menu

第4回「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました

昨日、第4回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。
初参加の2名を加えて、中小企業診断士4名、ツールベンダー2名、IT企業経営者・エンジニア1名(重複あり)という構成でした。
各参加者から見える中小企業におけるITの課題を共有する形で、自己紹介しつつスタート。

今回も様々な意見が出て、あっという間の2時間でした。
そんな意見のなかから、私が気になったものをご紹介します。

 

コスト削減よりも、売上拡大を

コスト削減を目的としたIT導入は、スモールビジネスには厳しい、という意見がありました。
例えば、今まで10時間掛かっていた作業が、IT導入によって1時間になったとします。
では、9時間削減できたからといって、具体的に「次の手」が打てるのか?というと、なかなかそうでもない。

大企業であれば、100人それぞれが9時間削減できたら900時間。
ボリュームにインパクトがありますので、減った業務を担当している部署を削減して、別の部署へ異動させるなど、次の手が打てます。

元々のボリュームがしれているスモールビジネスでは、
お金にせよ、時間にせよ、「削減」という手法に限界があるのでしょう。
この点、私も賛成です。
というよりも、私の企業支援のアプローチも、ここが原点です。

一般的に削減には、早晩、限界がきます。
1度はできても、継続して成長する仕組みにはなりません。

ですからコスト削減は別の方にお任せして、私は売上拡大の支援をするのです。
ITの利用に関しても同じことが言えます。
最初は分かりやすい効率化、つまり人の手間を省くためのIT活用から始めても構いません。
それでも、ゆくゆくは売上を伸ばすためのIT活用にシフトしてもらいたいと、常々考えています。

 

技術よりもストーリーを

次に「ITのことを語るから伝わらないんじゃね?」というご意見。
私たちは何らかITに興味を持っている集まりですから、ついついITのことを語りたくなってしまいます。
しかし、ITはあくまでも経営課題を何とかするための手段に過ぎない。
だとすれば、ブラックボックスのままで良いのでは?というものです。

技術的な解説は不要という意味では、私も賛成です。
少なくとも経営者にとって大切なのは、どんなシステム・ツールを使うか?ではありませんし、
そのシステムがどんなアーキテクチャで、どんなプログラミング言語で書かれているかも、興味ないでしょう。

それよりも大切なのはストーリーです。

観光地にある、とある飲食店が、紙伝票で会計(レジ打ち)していたところ、
繁忙期には、お客様をかなり待たせることになってしまった。
ひどいときは、会計だけに10人以上の列ができてしまうことも。

せっかく観光に来ているのに、会計や、店に入るための順番待ちに時間を割かせてしまうのは、申し訳ない。
店としても、もっと早く対応できた方が、回転率が上がって、売上が伸びる。
何とかならんのか??

というように。

こういう具体的なストーリーがあって、それを解決する手段として、ITがある(かもしれない)。
具体的な商品名も、技術説明も不要。
投資額やランニングコストがどれくらいか?
導入で苦労したことや、予想外に良かったことなどの方が大切です。

大事なのは、まずストーリーだと。
より具体的に言えば、経営課題であると。

第4回のなった今回も、中小企業がITを活用できない根本を探りました。
当然ですが、IT導入支援をする私たち自身が、変わらなければならないことを痛感しました。

最後に、この会で企画されて生まれたセミナーの情報を皆さんに共有しました。


ちなみに、ここでも「CRM」って書いてしまっているんですが、
メーカーのzohoさんに集客依頼するのに、書かないわけにも行かず・・(笑)

会が終わったあとは、いつものごとく場所を変え、懇親会へと。
と言いつつ、懇親会もずっとディスカッションの続きでした。
想いの強い人たちが集まって下さり、ありがたいです。

第5回は3月20日(火)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は、都内某所にて「売上拡大のためのIT活用3ステップ」をテーマに
セミナー講師として登壇してきました。
私のど真ん中のテーマなので、楽しく語らせていただきました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ルールをつくる側になるために必要なこと

思いがけず役員になってしまったあなたへ

関連記事

  1. レンタルサーバって何ですか?(サーバは自社で買うと大変!)

    前回は、「サーバ」が何か?をご紹介しました。ザックリとしたイメージはできたのではないでしょうか。…

  2. 「Virtual(ヴァーチャル)」を「仮想」と訳すから本質を見逃…

    「Virtual」を何でも「仮想」と訳すのは、間違いとは言わないものの、本質を見逃しやすい危険な…

  3. 「IT脳」を鍛えるには、使って体験することが一番の近道

    IT関係の仕事に就いているかどうかに関わらず、全てのビジネスパーソンに「IT脳」が必要になってき…

  4. ITリテラシーを上げるのに必要な「抽象化」の力

    このところ「ITをビジネスに活かす力」について考えています。この力のことを「ITリテラシー」と呼…

  5. 外部環境に目を向けてみると・・

    昨日は、ITにおける調査・コンサルティング企業であるITRが主催する「IT Trend 2016…

  6. 下請け・孫請け受託開発から脱却するには

    昨日はIT業界を大きく4つに分けて、その特徴を考えてみました。https://biz-it-…

  7. IT業界の構造変化 #387

    こんばんは。渋屋です。10日ほど前から痛み出した左足のアキレス腱が、まだ痛んでいます。1月下旬頃から…

  8. ブロックチェーンの技術的な特徴と、その効用

    昨日はブロックチェーンが第4次産業革命における中心的な技術であることを紹介しました。…

最近の記事

PAGE TOP