menu

クラウド上のシステム、他のシステムと連携できる?

こんばんは、渋屋です。

 

一昨日から、クラウド上でシステムを稼動させるに当たって、注意点をご紹介しています。今日はその第3回です。

 

第1回:クラウドが抱える問題点

第2回:クラウドの情報セキュリティリスク

 

システム(アプリケーション)単体で考えない

システムを設計するとき、ついウッカリと後回しになってしまうことがあります。

他のシステム(アプリケーション)との連携です。

 

勤怠システムであれば、社員データベース(人事システム)と連携するでしょうし、

経費清算システムであれば、交通費を算出するために「駅すぱあと」と連携しているかもしれません。

見積システムと、顧客情報管理のシステムが連携しなければ、いつ?どの見積を顧客に提示したのか?手作業で確認が必要になってしまいます。

 

システム・アプリケーションという大袈裟なことを言わなくとも、デスクトップとファイルサーバも連携をしているわけです。

 

つまり、単体で動くシステム・アプリケーションは限られており、企業で使われる多くのシステムは、他のシステムと連携をすることが多いと感じています。

 

にも関わらず、システム設計をするときには、そのことで頭が一杯になってしまい、他システムとの連携については、後手に回ってしまうことが多いのではないでしょうか。

そのような場合でも、システムがオンプレミス(自社内で管理)であった場合には、さほどの問題にはなりませんでした。システム連携させる手法は、数多く存在するからです。

しかし、クラウドの場合にはそうはいきません。

 

クラウド上のシステム連携時の注意点

まず、ネットワーク帯域の問題があります。

オンプレミスのシステム間連携であれば、それは物理的にも同じ場所にあることが大半です。

同じデータセンター・マシンルーム内にシステムがあれば、LANで接続されていることになります。少なくとも企業内WANで接続されています。

 

しかし、クラウド上のシステムと、オンプレミスのシステムが連携するときには、インターネットを経由するのが一般的です。LANのように十分な帯域は確保できませんし、遅延も大きくなります。

つまり、大容量のデータを交換したり、高トランザクションのシステム間連携が難しくなるのです。

 

データを圧縮したり、不要なデータを送信しない仕様に変更する必要があるでしょう。

 

次にセキュリティの問題があります。

LAN上でシステム間連携をするときには、セキュリティを強く意識する必要は無かったかもしれません。

しかし、インターネット上をデータが流れるとなったらどうでしょうか?

 

機密データ等が流れる場合、平文で流すわけにはいきませんから、VPNを張るなどの対策が必要になってくるでしょう。

 

このような性能・信頼性・セキュリティを考慮した上で、最適なシステム間連携の設計をすることが求められます。

アーキテクチャレベルから変更になることも多いでしょう。

クラウド事業者が提供するシステム間連携方法は、(オンプレミスに比べると)限られた方法であることが多いためです。

 

このようにシステム連携(データ連携)実現に向けた制約条件やコスト増の可能性を考慮した上で、そのシステムをクラウド上で動かすか?を検討する必要があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仕事の後に、とある打ち合わせ。

このところ定期的にお会いしている方々で、毎回、刺激を頂ける場です。

私ももっと力をつけて、もっと貢献していきたいと思っています。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

クラウドの情報セキュリティリスク

クラウドはどこにある?

関連記事

  1. 新技術が出まくりですけど、別に使わなくても良いんです

    「ここは人工知能(AI)を使うところですかね〜」「こういうときは、拡張現実(AR)ってのが良いん…

  2. 第6回「ITでスモールビジネスを元気にする会」はkintoneセ…

    先週木曜日のことですが、第6回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。&…

  3. 「ITは苦手だから・・」は通用しなくなってきた

    公共系の仕事をすると、毎回、頭が痛くなることがあります。■今どき「紙」の文化だからで…

  4. IoTとSNSは、こんな感じに似ている

    インターネットの登場により、世の中の全てのヒト・モノ・情報がつながる土台ができました。私は以前か…

  5. 開発スピードが10倍・100倍加速している事実

    こんばんは。渋屋です。つい先日、ある企業向けのアプリケーションを見せてい…

  6. システムを3つに分けて理解する(ITインフラ、ミドルウェア・プラ…

    中小企業の支援をする上で必要な「情報システム」の知識をまとめるシリーズ。 中小企業診断士試…

  7. 通信手段がなくなり、焦らないために(ネットワーク二重化の勧め)

    連休前の5月1日。私は焦りました。ネットワークがインフラであることを思い知らされました。…

  8. ITに強くなるために、Facebookを使おう

    ITが苦手な人が、どうすれば強くなれるか?最初はスマホを使って、スケジュール管理することをお勧め…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP