menu

今のコアスキルは無視しても良いかもしれない

こんばんは、渋屋です。

 

今日は月に1回の起業家が集まるワークショップでした。

5回目の会だったのですが、メンバー同士の理解も進み、ますます良い活動になってきています。今日もしっかりと良いモノを得てきました。

 

過去のスキルは捨てるつもりで

この起業ワークショップを通じても、あるいは日々活動する中でも、最近気付いたことがあります。

 

過去に得たスキルにこだわりすぎているのでは?

 

と。例えば、私の例で言えば、もう20年近く携わっているITのスキルです。

これにこだわりすぎる余り、他の領域でキャリアアップしようという発想がなかなか出来ませんでした。

でも、そんな過去のスキルは捨てるくらいのつもりで丁度良いのかも?と思い始めました。

 

コアスキルは勝手についてくる

というのも、私が全く未経験分野に向けてキャリアアップしようとも、今まで身につけたコアなスキルは、勝手についてくると思っているからです。

例えば、畑違いの小売業に手を出したとしたら、商品の売れ行きデータ分析とか、顧客情報分析とかを行うでしょう。ホームページも地元住民の方に見つけやすくして、迷わずに来られるような地図をつけるでしょう。それが私にとっては自然なことだからです。

 

上記は私の例に過ぎませんが、同じように、誰もが自分の専門分野からは外れる方向にキャリアアップしたとしても、コアスキルは自然と着いてくるのでしょう。

 

根底で他分野の仕事もつながっている

もう1つ、 思っている以上に他分野の仕事であっても、根底でつながっていることが分かってきたからです。今日参加したワークショップでも、全く畑違いに見えるお二人が会話していると、思いもよらぬところでスキルや人脈がつながっていることが発覚しました。それも1度や2度でなく。

このワークショップに参加されている方々は、各分野で高い経験をお持ちです。それぞれの分野で仕事を深く掘り下げていくと、意外と共通点が出てくるのかも。

 

であるならば、今のスキルを捨てるつもりで、他の分野に大きくジャンプしてみても、実は今持っているスキルがかなり役立つのでは、と思っています。

 

過去に身につけた現在のコアスキルを捨てるくらいのつもりで、やりたい分野に思いきり飛び込んでみる。

すると結果として、他のスキルを身につけながら、現在のコアスキルも活きてくる。

自分の働く分野を、もっともっと自由に選んでも良いのかもしれない、と思ったのでした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

起業ワークショップも、来月で最後です。もっともっと自分を昇華させたいと思います。

そのためには行動あるのみ。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

何でも語れる仲間は居ますか?

人生もドルコスト平均法のように

関連記事

  1. カラダが資本だと痛いほど分かった1週間

    こんばんは、渋屋です。情けない話ですが、もう1週間、風邪でまともに動けていません。さすがに3…

  2. アタリマエの環境 #320

    こんばんは。duckです。ブログがなかなか朝に戻せないです。すっかり生活が夜型になってしまっているの…

  3. 2016年の勝手に振り返り

    あと2日で2016年も終わりですね。いきなりですが、今年の振り返りをしてみます。ほぼ、と…

  4. 遠足を迎えた子供のように

    おはようございます。渋屋です。今日はつくばマラソン。昨日の土曜日から、気持ちが昂ぶって目が覚…

  5. 身体は正直

    今日は先週末に続いて、ジムで格闘技系のエクササイズをやってきました。診断士の試験勉強があり、7月頃…

  6. 何から変えるか? #389

    こんにちは。渋屋です。昨日は週末起業大學に参加してきました。前回もそうでしたが、今回も非常に有益な情…

  7. 単純にインプットが足らないだけ

    私はずっと、「自分の専門性は何か?」、「何を専門にしたいのか?」という疑問を抱きながら、この数年を過…

  8. アンテナ#137

    こんばんは、duckです。このところ、自分自身のアンテナの感度が落ちてることを感じています。1日…

最近の記事

PAGE TOP