menu

経営者に必要なのは「ITスキル」よりも「ITセンス」

昨日は夕方、第2回となる「トライアスロン経営塾」を実施しました。
参加いただいた方、ありがとうございました!

突然ですが、経営者に必要なのは「ITスキル」よりも「ITセンス」です。

 

ITスキルとITセンスの違い

スキルを辞書で調べてみると、以下のような定義がされています。

手腕。技量。また、訓練によって得られる、特殊な技能や技術。(goo辞書)

自らの業務課題を満足に実現できるかどうかの「実務能力」として捉えて・・(中略)・・要素スキルを課題解決のためにいかに最適に選択し、統合し、適用するかを実現する総合的な能力を主眼としています。(ITスキル標準での定義)

一方のセンスは、以下のような定義です。

1 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。「文学的なセンスがある」「センスのよくない服装」「バッティングセンス」

2 判断力。思慮。良識。「社会人としてのセンスを問われる」(goo辞書)

まとめますと、「ITスキル」は教科書・研修などの標準プログラムを通じて習得できる実務能力です。
パソコンやスマホなどのツールを上手く使う能力、と言い換えても良いでしょう。

「ITセンス」は、ITが提供する・生み出す価値を見極める力や、ITでできること・できないことを決める判断力や感覚を指しているように思います。
あらゆるビジネスがデジタル化に向かっている現状、業種を問わず経営者に求められるのは、ITスキルよりもITセンスです。

 

実はITスキルが低い私(渋屋)・・(汗)

正直、私はITスキルは大したことはありません。
おそらく一般人のなかでは、せいぜい平均よりちょっと得意な程度でしょう。
パソコンやスマートフォンなど、ツールを使いこなしている人と比べると、明らかに「下手」です。

ExcelやWordは操作に迷うこともしばしば。
簡単な関数で迷いますし、マクロもほぼ使えません。

ブラインドタッチはできますが、ショートカットキーは、ほぼ使えないです。(コピペくらい)
Windowsは昔は良かったのですが(エンジニアとして触れていたので)、
バージョンアップするたびに操作がおぼつかなくなり、Windows 10の操作はかなり怪しいです。。

Macに触れたのは、今使っているMac Book Proを買った約1年半前からです。
それまでは全く触れませんでした。

そんな私がIT支援をできるのは「ITスキル」ではなく、「ITセンス」を活かしているからです。
(ひとりで事業を営んでいるという立場では、ITスキル不足に苦労することも多いですが・・)

 

経営者に必要なITセンスを身につけるには?

「ITセンス」を身につけるにはどうすれば良いのでしょうか。
マニュアルや研修が提供されるITスキルと比べて、ITセンスを身につけるのは大変です。

  • 自社が行っているビジネス
  • 自社の置かれた状況
  • 自社のIT化の進み具合
  • 既存システムやIT投資に割ける予算など

を踏まえて、自社の文脈を通じて身につけるものだからです。

そこで最初に行いたいことは、(逆説的なようですが)ITをもっと使うことです。
日本の経営者は、ITを使わないというデータが出ています。

ユーザー(顧客)に近い視点で判断・決断を行わなければならない経営者が、
ITを使うという体験をせず、どうするのでしょうか?
ツールやシステムを使いこなすためではなく、「ITセンス」を伸ばすために、もっと体験することをお勧めします。

ITに関する深い知識は不要です。
それよりも上述した通り、体験することの方が重要です。
敢えて理解しようとするのであれば、各技術を関係性で理解する方が、経営者には役立ちます。

そして、事例を知ることです。
他社の事例を通じて、「自社だったらどうするか?」というケース・スタディができます。
自伝を通じて他者の人生を感じるように、他社の事例を通じて「ITセンス」を身に着けましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
追い込み週なのに、今週は全然走れていません。
しかも週末は雨予報。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

IT(情報技術)は関係性を把握しないと理解できない

「分かりにくさ」という参入障壁・ブルーオーシャン

関連記事

  1. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

  2. これからはAIと共に生きていく

    少し前に、これからはスマホ中毒者が激増することを予想しました。そして、それは悪い傾向…

  3. Webページを簡単にEvernoteへ保存するClearly

    こんばんは。渋屋です。昨日(DropboxとEvernoteの使い分け)…

  4. 人と機械(システム・ツール)の関係は、どう変化していくか?

    昨日は「SENSORS IGNITION 2017」に行ってきました。技術の進化を肌で感じること…

  5. IT企業支援のワークショップを行いました

    昨日はIT企業に関わる人が集まり、ワークショップを行いました。創業支援(経営コンサルタント)…

  6. ITに疎い中小企業診断士には、厳しい世の中になります

    私はこれから、IT(情報システム)に疎い診断士にとっては、つらい世の中になっていくと考えています。…

  7. 新規事業・起業に必要な、構想力と実行力

    突然ですが、IT業界の動きが激しくなってきたように思います。「時代が変わってきた」と感じるのです…

  8. 「エンジニア=起業家」の方程式

    おはようございます。渋屋です。私が以前から感じ始めていたモヤモヤを見事に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP