menu

昨日の自分を超えたい。他者との競争は関係ない。

こんばんは、渋屋です。

今日はふと思ったことを書きます。

 

他者との競争が苦手

日々、それなりの大きさの企業でサラリーマンをやっていると、何らかの形で他者との競争が発生します。競争が発生したときに、それをどう捉えるのか?2パターンに分かれるでしょう。

1つは、競争をモチベーションにして頑張るタイプ。もう1つは、できれば競争を避けたいタイプ。私は後者なんだろうなぁ~と最近、感じています。特にスポーツなどではなく、会社で起こる競争というのは、それによって得るものが名誉であったり、地位であったり、あるいは権力のようなものになります。そういうモノに対して、勝ちを狙ってガツガツ頑張ることが嫌なのです。

仕事の成果は、お客様を筆頭に、自分が貢献した相手が評価してくれるものだと考えています。そして自分自身の評価が大切だと。評価を下すのは、上司でなければ、社内の外野でもありません。名誉も、その他のモノも、この評価の結果としてついてくるものであって、顧客に関係のないところで行われた競争によって得られるものではないのです。(と私は考えています)

 

興味があるのは自分の成長

そのような考え方だからでしょうか。私の興味があるのは、他者との競争ではなく、自分の成長です。仕事を終えたときに自分なりに高評価を与えることができるか?前回の仕事よりも相手を満足させることができたか?です。

他者に勝つよりも、自分の成長を実感することの方が、私にとってはずっとずっと大切なのです。考えてみると、マラソンというスポーツに惹かれたのも、そういう私の特性によった、自然な流れだったのかもしれません。

 

そして昨日の自分を超えていく

結果的に、私は他者と競争するのではなく、昨日の自分と競争しているのだと思います。もう子供ではありませんから、何の努力もせず、自然に生きているだけで、昨日の自分に勝つことはできません。何もしなければ、アタマもカラダも(比喩的な面を含めた)筋肉が落ちていき、むしろ簡単に負けてしまいます。

自分との競争は、自らをしつけ、チャレンジを必要とします。だからこそ、昨日の自分を超えていくことは、最高に面白いのではないか?と思うのです。

 

成長社会を前提として作られたのではないかと思われる「競争」。
これに何となく嫌気がさしている方は、一度、競争相手を自分に変えてみてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

ふと気付けば、このブログも連続更新900日を超えていました。今日で903日連続更新です。日々、読んで頂ける皆様のおかげです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

シンプルが好き

中小企業診断士:1次試験を控えた方へ

関連記事

  1. 【履歴書】積み上げ式の発見 #592

    おはようございます。渋屋です。今朝は涼しくて過ごしやすい気温です。あっという間に季節は秋…

  2. 生活リズムを整えるには・・・

    こんにちは、duckです。桜が咲いているのに、どうにも寒いと感じています個人的には、もうちょい暖かく…

  3. 弱い自分に「ゼロ秒思考」で立ち向かおう

    こんにちは、渋屋です。ようやく風邪のピークを越えたようです。つらさが半減してきました。明日、明後…

  4. 新しい名刺 #306

    おはようございます。duckです。先週のブログでポチをして下さった方、ありがとうございます!このブロ…

  5. 自分の強みが分からない。だったら人に聞いてみよう!

    こんにちは。渋屋です。メモを書いてみたら、「自分の強みが分からないこと」が分かってしまいました。…

  6. 様々な出会い

    今日はT○CのT先生が主催する、経営研究会に行ってきました。昨日の交流会もそうですが、どんどんと名…

  7. 楽しく、笑顔に #484

    こんばんは。渋屋です。昨日は遅くまで仕事が終わらず、自宅に帰ってから中小…

  8. 目の前の仕事に集中する #251

    おはようございます。duckです。九州に出掛けていたせいか、この2~3日で急に冷えてきた気がします。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP