menu

あなたの自宅(事務所)にプリンタは不要かもしれない

私の自宅(事務所兼用)には、プリンタがありません。
独立したら必要になるかな?と思っていたのですが、
今のところ、なくても困っていないのです。

何年か前までは持っていましたが、年賀状しか印刷しないので、
インクが詰まってしまいました。。
で、古くなったのと、壊れたのをキッカケに捨てたのです。
それ以来、自宅にプリンタはありません。

 

そもそも印刷する必要があるか?

私が常に自分に投げかけている質問です。

昔は、どこかに行くために地図を印刷することなど、多々ありました。
今は地図に関しては、Googleマップで事足りてしまっています。
(むしろ、Googleマップの方が便利)

ファイルもDropboxやGoogleドライブに入れておけば、
パソコン、スマホ、タブレット、いつでも確認することができます。

気になるWebも、EvernoteやPocketに入れておくことで、
後から確認することができてしまいます。

そのように考えると、自分のために印刷する必要というのは、
(私の場合)ほとんどなくなっているのです。

私が印刷するときは、誰かのために作成する資料の確認がほとんどです。
(なぜか、紙で印刷した方が、ミスや修正案が見つかるんです)

 

それでも印刷したいときは

上述のように、ペーパーレスは、かなり実現しやすい環境が整ってきました。
それでも印刷が必要なときはあります。

こんな記事を書いている今日、数10枚は印刷をして、
資料にミスがないか?赤ペンを入れまくったりしたのでした。

印刷したくなったとき、私は、セブンイレブンなどを活用しています。

  • 文書プリント
    USBメモリやSDカードなどのメディアにデータを持ち込み印刷します
  • ネットプリント
    ネット上に、印刷したいデータをアップロードしておき、印刷します
  • コピー
    普通のコピーです

ただ、一般的にコンビニの複合機には、自動原稿送り機能がありません。
コピーをする場合、1枚1枚セットする必要があるので、
10ページを超えるような文書をコピーするときは、注意しましょう。
(結構、時間がかかります)

さらに、しっかり製本などをしたいときもあるでしょう。
見栄えがキッチリしたセミナー資料を配布したいときなどです。
そのようなときは、キンコーズを利用しています。

 

すぐに印刷したいニーズが頻出するなら、購入を検討

外出する時間、プリンタの保有・運用コストを考慮しても、
プリンタが必要な場合、そのときは購入すべきときでしょう。

ランニングコストを考慮すると、インクジェットではなく、レーザーを検討した方が
良いこともあるでしょう。

最初から選択肢を狭めず、自分のニーズに合ったものを購入したいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
昨日と今日、高い集中力でフル稼動しました。
やり切った感で、今は脱力しています。。
その後、今晩は旧来からの友人と会食。やっと独立の報告ができました。
素敵な独立祝いをいただきました。感謝感謝です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

「日常の引力」は、自分のなかにあった

フリーランスは仕事のインフラを二重化しておく

関連記事

  1. 社外CIOを利用して、事業にITを活かしましょう

    IT(情報システム)活用の重要性が叫ばれつつ、なかなか経営とITを結びつける人材の育成が進んでい…

  2. マイクロソフトとアップルの本当の功績とは?

    こんにちは、渋屋です。今日はとあるソフトウェアメーカーのカンファレンスに…

  3. 第6回「ITでスモールビジネスを元気にする会」はkintoneセ…

    先週木曜日のことですが、第6回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。&…

  4. 紙の本と電子書籍はどちらが良いのか?

    実に良く聴く議論の1つ。「紙の書籍と電子書籍(Kindleなど)とどちらが良いか?」私は、こ…

  5. マイナンバーで新たに事務処理が生まれるツラさ・・

    「マイナンバーって、余計に事務処理が重くなっただけなんじゃないの?」経営者やフリーランスは思…

  6. レンタルサーバって何ですか?(その前にサーバとは?)

    自分でブログやホームページを立ち上げようとすると、「レンタルサーバ」という言葉が出てきます。でも…

  7. Facebookを利用して、スマホ・インターネット・情報セキュリ…

    ITに強くなるため、具体的に何をすれば良いのか?シリーズを書いています。第1回は、スマホとGoo…

  8. メールの誤送信を防ぐには?手軽に安全を保とう

    文部科学省がメールを誤送信した問題で、対策のために「機密情報は紙でやりとりする」というニュースがあり…

最近の記事

PAGE TOP