menu

動き続けると引力が生まれる #576

おはようございます。渋屋です。

 

昨日は終日、家族デーでした。

一昨日の『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』の感覚が残るなか、息子とつなぐ手に、素直に優しい気持ちを感じます。

一晩寝ても良い感覚が残るのだから、よほど印象的な体験だったのでしょう。

 

そのためか、外のパン屋さんで家族3人昼食を食べていたら、隣のおばあさんから、

「パパとママに愛されてていいね~」

と息子が話し掛けられていました。

他者から見て、そのような親に見られたことに、素直に感動してしまいました。

 

おかげで、普段なら息子(5歳)のメチャメチャな動きにムッとすることもあるのですが、昨日は終始、のんびりと見ていることができました。

 

ダイアログ・イン・ザ・ダーク』オススメです(笑)

 

鮒谷さんのコミュニティ立ち上げ実践講座に参加してから、早2ヶ月。

その間、ITトレンド勉強会や、3Knot CLUBの立ち上げを行ってきました。

 

まだまだ起業筋を鍛える必要がある段階なので、1回1回の勉強会・イベントを行うのに、大きな負荷が掛かります。

(それでも少しずつ負荷が減ってきていると感じるのは、筋肉がつき始めてきたからでしょう。)

 

私の周りには、多くの起業筋トレーニング中の方々がいらっしゃるため、多くの体験・情報共有ができています。

 

それにしても驚くのは、このようにして動き続けていると、自分を中心に引力が生まれること。

特に自分ではアンテナを張っていないつもりでも、情報が自然に飛び込んできます。

 

これはFacebookなどのソーシャルメディアが発達したことが1つの理由であるようにも思えます。

上述の通り、私の周りには起業筋を鍛えるべく、多くの方が新たなチャレンジをしています。

その様子をFacebookで見ているだけで、情報が飛び込んできます。

 

さらに、私が起業筋を鍛えている、と知った方が、親切にも情報を下さることがあります。

必死に小さな渦を巻こうとしている姿を見て、応援して下さるのです。

 

慣れない筋肉を使ってジタバタしていますので、傍から見れば、決して美しい動きではないことでしょう。

(そのような姿を、笑う人も出てくるかもしれません。)

それでも、もがきながら何かを掴もうとしている姿を見て、応援して下さる方がいらっしゃるのは事実。

私は応援して下さる方にしか、出会ったことがないので、本当にラッキーです。

 

動き続けると、小さな渦に引力が生まれ、応援して下さる人が現れる。

大事なことなので、忘れないように記しておきます。

 

■終わりに

事業用に申し込んでいた銀行口座が開設されました。

お金の管理を、プライベートと事業で完全に分けることが可能になりました。

テンションも上がるから不思議なものです(笑)

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

【3Knot】暗闇で感じる人の温かさ

イベントカレンダーを追加しました #577

関連記事

  1. 【独立のリアル】私が最初の仕事を得るまでに行ったこと

    今日で独立して4ヶ月が終わります。明日からは5ヶ月目です。そろそろ、この数ヶ月の動きをまとめ、人…

  2. 大きく考える #662

    おはようございます。渋屋です。■「大きく考え、小さくはじめる」とは?色々…

  3. 私がなぜ、ITトレンドの勉強会をするのか? #517

    こんばんは。渋屋です。今日から沖縄に来ています。少し早い夏期休暇…

  4. 脳に喜びを与えよう! #544

    こんばんは。渋屋です。昨日の記事(一流の人に会いに行こう! #543)で…

  5. 独立した中小企業診断士の仕事が分かりにくい理由

    今日からフリーランスとして働きます。会社を辞めるとき、「取った資格(=中小企業診断士)で働くんで…

  6. 診断士として、個人事業主になるか?会社を設立するか?

    こんにちは、渋屋です。先週に実施させて頂きました、「診断士の会」 で行ったパネルディスカッション…

  7. 手元の仕事で発見を

    こんにちは、渋屋です。このブログをお読みの方は、将来、起業を目指されている方が一定数いらっし…

  8. お金への欲望を隠さない方が健全に生きられるのでは?

    お金の話になると「がめつい」「汚い」という雰囲気を感じることがあります。場所をわきまえる必要はあ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP