menu

商売の基本プロセス #494

こんばんは。渋屋です。

 

何人かの方から、明後日に行うセミナーへの申し込みを頂きました。

本当にありがたいことです。

少人数セミナーなので、募集は終了させて頂きました。

 

今回、ご都合が合わなかった方も、次回以降、参加頂ければと思います。

 

商売をするには、どんな商売であっても通るべき、プロセスがあります。

普段、私たちが買い物をするときであっても、そのプロセスは通過しています。

 

有名なAIDMA(アイドマ)のモデルによれば、消費者は、

 

・その製品の存在を知り(Attention)
・興味をもち(Interest)
・欲しいと思うようになり(Desire)
・動機を求め(Motive)
・最終的に購買行動に至る(Action)

 

というプロセスを通過して、商品を買っています。

 

インターネット時代においては、AISAS(アイサス)モデルも当てはまります。

消費者は 、

 

・その製品に注意を喚起され(Attention)

・興味をもち(Interest)

・検索を行い(Search)

・購買し(Action)

・その情報を共有する(Share)

 

します。

 

大事なことは、これらの1つ1つのステップにおいて、消費者は

 

相手との信頼関係を構築している

 

ということです。

 

仮に興味をもって、検索をしたとしても、

出てきた商品や事業者が怪しければ、信頼することができず、行動はここで止まってしまいます。

 

インターネットで購買するときに限らず、面と向かってやりとりをする営業でも、同じことが言えます。

 

初めて会った営業から、何の躊躇も無く買い物をするほど、お客様は馬鹿ではありません。

お客様は、その営業や会社が本当に信じられるのか?プロセスを経ながら吟味しています。

 

にも関わらず、初回に会ったときから、「発注くださいよ!」という顔をして会う人が後を絶たないのは、なぜでしょう?

 

商売をするための基本が信頼関係構築であるならば、

 

・まずは相手が欲しいと思っている情報を渡してみる

 

というような、信頼を頂くためのプロセスを自分自身で設けるべきでしょう。

こちらから何も与えずして、信頼が得られるわけがありません。

 

何度も相手が欲しいと思っている情報を渡してみれば、相手のニーズ・好みも分かってくることでしょう。

そうすることで、より相手に刺さる情報を渡すことができるようになります。

 

明日に続けます。

 

■終わりに

仕事が山場に入っています。

そのプロジェクトのことばかりに集中してしまい、他のことを忘れがちになってしまいます。

チームを預かる身としては、集中だけでなく、全体俯瞰も忘れずにしなければ。。。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

売るのは難しい #493

顧客層と信頼関係 #495

関連記事

  1. チーム作りにおける、「発信」と「解釈」

    こんばんは。渋屋です。ここ数日書いてきた、小野裕史さんのセミナーからの学び。まだまだ書き…

  2. 「職人としての実力」≠「稼ぐ力」

    昨日の記事にて、自社の強みを「自社からの視点(自己満足)」で表現するか、「顧客の言葉」で表現する…

  3. 自分の理想の働き方 #502

    こんにちは。渋屋です。昨日は仕事後に走ろうと、最寄り駅のロッカーに着替え…

  4. あいまいな目標は効果がない

    最近の私自身のマラソン、トライアスロンの結果を見て、つくづく「目標って大事だな」と感じています。…

  5. セミナー講師やコンサルタントが最初に気をつけたいこと

    先日、私の知人が、「セミナー講師をする機会が増えたのでジムに通い始めた」そうです。この気持ち、良…

  6. 「私は欲張りです」と白状してみる

    突然ですが、私は欲張りです。ふと白状してみたくなりました。「全部で2位」…

  7. 新商品・サービスを展開するなら、まずは既存顧客から

    新しい商品やサービスを企画・開発すると、いきなり新規顧客の開拓から始めようとする例が後を絶ちません。…

  8. 横浜の企業を元気にしたい

    横浜に生まれて、横浜で育った身として、ずっと違和感を感じていることがあります。近くに素晴らしい街…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP