menu

うまくいっていないことには理由がある(下手すぎるバイクをどげんかせんといかん)

スイム・バイク・ランの3種目からなるトライアスロン。
私はこの3種目のうち、バイクが圧倒的に苦手です。
最近、バイクが下手な理由が少しずつ分かってきました。

 

下手すぎるバイクには理由がある

少しマニアックな話になりますが、私のバイクを漕いでいる(ペダリング)ときの画像です。
左足より右足が顕著に出ていた現象なのですが、バイクが下手なのには理由があります。

赤い線を見ると分かるのですが、つま先よりも踵が先に落ちてしまっています。
つま先だけで引っ掛けるようにペダルに力をかけているため、全然、ペダルに力がかかりません。

つまり、トルクが弱くなるので、トルクと回転数(角速度)の掛け算であるパワーが弱いのです。
私のFTP(1時間で出せる最大パワー)は、恥ずかしながら170Wくらいしかありません。
これは体重の3倍にも至っておらず、典型的な「貧脚」です。

オマケにつま先だけで引っ掛けているため、ふくらはぎに負担が掛かります。
バイク後、ランのときにカラダのバネがなくなってしまうように感じていたのは、ふくらはぎの疲労のためだったようです。

 

根本原因を探らなければ解決できない

私は、6月の五島トライアスロンまでに、FTPを体重の4倍(W/kg)に持っていくのを目標にしています。
体重が今のまま(58kg)だったら232Wです。
このくらいまで上げられれば、五島のバイクパートで目標の7時間を切れるのでは、と考えています。

では、上記写真の「踵が落ちる状態」をどう直せば良いか?です。
単に足先をいじくったところで、根本解決にはなりません。
見た目だけを直そうとしたところで無理が生じるからです。

何事にも通じることですが、根本原因をきちんと探ることが、解決につながります。
なぜなぜ分析をして、根本原因を探ってみましょう。

  1. 踵が落ちる
  2. →足首に余計な力が入っている(脱力できていない)
  3. →体幹が保持できていないから末端に余計な力が入る
  4. →「体幹」が弱い
  5. →腹まわり&背中側に空気を吸えていない
  6. →胸郭周辺が硬い

ということで、問題は「体幹」と「呼吸」にありました。
体幹が弱い理由は筋力と呼吸にありますから、より深い根本原因は「呼吸」です。

さらに。バイク上でカラダが不安定な原因も体幹(つまり呼吸)でした。
腹直筋は人並みにあるようですが、腹斜筋が弱いのです。
横からの力に弱いため、カーブや横風に耐えられず、カラダがふらついてしまうのです。

バイク上でカラダが不安定になるということは、バイクをきちんとコントロールできないということ。
思うようにバイクを動かせないから、乗っていて怖いし、無駄な力が入りまくるのです。

さらにさらに。スイムのときに下半身が沈みやすいのも、根本原因は同じでした。
背中側に空気が入っていないので、下半身側に得られる浮力が弱すぎるのです。
(肺の空気だけで浮力を得ている状態)

 

根本原因を潰すことで、問題を解決する

そんなわけで、現在、私のトレーニングは以下のようなものです。

  • 胸郭を柔らかくして、しっかり呼吸をする
  • プランク3種目(特に胸周りに刺激を入れるプランクを重点的に)
  • バイクの動きを再現するスクワット
  • SFR(50回転/分 くらいにゆっくりペダリングして、トルクを上げる練習)

上の方ほど優先的に。
足首を故障していて、まともなランニングができないので、今のうちにバイクの根本解決に取り組んでいます。
(早くガッツリとランニングしたいなぁ〜と思いつつ・・)

バイクが苦手だからと言って、何も考えずに長時間乗っても、問題解決になりません。
上述の通り、表面的に足首の形だけ良くしようとしても、(体幹が安定していないので)意味がありません。
まだ推測に過ぎませんが、根本原因を潰すことができれば、バイク中の腰痛なども克服できるのでは?と思います。

今回は、私のバイクを例に挙げました。
あらゆる問題は、同じアプローチで解決できます。

  • 表面的な問題(例:踵が落ちて、パワーが出ない)にとらわれず、根本原因を突き止める
  • その根本原因(例:呼吸と体幹)を克服することで、問題を解決する
  • 同じ根本原因から派生していた別の問題(例:バイクをコントロールできない)も解決する

例えば、売上・利益が伸ばせない組織にも根本的な原因があります。
目を背けず、そこに面と向かって取り組むこと。
呼吸や体幹トレーニング同様、地味で面白くない取り組みになることが多いです。
ですが、そこに取り組んだ組織だけが、次のステージに向かうことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
右足首の回復が思ったより長く、再来週末の赤羽ハーフに出られるか、微妙になってきました。
今朝も病院で超音波当ててきましたが・・
まぁ、剥離骨折ですから、気長に治すしかないのでしょうね。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

必要なのは「働き方改革」ではなく、「生き方改革」なのだと思う

Facebookを便利・安全に使うちょっとした技

関連記事

  1. 初トレイルランニングに挑戦、トレイルでランナーは強くなる

    昨日、初めてトレイルランニングに挑戦してきました。「東京八峰マウンテントレイル」というレースです…

  2. 東京マラソンまでに準備してきたこと

    ついに東京マラソンの日がやってきてしまいました!去年、自分の中で勝手に盛り上がり、サブ3.5(3…

  3. つくばマラソン体験記:練習不足を補って自己ベストを出した方法②

    おはようございます。渋屋です。昨日に引き続き、つくばマラソンの振り返りを行います。スタートは…

  4. LSDでフルマラソンに耐えられるカラダを作る

    この週末は長い距離をゆっくり走る練習を行いました。2週間後に今シーズン初のフルマラソンがあるから…

  5. 「型」がないから悩む、苦労する

    日曜日、近所を25kmランニングしました。3月12日の古河はなももマラソンが近づいてきているから…

  6. カラダ&ココロとの対話を繰り返す

    改めて定点観測って大事だな、と感じています。アンテナの精度が高まるからです。…

  7. マラソンをはじめた理由と、今抱えている悩み

    私がフルマラソン(42.195km)に初めて参加したのは、2013年11月3日の湘南国際マラソンでし…

  8. トライアスロンチーム「ポセイ丼」の愉快な仲間たち

    いよいよ五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)の当日になりました。去年の自分からどれだけ成…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP