menu

「森羅万象は学べない」からこそ必要なこと

自分のやりたいこと、実現したいことの
レベルが上がるにつれて、

世の中の全てのこと(森羅万象)を学びたいと
考えるようになりました。


視座の高い経営者とお話しをすると、
その教養の深さ・広さについていけず、
悔しい思いをすることが多いのです。

さらに、私の専門であるIT・マーケティングは
変化の激しい業界。

この変化に食らいついていくだけでも、
相応の学びが必要になっています。

教養も専門も、もう何もかも学びたい、
そんな気持ちです。


こういう気持ちになったこと自体は
とても喜ばしいこと。

少なくとも向上心が上がっている証拠ですし、
自分はまだまだ伸びる、と心底から信じられています。

その結果、学びの体系そのものを変えるために、
ある投資もしました。
(まだ始まっていないので、変化があったら紹介しようかと)


ただ、現実問題として森羅万象を学べないことは確かです。
そんな時間はありませんし、
1人の人間が学べることは限られています。

つまり、何かを選び、何かを捨てる必要があるのです。
今、私が追い込まれているのはココです。

やりたいことは山ほどあるのですが、
やらないこと、捨てることが決められないのです。

今、直近のご飯を食べるための学びはできていますが、
5年後、10年後に向けた学びを選択しきれないのは、

まだまだビジョンとミッションが
固まっていないということです。

そう言えば、名刺がなくなりそうで新調したいのですが、
表現を変えたいが決められず、放置していました。。

今回は「学び(と名刺)」の面からでしたが、
あらゆる角度から、ビジョン・ミッションを
見つめなおしてみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

3度目の五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)に向けて

トライアスロンチーム「ポセイ丼」の愉快な仲間たち

関連記事

  1. 夢を見せる仕事

    ユニバーサルスタジオ・シンガポールに行ったときに感じたことを。こういうところに来ると、「…

  2. いつからスケジュールを押さえるか

    昨日は、理想の1日、1週間を描きましょう、と提案しました。描いた上で実践してみた…

  3. 勝手にメールを送りつける嫌がらせはしません

    色々なところで人と出会い、名刺交換していると、避けられない「迷惑」があります。■お願…

  4. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  5. 私がこのメルマガで作りたい世界

    私は士業を中心に、コンサルティングをビジネスの軸として活躍されたい方を支援するために、こ…

  6. 左脳と右脳の両刀遣いでコンサルティングが変わる

    コンサルタントと言えば、左脳を使う論理的な仕事。「ロジカルシンキング」とか、外資系コンサルとかが…

  7. 普段、誰と一緒にいますか?

    大前研一さん曰く、自分を変える方法は3つしかなく、・時間配分を変える・住む場所を変える…

  8. 値決めとはセルフイメージとの戦い

    値決めは経営であるとは、稲盛さんの名言だと思います。■さらに付け加えたいのですが、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP