menu

無茶な目標を掲げてから、今日までにやってきたこと

いよいよ、「五島長崎 国際トライアスロン」当日になりました。
つい3週間前まで、このレースのことを思うだけで胸が痛くなり、逃げ出そうと思っていました。

でも、何とか逃げ出さず、レース会場までたどり着きました。
まだ結果は出ていませんが、荒唐無稽な目標を掲げてから、今日に至るまで、何をしてきたのか?を振り返っておきます。

 

プロに教わり、型を知る

何事も一気に成長しようと思ったら、プロに教わるのが一番です。
それも、自分がやるプロではなく、教えるプロに。

私はこれまでトライアスロンLUMINAが主催する合宿に2回ほど参加しました。
他にも早朝のバイクレッスンを受けに行ったり、海での泳ぎ方を習いに行ったり。

自分で試行錯誤するよりも、圧倒的に時間の短縮にもなります。
そこで正しいやり方のイメージを作ることと、帰った後、ひとりで練習するやり方を知るのが、一番の目的です。
その場の時間より、ひとりの時間の方が多いですから。

一言で言えば、「型」を知ることですね。
そのためにプロに教えてもらいに行っています。

 

基礎を繰り返す

プロに教わった「型」を、自分のカラダに染み付かせるよう、繰り返すのです。

私の場合は、バイクが苦手なことが分かっていました。
ローラー台を購入し、自宅でもバイクをこげるようにしました。
その上で、プロに教わった基本のペダリング(こぎ方)を、少しずつ繰り返したのです。

また、以前からやっている体幹・動きづくりのトレーニングに、バイクバージョンを足しました。
これらによって、少しずつバイクに対応できるカラダを作ってきました。

ランニングのときも、体幹・動きづくりのトレーニングを繰り返したことが、
1年も経つと成果として現れてきました。

今回はそんな時間はありませんでしたが、やらないよりはマシなはずです。
何事も基礎が大事なので、突拍子のないことはせず、ひたすら基礎を繰り返しました。

 

 

石の目を突き、自信をつける

上述した基礎の繰り返しと重複するのですが、
私にとって、トライアスロンを制するために必要なのはバイクの克服でした。

短期間に成長しなければいけない以上、無駄な時間は使えません。
最も効果のある石の目を突いて、練習をする必要があります。
それが私の場合は、バイクでした。

基礎を繰り返しても、自分の成長を感じなければ、自信を持つことができません。
自信を少しでもつけるために、100kmを超えるロングライドを行ってきたのです。


(このときは、道を間違えましたが、その後にもう1度行ったときは、間違えませんでした)

と言うわけで、プロに教わり、その基礎を繰り返し、(多少の)自信を積み上げてきました。
3週間前のように、「絶対にムリ」とは思わず、「ひょっとしたら最後までいけるかも」くらいにはなりました。

この学びの成果を、試してきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
さあ、行ってきます!!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

できる人は、静かに猛スピード。できない人は、、

五島長崎 国際トライアスロン(バラモンキング)の特徴【バラモンキング2015完走記①】

関連記事

  1. 景色は最高だが、意外とキツイ?陣馬山トレイルレース体験記

    昨日、陣馬山トレイルレースに出てきました。このところ週末は雨やら台風やら、天気が荒れまくっていま…

  2. 身体もビジネスも、成長の肝は同じ

    昨日、バイク(自転車)をもっと上手くなるために、個人トレーニングを受けてきました。さすがプロ。あ…

  3. 単価の高い人を買おう #670

    こんばんは。渋屋です。今日は午前中、会社を休んで、3度目となるランニング…

  4. 「箱根駅伝の応援」を見ていて感じたこと

    ここ数年間の恒例行事となっていますが、箱根駅伝を沿道で応援してきました。ちな…

  5. レベルの違う世界に行って気づいたこと

    今日は、久しぶりのバイクトレーニングのイベントに参加。そこで全くレベルの違う人たちに会い、口が開…

  6. 人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その1)

    今日は、人生2度目となるハーフマラソンに参加してきました。偶然にも、1度目と同じ神奈川マラソン。…

  7. バイクが肝!180.2kmの戦い【バラモンキング2015完走記④…

    6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン…

  8. 高速 pDCA #643

    おはようございます。渋屋です。■ランニング仲間の行動の早さに驚愕!マラソ…

最近の記事

PAGE TOP