ブログ

会社員が起業家に変わる第一歩 #442

おはようございます。渋屋です。

昨日は通勤講座を運営するKIYOラーニング代表の綾部さんから、
事業計画コンサルタントの平井さんをご紹介頂きました。

平井さんは多くの事業計画に携わる一方、
データ分析のスペシャリストとして書籍・セミナーもこなす、すごい方。

ここ最近の平井さんの著書(私も読んだもの)はこちらです。

データ分析できない社員はいらない/クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
¥1,659
Amazon.co.jp
データ分析の基本と業務 (仕組みが見えるゼロからわかる)/翔泳社
¥2,394
Amazon.co.jp


独立・起業に関するお話から、中小企業のリアルな現状、
現在手がけていらっしゃる事業のビジネスモデルなど、
多岐に渡ったお話をバシバシして頂きました。

その都度、綾部さんが本質的に突っ込んだ質問をされ、
質問に対する回答から、また話が広がっていくという・・・

私は話の広さ・深さに驚き、ほぼ聞いているだけでした(^^;
が、大変ためになる、楽しい場でした。
私も早く、「そっち側」に行きたいなぁ~と感じたのでした。

平井さん・綾部さん、ありがとうございました!!


その平井さんからアドバイス頂いた中で、
最も刺さったことは、

今、勤めている会社をクライアントの1社として見る

ということでした。

クライアントの1社として見れば、新たな感覚が身につけられそうです。

・対価(給与)に見合った価値を自分が提供出来ているのか?
毎月、自分が生んだ価値に関わらず、
一定の給与がもらえることが、非常識となる。
結果として、自分の日々の仕事を本質的に見直すことになります。

・時間効率の最大化が出来ているのか?
他のクライアント(私の場合は週末起業などです)に
迷惑をかけないために、
会社員業務は無駄に長引かせることをしない。
週末起業と会社員業務を並列に考えることになります。

・全てを経験に変える
今勤めている会社から得られる全てを
自分の経験・糧に変えていくマインドが生まれる。

これら全て、今までも私としては取り組んできたつもりですが、
これらをより昇華させる言葉として、

今、勤めている会社をクライアントの1社として見る

という考え方を自分に刷り込んでいきます。

これが、会社員が起業家に変わるための
最初のマインドチェンジなのかもしれないですね。

■終わりに
昨年の夏から痛みを感じている左肩が、
より痛くなってきてしまいました。

ランニングにも厳しくなってきたので、
どうしても運動量が減ってしまっています。

私にとっては運動は気分転換に必須の習慣ですので、
今日も通院ですので、再度相談してみます。

早く本気のRUNを復活させたいです(^^;

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

 


にほんブログ村