menu

顧客別の売上を求める方法

おはようございます。渋屋です。

顧客別の利益を求めるためには、顧客別に売上高と原価を求める必要があります。「利益=売上高ー原価」だからです。

今日は顧客別に売上高を求める方法を書きます。

 

まずは会計データや請求書データを準備

会計システムに補助科目や摘要として顧客名が入っていれば、会計データを利用することができます。売上高の仕訳データを抜き出せば、Excelで集計できます。会計システムからCSVファイルやExcelデータを抜き出す方法は、各会計システムで確認してみて下さい。

会計データに顧客名が入っていない場合には請求書データを活用します。請求先名が顧客名、請求金額が売上高になっているはずですので、それを集計すれば同じことができます。

 

Excelで顧客別の売上高を集計

実際にデータを抜き出すと下記の図のようになります。

 

図2-2-1a

 

年間全てを通して集計すると、以下のように顧客別の売上高が求められます。

 

図2-2-1b

 

売上を求めるのは、そう難しいことではありません。

今日は短めですが、ここまでです。次回は、利益を求めるための次のステップ、顧客別の原価を求める方法に触れたいと思います。原価を求められれば、「利益=売上高ー原価」 ですから、利益が求められるようになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日から少し生活リズムを変えています。昨日は夜、仕事(週末起業の方)に没頭してしまい、結局、夜更かししてしまったのでした。。今日はもう少し良くなるハズです!(^^;

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

システム導入が簡単になった今、やるべきこと

ペルソナの設定はやっぱり大事だった!

関連記事

  1. 「出来る」と「出来ない」は、すごく僅差かもしれない

    何かが「出来る」、「出来ない」の差はとてつもなく大きく感じます。しかし、実はその差はすごく僅差な…

  2. 「感動中毒」にご注意を!

    Facebookで投稿されていた、とある記事を読んで、思わずウルウルとしてしまいました。人が困難…

  3. 旧態依然の会社は、優秀な人から去っていく

    変わる会社は、加速するように変化していき、変わらない会社は、化石のように、まるで変わらない。…

  4. 小さな違和感を大切に

    昨日のブログで「悩んでいる」と書いたところ、何人かの方から直接心配のご連絡をいただいてしまいました。…

  5. 経営は結局、「人」に行き着く

    様々な会社を支援してきて、経営は結局、人だなぁ〜と思います。業績を追うほど、…

  6. ソフト資源を強化するメリット

    こんばんは、渋屋です。四国より自宅へ戻ってきました。その前に今日は金比羅山を昇り、うどん作り…

  7. 事業の目標と、人生の目標を一致させる

    昨日の記事では、人生の質(QoL)にも経営にも、仲間の存在が重要であることを書きました。…

  8. 選挙の前に政治家の選択基準を持っておきたい

    もうすぐ選挙ですね。皆さんは、政治家をどのように選んでいますか?ドラッカ…

最近の記事

PAGE TOP