ブログ

社員満足にフォーカスしたら #475

おはようございます。渋屋です。

 

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方』を読みました。

 

社員満足度と、その会社の業績に関連性があることは、以前より言われていることではあります。

ただ、それを実践している会社を具体的に知りたい!ということで読んでみました。

 

また、この会社が実践している働き方(ワークスタイル)の変革は、私自身が取り組んでいるテーマでもあります。

ITサービスの企業ということで、どのようなツールを使いこなしているのにも興味がありました。

 

2010年に出た本ですので、少し陳腐化しているかな?と思いましたが、そんなことは全くなく、新鮮な気持ちのまま、一気に読み通してしまいました。

 

まずは「社員第一主義」です。

顧客に商品・サービスを提供しているのは社員です。

その社員が満足していない状態では、お客様に満足していただくことはできないでしょう。

言われればその通りです。

 

この会社は「社員第一主義」を掲げ、社員からの声を聞きながら、次々と施策を打っていきます。

面白いな、と思ったのは、

 

・ランチで上司と会話する制度(ランチ代は会社負担)

・iPhone支給制度

・強制退勤制度(21時に強制的に帰らされる)

 

などです。

 

ランチ制度は、面談という堅苦しい場でなく、ランチを一緒に食べながら、世間話を含めて会話します。

その結果、社員が考えている些細なことを含めて把握でき、お互いの意思疎通ができるそうです。

ランチの時間を使うことで、時間の有効活用もできています。

 

この会社では、「顧客は神様ではない」と言い切り(もちろん顧客を大切にしています)、自社のポリシーをご理解頂いた会社だけと、取引をしています。

一方で、「顧客第一」を掲げて、顧客を優先した結果、社員が疲弊している会社があるのは何故だろう?と、不思議に感じてしまいました。

 

次に「やらないこと」の徹底です。

やらないことが14か条としてまとめられています。この中で特に、

 

・インターネットを活用できないことはしない

・経営理念に共感していただける会社としか取引しない

・売上目標に固執しない

・会社規模を追求しない(上限40名まで)

 

というのは、驚くとともに、強く共感してしまいました。

 

働き方を変えるためのITツール活用術も、具体的に書かれていて参考になりました。

ここは私自身、本業ですので、驚くことはありませんでしたが、面白い取り組みをしていると感じることも多かったです。

 

全体的に、非常に読みやすく書かれている本ですが、本質的なことに対する示唆が多かったです。

少しずつ学び、実践していくことで、多くの会社はもっと良くできるのではないか?と感じました。

 

IMG_0764

 

■終わりに

ようやく、忙しさのピークを越えつつあります。

とは言え、気を抜かずに仕事をしっかりと終えつつ、週末に参加する研修の準備を進めていきます!

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村