menu

自分を支えてくれる時間

こんばんは、渋屋です。

 

ようやく、ある仕事のピークを1つ乗り越えました。

下手すると宿題が残ると思っていたのですが、上手く対応できたようで、残課題もなく終わったので何よりです。

 

今日乗り越えた仕事を通じて感じたことがあります。

「前もって第2象限に投下していた時間は裏切らない」、ということです。

 

第2象限の時間とは?

しばらく、第2象限の時間について書いていないので、簡単にまとめます。

この考え方が紹介されたのは、古典とも言える『7つの習慣』です。(最近、完訳として新版が出ました)

 

この本で紹介された時間管理の考え方で、時間を「重要か?そうでないか?」「緊急か?そうでないか?」 で4つに分類します。

・第1象限・・・重要で、緊急な仕事
・第2象限・・・重要で、緊急でない活動
・第3象限・・・重要ではないが、緊急な仕事
・第4象限・・・重要ではなく、緊急でもない仕事

私たちは、ついつい緊急な仕事に振り回されがちです。

重要で緊急な第1象限の仕事は仕方ありませんが、重要でないのに緊急な第3象限に追われることが多いのではないでしょうか。

 

私の例を1つ挙げると、毎月の月初に月末処理が入ってきます。

部下の経費清算や勤怠の承認など、期限を守らないと支払の遅れや残業代に影響するので、期限を守らなければなりません。

未来を創造したり、価値を高める仕事ではありませんので、重要度は低く、明らかに第3象限の仕事です。このような仕事に毎月の初め、追われることになります。

 

第2象限に投下した時間

昨年度、それなりに多くの時間を使って、未来につながる仕事をしていました。つまり第2象限の仕事です。

これらを積み重ねていたことが、今回、功を奏しました。

ある仕事が急に入ってきたのですが、これらの下準備があったため、急な対応だったにも関わらず、上手く乗り越えることができたのです。

 

今回のような仕事が入ってくる想定はしていなかったのですが、この第2象限の時間で準備していたアウトプットは、多方面で活用されるようになってきています。

 

やはり、第2象限は裏切らないなぁ~、と。

 

時間マトリクスでタスクを分類

私は一時期、自分がやらなければならないこと。やりたいことを全て、上記の時間の分類と共に書き出していました。

 

毎日のブログは第2象限。

ストレッチや体幹トレーニングも第2象限。

○○の承認は第3象限。

△△の検討は第1象限。

 

というようにです。

意図して、毎日第2象限のタスクを、その日の早めの時間に行うようにしています。

 

 

第2象限の時間が将来の自分を作ります。

毎日10分でも、第2象限の時間を使っていきたいですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仕事のピークだったので、他の第2象限全てがギリギリです。。。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

プロとしての条件

幸せの条件を因数分解すると・・・

関連記事

  1. FAXより、もっとやめて欲しいのは電話!

    少し前に、もうFAXはやめてくれという、悲痛の声を書きました。「FAXでお申し込み下さい」とか書…

  2. 私の稼動実績(時間の使い方)をシェアします

    毎日、どのくらい働くのが理想ですか?■独立すると、その理想値を決めるのも自分次第です…

  3. 【独立のリアル】ヒマな時間を楽しめるか?が1つの分水嶺

    朝9時から夜6時まで働く。これが一般的な会社員のリズムでしょう。独立したときには、この一…

  4. 生活の充実度と会社の関係

    昨日、周りの方と話をしていて、生活・過ごした時間の充実度こそが重要という見解にいたりました。その…

  5. 時間密度が明らかに変わってきました

    2月頃から、明らかに時間感覚が変わってきたのを感じています。明らかに詰め込ん…

  6. 時間とお金の使い方を根本から変えたい

    このところ時間とお金の使い方について、改めて考えなおしています。もう1段、高いレベルに上がらない…

  7. 本当に大切なものを大切に出来ているか?

    このところ、自分としては精一杯、ビジネスモードのアクセルを踏んでいたのですが、「本当に大切なもの…

  8. チェックリストの効果 #633

    おはようございます。渋屋です。いよいよ今度の週末に、初マラソンが迫ってき…

最近の記事

PAGE TOP