間性の両立が、重要なテーマになっている気がします。人工知能の…

  7. 出版の新しいカタチ:『人工知能、ロボット、人の心。』

    おはようございます。渋屋です。今日はITトレンドを把握する上で外せない、「人工知能」についてです…

  8. いつまでクラウドを怖がっているのですか?

    システムをクラウドに置く流れが加速しています。MUFGすらシステムをAWSに移すと。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP