menu

時間軸を先に飛ばせるか

仕事のできる方に共通しているのは、
時間軸を遠くに飛ばせることでしょう。


コンサルタントは、言葉を変えると、

「時間軸を先に飛ばすお手伝いをする人」

と定義できるのかもしれません。

企業の成長を支援するのがコンサルタントですから、
成長した先の姿を見通す必要があります。


ひょっとすると、税理士や会計士などは財務諸表を中心として、
現状や過去を分析することがメインの仕事かもしれません。

それでも、分析した結果を元に何かを改善すれば、
その先にはより良い結果の出る未来があります。

融資や投資、あるいは補助金・助成金の支援をしても、
その効果が出るのは、やはり未来です。

手続きの支援だけを行い、

「将来に向かって成果を出すのは、あくまでも顧客の仕事」

と切り捨ててしまう士業のコメントを幾度と聴いてきましたが、
本当にもったいないことだと思います。


企業が成長するためには、将来の姿を描く必要があります。
目標のないところに向けて頑張れるほど、人(組織)は強くないからです。

時間軸を飛ばすのは、習慣のようなものです。
技術ですから、誰でも身につけることができます。

「その会議をやったら、どんな成果が出ますか?」
「そのセミナーをやったら、顧客との関係は、どういう状態に変わりますか?」

というように、まずはほんの少しだけ、時間軸を飛ばせば良いのです。

このところ、「今」に注目することが多すぎたので、
自戒のために書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

神エクセル(ネ申エクセル)の弊害とその解決法

潜在顧客をリスト化して、1つ1つにアプローチする

関連記事

  1. 資格以外の技を持っていますか?

    資格を取ると、それ自体が1つのスキルになります。■中小企業診断士であれば、経営コンサルタ…

  2. 売り物はコンサルティングだけではない

    私たちはコンサルタントだからといって、売り物をコンサルティングだけに絞り込む必要はありません。…

  3. コンサルティングは有料です

    知人の社長から相談を受けました。■以前から飲みの席などで、軽く相談には乗っていたのですが…

  4. パラリンピックを観て気づくイノベーション

    息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていてふと気づいたことがあります。■イノ…

  5. ブログが1,900日を超えました

    5年以上前から書いている本ブログが1,900日更新を超えました。https://biz-…

  6. 自分の使っていないスキルを試してみる

    できることなのに、まだ使っていないスキルはありませんか?■昨日、ある企業から依頼されて、…

  7. 結局、自分は何をしたいのだろう?

    ひとりビジネスを始めて以来、「自分は何をしたいのだろう?」と悩むことが多くなりました…

  8. 「営業」の定義を変える

    独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、「営業をやったことがない」という事実で…

最近の記事

PAGE TOP