menu

独立を考えたら、いつ妻(夫)に相談すべきか?

独立することを妻に伝えるタイミング、私は完全に失敗しました。
いつ相談すべきか?独立志望の方から質問されましたので、
私なりの考えを書いてみます。

 

私の失敗事例

私が独立を決意し、妻に伝えたのは、独立する3ヶ月ほど前でした。
年末年始に悩み、独立を決意して、ようやく伝えたのです。

今振り返ってみて、このタイミングは失敗だったと感じています。
自分自身でさんざん悩むほど、独立後の世界は見えにくいものです。
生活がどうなるか?は正直、ハッキリと見えることはありません。

そんな独立が、ある日突然、3ヵ月後に迫っていると伝えられた
妻の気持ちはどんなだったのでしょう?

生活に対する不安を感じたでしょうし、
独立を決意してから言われるのではなく、
一緒に悩みたかったと考えたかもしれません。

 

独立を悩むなら、最初から一緒に悩む

私が独立を考え始めたのは、もう3年近くも前のことです。
この頃は、おぼろげに考えていただけですので、
敢えて妻に話すようなことでもない、と考えていました。

私は、この頃から妻に話しておけば良かった、と感じています。
まだ方針がしっかりと決まっていない頃から一緒に悩みたかった、と。

独立の課題も、自分がやろうとしている事業のことも、
どんな働き方をしたいのかという価値観も、
自分が感じている不安も、全部共有するのです。

それをせずに独立するという結論だけを、
ある日突然、伝えてしまったのです。

 

共に人生を歩む仲間だからこそ

男性の場合、「心配をかけたくないから」という理由で、
この一緒に悩むプロセスをすっ飛ばしてしまいがちです。

でも、こういうときだからこそ、一緒に悩んだ方が良いのではないか、と思います。
(自分ができなかったので、尚更。。)
相談するというプロセスが、夫婦関係をより良いものにしてくれるのではないでしょうか。

また、事業内容にしても、妻が冷静な第3者の意見をくれた、という話は良く聞きます。

どうせ悩むなら一人で悩むよりも複数人で。
それも伴侶とともに悩めるのなら、素晴らしいことだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は江ノ島周辺でランニングして、
その後は中小企業診断士仲間とキックボクシングです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

マイルールを破ったら、手痛い目に遭った話

会社という環境を活かすことができる強み

関連記事

  1. 1年前と今、仕事の中身は変わっていますか?

    私の仕事観は、間違いなく父親の影響を受けています。多分、私が幼稚園くらいの頃、酒屋で働いていた父…

  2. あなたのめざす影響範囲はどのくらいですか?

    私は以前から飛び抜けた人を見ると、引け目を感じてしまうことがありました。世界に出て行くような器の…

  3. 独立・起業の第一歩は、それを行った人に会うこと

    会社員、特に大企業の方と話をすると、私が独立したことは「異端者」のように見られていると感じることがあ…

  4. 【勉強会】主催するためにも勉強会に行く #634

    おはようございます。渋屋です。今日は久しぶりに勉強会の開催についてです。…

  5. 【独立のリアル】独立して収入は変わりましたか?

    独立を希望されている方から、独立前後で収入がどう変わったか?と質問をいただきました。あくまで…

  6. フリーランスの自由を、ちょっぴり謳歌しました

    フリーランスというと、自由に働いているイメージがありますよね。特に会社員で、身のまわりにフリーラ…

  7. 「分かりにくさ」という参入障壁・ブルーオーシャン

    自社をアピールするには「分かりやすさ」が一般的に求められます。誰に向けて、どんなメッセージを…

  8. 小学生から始まり、社会人へ

    小学校から始まる学校の勉強、カリキュラムがキッチリ決まっています。■学習指導要領によ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP