menu

戦略レベルとオペレーションレベル

中小企業診断士の2次試験を受けたことのある方は、

・戦略レベルの助言
・オペレーションレベルの助言

が問われることをご存知でしょう。


名前の通り、その企業にとっての
戦略レベルでのコンサルティングを行なうのか、

あるいはより現場に近いレベルでの
コンサルティングを行なうのか、の違いです。

試験では問題文を読むと、
どちらのコンサルティングが求められているのか?
判断することができます。


現実世界でも、どちらの相談も受けることもあります。

ただ、大抵依頼を受けるときは、
現場レベルの相談から始まります。
その点が試験と異なるところでしょうか。

例えばホームページについて、
どういうデザインにするべきか?の相談を受けたときに、

・このホームページは誰に向けてのものか?
・自社をどのような存在として認識して欲しいのか?
・どういう情報を届けたいのか?
・顧客にどう反応して欲しいのか?

などを聴いていくにしたがって、
戦略レベルのコンサルティングになっていることがあります。

戦略レベルでも、現場レベルでも、
依頼を受けるときは現場レベルから始まることが
(私の場合は)ほとんどです。


ですから、現場レベルに突っ込んでいくのか、
あるいは戦略レベルに一度引き上げるのか?は、
自分で判断する必要があります。

私の場合は、戦略レベルを常に頭の片隅で意識しつつ、
現場レベルの対応をする、という感じです。

戦略に問題があると判断したときには、
すぐに戦略を優先します。
戦略のミスを現場で補うことはできませんから。

戦略レベルが得意なのか?現場レベルが得意なのか?は
人によって異なると思います。

良い・悪いではなく、どこで自分が貢献できるか、です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

稼ぐ力が不要になっていく世界

生涯現役であり続けたい

関連記事

  1. コンサルティングに「思考」だけでなく「感覚」を

    コンサルティングと言えば、「思考」「論理」が支配する世界です。■大手コンサルティング…

  2. 自分の時価総額を考えてみる

    企業には時価総額という考え方があります。■その企業が将来生み出す利益を元に、企業の時…

  3. コンサルティング力と営業力

    あなたも既に感じているように、世の中は大きく変化しています。■働き方は大きく変化…

  4. 1週間の売上記録を更新しました

    久しぶりに1週間の売上記録を更新しました。■理由はシンプルで、・時間単価の高い仕…

  5. 人工知能に食われる仕事をしていませんか?

    日々、多くの士業の方とお会いしていると、ついつい余計な心配をしてしまいます。■最近、…

  6. 顧客の期待値を超えているか?

    事業を続ける限り、一生、自問し続ける問いです。■コンサルティング、あるいは研修講師や…

  7. 資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

    自分がどんなビジネスをやりたいのか?独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。しか…

  8. いい流れが出てきた~

    最近、IT企業支援の活動を加速しています。昨日は4社の社長から、じっくりと話を聴きました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP