menu

顧客の関門に合わせた商品設計を

前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。

簡単に復習すると、

「営業」という言葉の定義を変えて、
自分の行動をブロックしないようにする。

「顧客は誰か?」を定義・調査して、
実際に潜在顧客に会いに行く。

この2つでした。


では、この2つを実践できるとモノが売れるのか?
というと、そうもいきません。

売り物がないので当然ですね。。

ただ、売り物があれば何でも良いのか?というと、
そういうわけにもいきません。

顧客の状態に合わせた商品提案が必要なのです。


顧客の状態とは、例えば、

  • 顧客に知ってもらう
  • 顧客に興味をもってもらう
  • 買ってもらう
  • ファンになってもらう
    (ファンであり続けてもらう)

というような状態のことです。

営業のじょうごモデルとか、
セールスファネルなどの言葉で有名ですね。


当たり前のことですが、

まだ一度も買ってもらったことのない顧客に、
いきなりディープな商品を提案しても、抵抗があるでしょう。

  • あなたを知らない顧客には、知ってもらうための商品
  • 知ってもらった顧客には、興味をもってもらうための商品
  • 買ってもらうためには、最初の購買にふさわしい商品
  • 何度か買ってもらった顧客には、ファンになってもらうための商品

が必要なのです。

私の場合、

知ってもらい、興味をもってもらうためには、ブログやメルマガがあります。
ただで発信している情報ですが、私のなかでは「0円の商品」と定義しています。

最初に買ってもらうのは、セミナーが多いです。

そしてセミナーを購入して下さった顧客の一部が、
コンサルティングの顧客になるわけです。

このように、顧客の状態に合わせて商品を
ラインナップしていく必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

日常に変化をつけることで気付くこと

テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

関連記事

  1. 【独立のリアル】最初に食べられるようになるのに必要だったこと

    自分の独立を振り返ると、本当に運が良かったと思います。定期契約を結んでくれる顧客が1社現れて、な…

  2. レンタルサーバを使うには #541

    こんばんは。渋屋です。今日は息子の空手。そのままRUNの予定でし…

  3. 働き方のフレームワークで考える、私がフリーランスになる理由

    以前、本ブログで4つの働き方を考えるフレームワークをご紹介しました。(働き方のフレームワークで、…

  4. 顧客を絞り込むことで期待値を超える

    ここまで数回に渡って、期待値のことについて書いてきました。■まとめますと、顧…

  5. 「なんとなく」「楽しそう」でやったことが、道を切り開く

    私が独立して以来、「これだけはやってよかった」と確信していることがあります。「やりたいと感じたこ…

  6. 安易に既存ビジネスに乗っかるリスク

    先日、ある方から相談を受けました。会社を辞めて、フランチャイズに加盟しての独立を考えているそ…

  7. フリーランスの自由を謳歌してみたら

    今週は、夜に予定を入れていません。せっかくフリーランスになったので、会社員の頃になかなか…

  8. 起業する人に必要なマインド

    おはようございます。渋屋です。昨日の引き続き、通勤講座 診断士の会「実例…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP