menu

顧客要求という宝物と、変化する力

フリーランス、あるいは起業家には、大きく2つのタイプがあると思います。
今日はその2つのタイプと、顧客の要求に関してです。

 

2つのタイプ

フリーランスや起業家には2つのタイプがあると思います。
自ら商品・事業を作り上げることができる人と、
顧客の要求に応じて自らを変化させることのできる人です。

本当は両方のスキルを身につけられればベストなのですが。
私が顧客企業の支援を行う場合、前者(商品・事業のイメージ)は社長が持っています。
私が支援することは、それを具体的な形にしていくところか、
あるいは後者の顧客の要求を取り入れて社長の持っているイメージを変化させることです。

そのためか、私自身は前者の力よりも後者の力が強いと感じています。
元々、大企業で商品企画に居たのですが。。(涙)

それゆえに自分自身の事業の形を創造することができず、悩んでいたのです。
ただ、後者の力があるから良い、とアドバイスをいただきました。

 

顧客要求を変化する力に変える

私は今、顧客ごとに行っている仕事が大きく異なります。
そのため、たまに「自分の事業って何だ?」「自分は何によって知られたいのか?」という疑問に取り付かれていたのです。
その結果、上記の悩みを抱えていたのです。

一方で、顧客ごとに発揮しているスキルが大きく異なるというのは、
自分の強みでもあると感じるようになってきました。

顧客ごとの要求を受け止め、それに応じて自分自身を変化させているからです。
それに同じ顧客であっても、事業の状況や時代の変化に応じて、要求も変わっていきます。
そのとき、自分が変化できなければ、顧客の変化に対応することはできません。

顧客の変化を市場の変化としてとらえ、自ら商品・事業開発できるとベストなのですが。
そうやって考えてみると、顧客要求というのは、自らを変化させるキッカケをくれる宝物ですね。

 

2つのタイプの特徴

自ら商品や事業をデザインすることのできる人は、事業の立ち上がりを早く行うことができます。
いち早く自分のデザインしたものを世の中にリリースできるからです。

一方、顧客要求を取り入れることのできる人は、立ち上がりは遅いかもしれません。
しかし市場の変化をとらえ、それによって自らも変化することができます。
生物界の常識として、強いものではなく、変化できるものが生き残る、というのがありますが、
ビジネスの世界でも、変化できることは一番の強みなのかもしれません。

実際には2つのタイプの特徴を知りつつ、必要な力を適宜、
身につけていくしかないんでしょうけれども。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
先日、ランチミーティングをした人からいただいた言葉を元にした記事でした。
このところ少し人と会う機会を増やしつつありますが、やはり良いですね!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ダイレクトメール垂れ流しの会社から思うこと

LSDでフルマラソンに耐えられるカラダを作る

関連記事

  1. 人柄で応援したくなる

    こんばんは、duckです。今日は23時から、中小企業診断士2次試験対策の勉強会がありました。スカイプ…

  2. ライバルを設定することで、成長を加速する

    他者と競争するよりも、過去の自分に打ち勝つこと。自分らしく生きることを追求するなら、それが基…

  3. 3Knot CLUB次回イベント決定 #557

    おはようございます。渋屋です。「3Knot CLUB」の次回イベントが決…

  4. コンサルタントのノウハウをつかむ!『年間報酬3000万円超えが1…

    今回は、経営コンサルタントを目指す方にご紹介したい本についてです。…

  5. 中小企業診断士が自分の強みを発見するために

    私は中小企業診断士を取得した後、悩みに悩んでいました。戦略、マーケティング、財務・会計、情報シス…

  6. 仕事を分類して目標を立てる

    そろそろ1年の振り返りや来年の目標を立てる方が多いのではないでしょうか。■ひとりで働…

  7. なぜフリーランスは会社員をディスるのか?(サラリーマンは本当にオ…

    元会社員のフリーランスが会社員をdisっているところを、TwitterなどのSNSで良く見かけます。…

  8. 「職人としての実力」≠「稼ぐ力」

    昨日の記事にて、自社の強みを「自社からの視点(自己満足)」で表現するか、「顧客の言葉」で表現する…

最近の記事

PAGE TOP