menu

お金の支援をする専門家にオススメの本

コンサルタントとしてチェックしておきたい本があります。


MQ会計やTOCなどを広める「会援隊」という活動をしている知人の相馬さんが、
銀行員向けの面白い本を書きました。

このメルマガには会計士や税理士の方も多いので、
興味を持つ方が多いのではないでしょうか。

●事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4502216615/ritz0c-22/


一般的な会計・経理の本とは、明らかに一線を画しています。

私がこれまでお付き合いしたことのある銀行員の方は、
企業に対するアドバイスは、
お金を使うことよりも、節約することばかりでした。

私自身、売上を伸ばすことには限界がないものの、
コスト削減には、すぐに限界が来るので、
そのような考え方には懐疑的でした。

本書は前半で、MQ会計という考え方を使って、
それを論理的に説明してくれます。


後半ではお金ではなく、企業におけるボトルネックを中心に
改善を行うフレームワークを伝えてくれます。

銀行員の方はお金しか見ていないので、
業務を捉えることが苦手。
そういう方に1つのフレームワークを与えてくれます。

私の場合、ネットワークエンジニアだったので、
ボトルネックという概念は非常にしっくり来ます。
というより、自然にこういう考え方をしていたように思います。

偶然、本書を読む前に、ある企業に
「ボトルネックを改善しましょう!」と提案をしている最中でした。

ただ、本書を読むことによって、考え方が整理されました。

「過去のお金を見ることしかできないなぁ〜」

というのは、これまでコンサルティングやセミナーでお会いした
多くの会計士・税理士から聴いたコメントです。

そういう方々にとっては、非常に参考になりそうです。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立直後と現在のスケジュールの違い

独立後の「食えない不安」を減らすためにやっている3つのこと

関連記事

  1. 中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

    今日は中小企業診断士 受験生の方向けの記事です。■私の知る限り、診断士向けの問題集として…

  2. 真の課題を抽出するまでが勝負

    コンサルティングをする上で、一番注意するところはどこでしょうか?■私は真の課題を抽出…

  3. 明確な数値(売上)目標を掲げた効果

    1月の目標達成率が約90%に留まってしまった理由。1つは、年初に新しい仕事の立ち上げで思…

  4. 下請けと会社員の共通点

    最近、とあるコミュニティに入りました。下請け製造業から脱却し、自社商品を展開するためのス…

  5. 確定申告という無理ゲーを終わらせたい

    この時期、私の周りのフリーランスは確定申告に追われているようです。■私は毎日、自分の…

  6. 良い組織とは・・・

    自分の組織のダメなところが浮き彫りに・・・ニワトリを殺すな(2003/03)…

  7. 人を引き寄せる人・企業に共通すること

    人を引き寄せる人っていますよね。企業にもそういう一面があるように感じています。&nbsp…

  8. もっと感受性を高めたいときに手に取った本 『自分の感受性くらい』…

    独立し、仕事も変わった、この4月。昨日の記事(独立から3日間を振り返って)でも書きましたが、スキ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP