menu

私が仮想通貨に投機(投資?)する理由

仮想通貨、持っていますか?
私はほんの少しですが、持っています。

 

自律化に向かう世界

いきなり話は変わりますが、世界は確実に「自律化」に向かっています。

産業革命が起きるごとに、世界は大きく変わってきました。
蒸気機関が生まれたことで、機械化が進みました。
エンジンが大量生産を可能にし、 コンピュータが自動化を進めてきました。

人工知能が成熟し、仮想通貨が出たことで、経済そのものが変わろうとしています。
「自律化」は分かりにくい概念ですが、「全体としていい具合になる」ことです。
自動運転は、中央でコントロールする存在がいないにも関わらず、全体として事故や渋滞をなくす仕組みです。

自動車に限らず、世界のあらゆるところで、このような「全体としていい具合になる」方向性に向かうでしょう。
自然界のように、個々がそれを強く意識しているわけではありません。
蝶は、自分が生きるために花の蜜を採りますが、それが結果的に花の繁殖につながっています。

食物連鎖がエネルギーの循環を生み、新陳代謝が自然界全体を少しずつ良い方向に向かわせます。
私たちの住む世界も、そういう方向に向かっていきます。

 

自律化を支えるテクノロジー

このような自律化の世界に向かわせるのが、人工知能やブロックチェーンなどのテクノロジーです。

蝶が花粉を運ぶように、自分にとって最適な判断をするには、人工知能が必要です。
現実世界からデータを取得し、判断するには、IoTのような仕組みが使われるでしょう。
データに信頼性を付与したり、既存の金融システムに制限されないお金としてブロックチェーンが必要です。

私は1990年代からITの世界に関わっていますが、次々と生まれる新技術は、全てこのために生まれていたのだと思うほどです。
ブロックチェーンによって支えられる仮想通貨は、その値上がりの激しさによって注目されています。
まとまった金額を投資した人の資産が1億円を超えて「億り人」などと呼ばれていたりします。
しかし、私はそういう意味(値上がりが目的)での投資はしていません。

 

未来のテクノロジーを体験し、支える一員になる

私は仮想通貨を少しだけ持っています。
ビットコインとイーサリアムです。

その理由は値上がりを狙ったものではありません。
(まぁ、上がってくれた方が気持ちは良いですが・・)
理由は2つ。体験することと、新しいテクノロジーを応援したいからです。

新しいテクノロジーを全て試すことはできません。
お金も時間も限られていますし、私には簡単に試せないものも多いです。
だからこそ、自分で試せるテクノロジーは、試しておきたいのです。

仮想通貨は、個人でも簡単に体験できる良い例です。
ですから、別に何か用があったわけではありませんが、ほんの少しだけ持っています。
もちろんリスクを加味する必要はあり、吹き飛ぶ可能性もありますから、ゼロになってもいいと思える金額を入れました。
今後はセミナーをビットコインでの支払にも対応しようかな、と。

もう1つは、応援の気持ち。
私は今の世界が、自律化された世界に近づくことを楽しみにしています。
車に乗るとき、自分が運転するよりも、自動運転して欲しいです。
そうすれば、のんびり読書ができるかもしれませんし、家族との会話を楽しめます。
バイク(自転車)のトレーニングをするときも、幅寄せしてくるような危険な車が減りますし。

そういう世界に近づくために、ブロックチェーン・仮想通貨を応援しています。
ここの通貨は何らかの事情で無くなるかもしれませんが、こういう基盤技術や、仮想通貨の考え方は、着実に進歩して欲しいのです。

10年後に振り返ったとき、良い投資をしたと思えたら嬉しいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日、参加予定だった赤羽ハーフマラソン。
足首の故障が完治しなかったので、参加を見送ることにしました。
今はガマンの時期です。
復活のときを待って、体幹トレーニング・バイクの基礎練習を積み重ねます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立しているからこそ、雇われ仕事と自分の仕事を区別する

ITは、自然に近いモノに乗り換えていく

関連記事

  1. クラウド・AI時代に士業が生き残る3つのアプローチ

    士業の業務は、確実にクラウドサービスに置き換わりつつあります流行りのクラウド会計は言うまでも…

  2. ITに疎い中小企業診断士には、厳しい世の中になります

    私はこれから、IT(情報システム)に疎い診断士にとっては、つらい世の中になっていくと考えています。…

  3. 経営戦略は、アナログか?デジタルか?ではなく、どっちも

    「ついに!」というか、「もう来たか!」というべきか。以前より推測されていたことではありましたが、…

  4. カフェでのテレワーク/リモートワークのリスクを知る

    各企業が少しずつテレワーク・リモートワークを推進しているためか、カフェで仕事をしている人が、少し…

  5. リアルとネットのコンビネーション

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(直接の会話と、SNSの関係)に…

  6. システムを3つに分けて理解する(ITインフラ、ミドルウェア・プラ…

    中小企業の支援をする上で必要な「情報システム」の知識をまとめるシリーズ。 中小企業診断士試…

  7. ビッグデータは世界を変えるのか? #660

    おはようございます。渋屋です。■ビッグデータ活用法整備11月22日(金)…

  8. 専門家以外がITスキルを身につけるためには?

    このところ、ITの専門家ではない方がITスキルを向上したい、という要望を良く聞きます。&nb…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP