menu

お金の支援をする専門家にオススメの本

コンサルタントとしてチェックしておきたい本があります。


MQ会計やTOCなどを広める「会援隊」という活動をしている知人の相馬さんが、
銀行員向けの面白い本を書きました。

このメルマガには会計士や税理士の方も多いので、
興味を持つ方が多いのではないでしょうか。

●事業性評価実践講座―銀行員のためのMQ会計×TOC
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4502216615/ritz0c-22/


一般的な会計・経理の本とは、明らかに一線を画しています。

私がこれまでお付き合いしたことのある銀行員の方は、
企業に対するアドバイスは、
お金を使うことよりも、節約することばかりでした。

私自身、売上を伸ばすことには限界がないものの、
コスト削減には、すぐに限界が来るので、
そのような考え方には懐疑的でした。

本書は前半で、MQ会計という考え方を使って、
それを論理的に説明してくれます。


後半ではお金ではなく、企業におけるボトルネックを中心に
改善を行うフレームワークを伝えてくれます。

銀行員の方はお金しか見ていないので、
業務を捉えることが苦手。
そういう方に1つのフレームワークを与えてくれます。

私の場合、ネットワークエンジニアだったので、
ボトルネックという概念は非常にしっくり来ます。
というより、自然にこういう考え方をしていたように思います。

偶然、本書を読む前に、ある企業に
「ボトルネックを改善しましょう!」と提案をしている最中でした。

ただ、本書を読むことによって、考え方が整理されました。

「過去のお金を見ることしかできないなぁ〜」

というのは、これまでコンサルティングやセミナーでお会いした
多くの会計士・税理士から聴いたコメントです。

そういう方々にとっては、非常に参考になりそうです。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立直後と現在のスケジュールの違い

独立後の「食えない不安」を減らすためにやっている3つのこと

関連記事

  1. セミナーをやるときに意外とハマること

    初めて自分でセミナーを主催したとき、思わぬところでハマり、なかなか開催できませんでした。…

  2. 独立しているからこそ、雇われ仕事と自分の仕事を区別する

    独立して以来、様々な仕事をしています。そのなかでも、雇われ仕事なのか?自分でつくった仕事なのか?…

  3. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  4. 未経験の仕事を恐れない

    独立していると、ふいに未経験の仕事を依頼されることがあります。■私の場合ですと、独立…

  5. 自分の時価総額を考えてみる

    企業には時価総額という考え方があります。■その企業が将来生み出す利益を元に、企業の時…

  6. 教えないけど、学びはどこまでも深く

    このメルマガでは何度も書いていますが、私のコンサルティングのスタイルは、基本的に「教えない」…

  7. お金と稼ぎ方を真正面から考える

    私が今まで生きてきた環境では、真正面から真面目にお金の話をすることに一種のタブー扱いがあるよ…

  8. 稼ぐ力が不要になっていく世界

    独立したら、まずは食えるほどに稼ぐこと。これは至上命題です。■私はとても運に恵まれて…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP