メルマガ:非常識なコンサルタント

顧客を絞り込むことで期待値を超える

ここまで数回に渡って、
期待値のことについて書いてきました。


まとめますと、

顧客の期待を超え続けることによって、
継続して顧客との関係を築く。

そのためには、顧客のニーズを把握するために、
顧客をしっかりと観察すること。

その上で、期待値をコントロールすること。

それがビジネスの強化につながるし、
自分というブランドの時価総額を
高めることになる。

という話でした。


この辺りの話は奥深く、

私自身、何度考えてチャレンジしても
まだまだ失敗するし、
果てしない道のりだと感じています。

だから面白いんですけれども。

今日の本題は、
顧客を絞り込むことです。

マーケティング的に、メッセージを突き刺すには
顧客を絞りなさい、と教科書にも書いてあります。

ただ、今回はそういう話だけではなく、
期待値超えにも顧客の絞り込みは重要です。


これまでも何度か例に挙げていますが、
例えば私は電話が嫌いです。

ですから私のサービス紹介ページにも
注意事項の1つとして書いてあります。

これは電話好きな人を間違って顧客にしないためです。
期待を裏切って、悪い評判を頂いても、
お互いにとって不幸ですから。

逆に言えば、私が価値を提供しやすく、
期待値を超えやすい顧客を選んでいるとも言えます。

顧客と深い関係性を築くことが
ビジネスの要諦ですので、

自分と合う人を選ぶことが
今までの期待値に関する話の大前提になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村