ブログ

出版に必要なこと #276

おはようございます。duckです。

昨日は息子の七五三でした。

鎌倉の鶴岡八幡宮に参拝しました。
その後、親族が集まって昼食を一緒に食べました。大きくなった息子を見に、多くの親族が集まってくれました。ありがたいことです。


さて、昨日のブログでは、とんでもない目標を掲げてしまいました(汗)

・3ヶ月で出版の企画を通す
・1年以内に出版して著者の仲間入りをする

良く見たら、期限が曖昧でした。前者は2013年2月3日、後者は2013年11月3日を期限としました。

期限を設定するのは良いのですが、何から手をつければ良いのか?良く分かりません。

ふと、2009年1月16日に出版や雑誌への連載を実現するためのセミナーに参加していたことを思い出しました。4年近くも前の当初から、出版には興味があったようです。当時の資料が残っていたので見直しました。

1.企画を持ち込む
2.企画が通ったら執筆をする
3.編集や契約をする
4.上梓

ということは、兎にも角にも、まずはおぼろげでも企画を作らなければなりません。誰に?どのような?コンテンツを提供するのか?
それを考えることは、「自分が何によって知られたいか?」という本質を掘り下げることに他なりません。

そして、企画を通さないことには、次のプロセスに進めそうにありません。そういう意味では、掲げた目標は最初の3ヶ月で企画を通すことに注力出来そうです。ただ、

・誰に企画を持ち込むのか?
・どうやって企画するのか?
・本職として企画するのか?個人として企画するのか?

まだまだ不明な点、自分で決めなければならない点は多くありそうです。

まずは調べてみて、行動してみて、何をする必要があるのか?を知ることが全ての始まりです。

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村