ブログ

話の流れ #303

おはようございます。duckです。

中小企業の社長に向けた人材育成についてのセミナーが10日後に迫っていますので、昨日は資料作成と簡易的なプレゼンテーションを繰り返しました。
少しでも何かを伝えられるセミナーに出来ればと思っています。


出版プロジェクト29日目(残り63日)。

そのプレゼン資料を作成していて感じたことです。
資料を作成しているときには、多少、話の流れがスムーズでないところがあっても気付きません。
自分の言葉としてプレゼンをしてみて、初めて理論が抜けているところに気付きます。上手く話が繋がらないのです。

これは出版のときにも気を付けなければなりません。
書いている本人はスムーズな流れで書いているつもりでも、読み手にとっては理論が抜けていたり、急に話題が変わったと感じてしまうところがあるでしょう。

昨日作成した資料をもとに、今晩、リハーサルを行います。同じ人材育成をテーマとした3名が集まって、お互いの出来を確認し、内容をブラッシュアップしていきます。

その前に、今日は家族でアイススケートをしに行きます。息子がフィギュアスケートを見ていたら、やってみたくなったようです。
怪我しないように気を付けて行ってきます(^^;

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村