menu

IoT市場を狙いに行く各社

2014年3月、米ゼネラル・エレクトリック(GE)や米シスコシステムズや米IBM、米Intel、米AT&Tの5社が、Internet of Things(IoT)の普及推進団体を設立しました。

既に40社近くにメンバーが増えてきており、その目的は会員企業同士でプロトタイプを作成したり、標準規格を提案していくことで、IoTの普及を推進していくことです。

 

Internet of Things(IoT)とは、非常にザックリ言ってしまえば、リアルなモノとネットの融合です。
モノにセンサーなどのデバイスをつけてデータを収集し、それらのデータをネットで分析して価値を生み出していきます。

 

例えば、身体や服に埋め込められたセンサーが、身体の動きや体温、汗などを収集することで、健康に関する情報を提供するサービスが提供できるようになるでしょう。

このとき、服(繊維)にセンサーを埋め込むためには、繊維の専門家が必要でしょうし、データを収集・解析するためにはITの専門家が必要です。さらに、言うまでもなく健康に関する情報を提供するためには、医者や栄養士、スポーツトレーナーなどの専門家が必要になるでしょう。

 

これらの専門家が急に集まるのは難しいので、このような普及推進団体が設立されたものと思われます。

複数の専門企業が集まることで、新しいアイデアを誘発しやすくなり、そこに対して、投資する企業も出てくることと思います。テストを通じて、ノウハウを蓄積した企業が、IoT時代の新しい専門企業として、事業領域を拡大させていくことと思います。

 

ところで、この流れに反して、1企業のまま先を行こうとしている企業があります。米アップルです。

アップルは上の例で挙げたように、健康分野に関するIoTに真剣に取り組んでいます。既に各専門家をアップルへ引き入れていて、各種研究を進めています。

iPhoneの次のバージョンでは、このようなヘルスケアに関するアプリケーションが標準実装されるという話もあります。

 

おそらくですが、既にiPhoneという強力なプラットフォームをもっている立場ですから、ヘルスケアという明確な目的がある限り、団体に所属するメリットを感じていないのかもしれません。

 

米グーグルも同様に団体には入っていません。

ただ、アップルがヘルスケアという明確な目的を持っている一方、グーグルは何を目指してGoogle glassなどを開発しているのか?なかなか具体的なソリューションが見えてきていません。

 

1社で突き進むアップル、グーグル。

連合軍を作りつつ、相乗効果を狙う各社。

これらのせめぎあいが続きながら、IoTの市場は確実に大きくなっていくでしょう。

 

あなたの会社は、どの分野から攻め込みますか?

今日のウルトラマラソンを断念した今、思うこと

プロとしての条件

関連記事

  1. インテグレーターの新しいカタチ

    先月、米サンフランシスコで開催された「AWS Summit 2014」。Am…

  2. 創刊号:システムインテグレーションビジネスの終焉?

    2013年10月、NTTデータがクラウドブローカー(※)サービス「マルチクラウドインフラ提供…

  3. メッセージングアプリ買収の裏側

    2014年2月14日、楽天はスマートフォン向けの無料通話・メッセージングサービス「Viber」を運営…

  4. クラウド事業者を見極める

    米国のIaaS(Infrastructure as a Service)市場で2番手に位置するラック…

  5. 人工知能に注力する各社

    6月5日、ソフトバンクは感情を持ったパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を発表しました。…

  6. クラウドを取り囲むエコシステム

    先月、米サンフランシスコで開催された「AWS Summit 2014」。Amazon Web S…

  7. SNSを使っていて不思議だと感じること

    2008年頃にTwitterやFacebookなどのSNSが日本上陸し、今やSNSはなくては…

  8. 顧客ニーズを捉えたサービス

    株式会社リンクは、12年間のホスティング事業を通じた仮想化技術・運用技術を活かして、2008年にクラ…

最近の記事

PAGE TOP