menu

事業戦略を考えるときの3つのステップ

先日、ある会社から相談があり、事業戦略を拝見しました。
きっと色んなことを調べて、考えた結果なんだろう、と感じられるものでした。
ただ、一番大事なことが欠けていました。

これまで数多くの事業戦略を見てきましたが、
この例と同じく、大事なことが欠けている例がほとんどです。

今回は、事業戦略、あるいは新商品・新サービスを考えるときに
大事なことを欠かさない、3つのステップをご紹介します。

 

ステップ1:顧客は誰なのか?

先日相談を受けた事例でも、欠けていたのはこれでした。
何ページにも渡る事業計画書の中に、顧客が定義されていないのです。

おそらく社内で検討するときには、「顧客は誰か?」なんて当たり前だと思ってしまい、
すっ飛ばしてしまうのでしょう。
しかし、この質問を投げかけると、実に様々な答えが返ってくるものです。

「最大顧客のA社だと思っていた」

「いや、新規で取ろうとしているB社じゃないの?」

こんな風に社内でも意見が割れることがしばしば。
だからこそ、ちゃんと顧客を定義する必要があるのです。

ただ、こういう説明をすると、

「A社もB社も顧客ですよ」

という意見をいただくことがあります。
もちろん、この意見は正しいものです。

戦略を考えるときには、A社とB社の課題・ニーズが同じであるならば、
1つにまとめてしまって問題ありません。
逆に異なるのであれば、まとめてはいけません。

A社に向けた戦略、B社に向けた戦略をそれぞれに考える必要があります。

 

ステップ2:その顧客は何に困っているのか?

次に、ステップ1で定義した顧客が抱えている課題・問題を確認します。
いったい、何に困っているのでしょうか?
あるいは、今は気づいていないことで、今後、困りそうなことはないでしょうか?

前者は既に顧客が認識している顕在ニーズ。
後者は未だ気づいていない潜在ニーズです。

このステップ2で大事なことは、顧客の声を直接聴くことです。
あなたの商品を買ってくれた顧客はもちろん、買わなかった人の声も、ヒントの宝庫です。
買わなかった人の声を聴く会社は、滅多にお目にかかりません。

B to Cでは買わなかった人を見つけ、ヒアリングすることは難しいかもしれません。
一方、B to Bでは「検討したけれども買わなかった」ことは分かることが多いです。
案件を失注しているので精神的に厳しいと思いますが、
それでも今後のために、しっかりとお話をうかがいましょう。

また、IT業界の場合は、大きな業界の動向を読むことで、潜在ニーズの仮説を立てることが可能になります。

例えば、パッケージソフトウェアを販売する会社の場合には、
そのソフトウェアをクラウド化した方がニーズが増えるかもしれない。
でも、クラウド化で毎月課金になると収益モデルが変わるし、継続利用のサポート体制が重要になる。
それ以上に、クラウドになるとパッケージソフトウェアとは売り方が変わるので、
マーケティング・営業体制を変える必要がある。
というようにです。

私の場合は、ステップ1で顧客を定義したら、ステップ2で顧客の声を聴くとともに、
この仮説を立てるようにしています。
(私の場合、これができるから、IT業界企業や、一般企業のIT部門が顧客になるのだと思います。)

 

ステップ3:あなたが提供できるものは何か?

ステップ1で顧客を定義し、ステップ2でその顧客の困り事を定義しました。
この流れでくれば当然、最後のステップでは、その困り事を解決する手段が求められます。
もちろん、その手段とは、あなたが提供する商品です。

その商品が顧客の困っている事を解決できることをメッセージとして伝えます。
このメッセージが、プレスリリース、ホームページやチラシ、営業トークの基本となるのです。

最後に、この3つのステップを進めれば事業計画が終わるわけではありません。
実際には、値段を決めたり、原価を割り出して収支計画を作ったり、
それ以前に新規事業を進めるための体制作りだったりとか、
やることは他にも多々あります。

ただ、慌しくなればなるほど、この3ステップを忘れてしまいがちなので、
常にこの3つがしっかりと進められているのか?を意識したいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日はこれから、とあるIT業界のコミュニティに参加してきます。
昨日の記事で書いた通り、新たな場に自分を投下するのです。
トレンドに敏感な人たちばかりなので、必死に着いていこうかと。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

どんなコミュニティに入り、どんな位置づけに居るか?

八子クラウド座談会「クラウドが拓いたデジタライゼーション!」に参加してきました

関連記事

  1. ビジネスの管理はクラウド(Web)・スマホで行なう

    前回は「IT脳」を鍛えるために、IT(ツール)を使うことをお勧めしました。今回は、そ…

  2. やっぱり廃棄からしか始まらない

    ドラッカーは言いました。現在行っていることの廃棄は体系的に行なわなければならない。(『ドラッカー…

  3. マネジメントの根本問題を無視したシステム開発

    今日は経営に携わる方、ITに携わる方、全員に読んで頂きたい本のご紹介です。ド…

  4. クラウドが抱える問題点

    おはようございます。渋屋です。システムを(パブリック)クラウドで動かすか…

  5. 日頃から使っているツールと生産性の関係

    日頃から多くの会社・人とお会いしていると、普段使っているツールと、その会社・人の生産性には関係が…

  6. 利益を目標とする会社は崩れやすい(東芝のニュースから感じたこと)…

    連日、東芝のニュースが流れていますね。事実がちゃんと整理されていない状況なので、それに対して直接…

  7. コミュニケーション手法を使い分けていますか?

    「最近の若者はコミュニケーションが下手だ」とまことしやかに語られることがあります。まぁ、今や高齢…

  8. スモールビジネスで、システムを導入するときにやってはいけないこと…

    スモールビジネスでシステムを導入するとき、注意点があります。教科書的な導入プ…

最近の記事

PAGE TOP