menu

かつてない買収ニーズがやってくる!求められるプロフェッショナル像は?

あなたもご存知の通り、日本は超少子高齢化社会を迎えています。

総人口の推移と年齢階級別構成割合

2014年版中小企業白書より抜粋

2011年以降、人口が急激に減少し、高齢化もますます進展しています。
これを企業経営の観点から見てみます。

 

経営者の高齢化が激しく進んでいる

日本全体が少子高齢化していますので、当然のことながら、経営者も高齢化が進んでいます。

年齢階級別自営業主の推移

2014年版中小企業白書より抜粋

1982年頃、自営業者の中心は30代・40代でした。
それが年々、高齢化が進み、2012年には60代・70代が中心になっています。

 

増える事業承継のニーズ

こうなると、いよいよ事業承継をしなければならなくなります。
しかし、実際には後継者が見つからないなどの理由で、事業承継が進んでいないことが分かっています。

将来の事業低迷が予想されるものであるならば、廃業の判断もあるのかもしれません。
その一方で、魅力ある事業であるにも関わらず、後継者が見つからなかったり、
事業承継のやり方が分からなかったりして、事業承継が進まないとするならば、
それは社会損失でしょう。

少子化が進んでいるということは、親族への事業承継が進まないことも示しています。
だとすると、外部の人への事業承継も視野に入れた検討が必要になってきます。

このようにマクロ環境を眺めてみると、今後は買収(M&A)が進む条件が
整ってきたように感じます。
買収を上手く進められる会社は、社会のニーズにもマッチして、
いち早く成長するのではないでしょうか。

 

プロフェッショナルチームが活躍する場

買収を進めるには、相応の知識・経験が必要になります。
その事業の価値を評価することから、法的な手続きまで。
さらにはスムーズな事業承継と、既存事業とのシナジーを生み出すようなことも。

経営・マーケティング・財務・法務・人事 etc、様々な専門家が集まって
チームを作り、1つの目標に向かって連携していく。

私は、こういうところこそ、今後の専門家が活躍するフィールドだと思っています。
昨日の記事(税理士と会計士が消滅した国から学ぶこと)で書きましたように、
ルールに書いてあることを忠実に守るだけの仕事は、
どんどんシステム化されていくと思うのです。

人口構造が大きく変わり、システムができることも革命的に変わってきています。
この時期に士業を中心とした専門家が、どう変わっていくのか?
社会問題を解決できるのかどうかの、大きな岐路に立っていると思うのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
4月からの新しい仕事。
色々と新しい経験をさせていただいており、楽しいのですが、まだまだ慣れておらず。
トライアスロンの練習から遠ざかってしまっています。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

税理士と会計士が消滅した国から学ぶこと

ストレッチを10ヶ月間続けた3つの効果

関連記事

  1. 強みは顧客が決めてくれる

    先日、ようやく納得したというか、腹落ちしたというか、そういうことがありました。自分の「強み」につ…

  2. 中小企業診断士を取って独立を目指すなら、安易に実務補習を受けない…

    中小企業診断士の受験を突破すると、すぐに診断士になれるわけではありません。診…

  3. ディスカッション #135

    こんばんは、duckです。今日は中小企業診断士、実務従事の1日でした。今回で3回目の実務ですが、診断…

  4. 勝ちパターンを見つけ、実践することがスキルアップや経営の肝

    ある方から、「何でそんなにコツコツ続けられるんですか?」と聴かれました。例えば毎日ブログを続けて…

  5. 社長はどこまで学ぶべきか

    『V字回復の経営』などで有名な三枝匡さんが、とある場所で「日本の社長は不勉強すぎる」と漏らしていたそ…

  6. 時間とお金の使い方を根本から変えたい

    このところ時間とお金の使い方について、改めて考えなおしています。もう1段、高いレベルに上がらない…

  7. 「大」企業内診断士が意識したいこと

    こんにちは、渋屋です。今日は中小企業診断士が、社長に適切なアドバイスをするために気をつけたい…

  8. 弱みを放置すれば、組織は死に向かう

    かつての日本は量産型ザクの大量生産的な教育を施していました。同じくらいの平均点を取れる人間を作り…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP