menu

公的機関に無償で来る企業は顧客になるのですか?

質問を頂きました。

公的機関の経営支援、税務相談などに
無償でやってくる企業は、
有償サービスの顧客になるのですか?


私の答えは「顧客になる企業はあります」。

公的機関に相談に来る企業には、
大まかに分けて2つのタイプがいると感じています。

1つは無償だから来るタイプ。

「税金払っているし、権利があるのだから、
使えるだけ使おう」

と考える人たちです。

公的機関に「お客様面」をしてやってくるのが特徴です。

この人たちは、どんなにアプローチしても
顧客になることはありません。

ですから私は深追いをしません。
そもそも公的機関の顔をしていますから、
営業的なことはしませんし。

「どんなことに困っているか?」という
経営者のお困りごとを聴く対象として
会話をさせてもらっています。
(市場調査ですね)

もちろん、公的機関として提供するサービスは
ちゃんと提供した上でのことです。


もう1つは全ての機会を有効に使おうと
考えているタイプ。

公的機関だけでなく、民間の企業支援を含めて、
利用できる機会は全部活かす、
とてもアグレッシブな人たちです。

公的機関も含めて、
相手をパートナーと見て接します。

動きがアクティブですし、姿勢も異なるので、
ちゃんと会話をすれば、
前者の方とは、すぐに区別がつきます。

この人たちは、ちゃんと相手を見ており、
価値を感じればお金を出してでも
サービスを受けようとします。


昨日、新たにやりとりが始まった企業も
その1社です。

公的機関でお会いした後に、
Webで私のプロフィールやサービスを確認して、
連絡を下さいました。

●法人向けサービス
https://biz-it-base.com/?page_id=5753

この「ハンズオン型プロジェクト支援」を
来週から始めることになりました。

以前に書いたことがあるのですが、
このように公的機関はマーケティングを
行なう場所としては、それなりに良い場所です。

公的機関で活動する時間を売るのではなく、

サービスを提供しながら、
同時に自分のマーケティング活動をする場所、

と考えると良いでしょう。

ですから私は公的機関の時間単価では仕事は選びません。

より良い(後者の)企業が多いと感じる場所を
積極的に選ぶようにしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

自分のスキル・経験をカネに変えていく

この5年間で私はどれだけ変化したのか?

関連記事

  1. 【勉強会】なぜ勉強会を開催するのか? #564

    おはようございます。渋屋です。去年の8月から再開していた英会話レッスン、…

  2. 直接営業、はじめの一歩

    士業の営業力について書き続けています。基本的に士業の営業力は致命的だということ。そして間接営…

  3. 期待値コントロールしてますか?

    先週まで、顧客の期待値を超えているか?を書きました。■顧客との関係を継続…

  4. 士業が情報発信しないことは、デメリットだらけ

    士業は自らの言葉で情報発信した方が良い、と確信しています。独立しているなら、なおさらです。…

  5. 「なんとなく」「楽しそう」でやったことが、道を切り開く

    私が独立して以来、「これだけはやってよかった」と確信していることがあります。「やりたいと感じたこ…

  6. 削ぎ落としてシンプルに生きるには

    昨日、あるコンサルタントの方と会話をしました。その方は、独立した直後は紹介などもいただいて順調に…

  7. 独立からの3年間を振り返ってみて

    毎日の情報発信を、来週の月曜日からメルマガに切り替えると宣言しましたところ、メルマガへご登録いた…

  8. 診断士を取得して変化した「働き方」への考え方

    こんにちは、渋屋です。今日は早朝からミーティング10連発でした。。昼食の時間もまともにありません…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP