ブログ

自分の言葉を失った人達 #220

こんばんは、duckです。

今日は渦に巻かれた一日でした。週の頭から、とんでもない問題に巻き込まれ、気付けば終電に近い帰宅。
こういうときこそ、タスクと時間の管理で上手く凌ぎたいものです。


毎日、メルマガ「平成進化論」を読み、ブログを書いていると、自分の語彙力・表現力の無さに毎日悩まされます。少しずつでも、言葉に対するアンテナを高め、自分の心境・状況に近い言葉を紡ぎ出せるようになりたいです。

そんな思いを抱きながら、Facebookを見ていると、ある人がこんなことを書いていました。

・指示待ち症
・答え待ち症
・他人依存症
・他人不感症

「最近、こういう人、増えてるよね~」と、自分のことを棚に上げつつ見つめていたところ、

自分の言葉を失った人達なんだ!

と共通項を見つけてしまいました。そう考えると、

・(指示待ちではなく)自分から仕事を作り出せる人
・(答え待ちではなく)答えを探しに行く人、あるいは答えより問題に焦点を当てる人
・(他人依存ではなく)自立した人
・(他人不感ではなく)人に興味を抱く人

という人になるためには、自分の言葉を大切にしている人達である!ということが出来そうです。

世の中、効率重視になると、人もまるで機械のように使われてしまう一面があると思います。機械は話しません。自分の言葉は不要です。

自分の言葉を失う人が増えているということは、人を組織の歯車として、機械として扱っている組織が、まだまだ多いということでしょう。

さて、一体私は自分のチームの方々に対して、人として接することが出来ているでしょうか?

成果にこだわるあまり、大切なことを見失ってはいないか?自問自答する、良い質問を頂きました。

今日も少しだけ成長出来ました。感謝!!