menu

度肝を抜かれる人に会いました

LINEで送る
Pocket

昨日は、音声感情認識技術などを開発した、東大の光吉俊二さんのお話しを聴きに行ってきました。
一言、「度肝を抜かれ」ました。

深層学習(ディープラーニング)を中心に発展を続ける現代の人工知能の限界。
感情とは、自我とは何なのか?心理学の究極とも言えるところに科学者として攻めていく姿勢。
日本のみならず、世界の、人類の課題を解決しようと本気で考え、行動し続ける気合。

「戦争をなくして『最強の武人』になる」と言い切ってましたから。
のみならず、セミナー中に随所に織り込まれるダジャレや笑い。

視座の高さ、知性、氣の通り具合、1965年生まれとは思えぬ若さ。
何よりも自分に正直に生きる姿勢。

・・まぁ、ここまで書いても光吉さんのぶっ飛びっぷりは1ミリも伝わらないですが。
名前で検索すれば、いくつも記事が出てきますので、どんな方はそちらでご確認を。

それにしても、あんな人が世の中にいるのだ、と。正に驚愕でした。
私はついつい小さな世界に篭りがちなので、ガツンと目線を上げていただきました。

セミナーの内容そのものは、私がまとめられるようなものではありませんでしたので、割愛。。
今日はその光吉さんがセミナー中に仰った、ちょっとした一言から。

 

「精進し続けるしかない」

「自分にできることは何か?」という参加者からの質問に対して、光吉さんが仰った一言です。
チャンスが来るのは、いつか予想することはできません。
しかし、「そのとき」が来たときには、音叉が共鳴するように分かるのだそう。

ですから、そのときまでたゆまぬ精進をし続けるしかない、と。
50代とは思えぬ鍛え上げられた肉体(この季節なのにタンクトップでした)、あまりに広く深い知識を見せられた後だけに、その言葉は重く感じられました。

光吉さんは、今まで目標を掲げたことはないとのこと。
「若い頃、今(50代)の自分がこんなことをやっているなんて思わなかった。」と。
とは言え、目標はなくともビジョンはあったのだと思います。
夢を聴かれて、悩みもせずに『戦争をなくして史上最強の武人になる』と即答でしたので。

 

人それぞれの精進を続ける

ちなみに「精進」とは言っても、その中身は人それぞれです。
別に光吉さんのように武人としての修行をする必要はなく、
自分にとっての精進をすれば良いのです。

私にとってのそれは、スモールビジネスの成長を応援すること。
そのために、経営者と向き合う時間をもっと大切にすること。
経営における原理原則や、IT・マーケティングをより深く学び続けること。

トライアスロンもしっかりと積み重ねたいですし。
禅ももう少しちゃんと学んでみたいです。
光吉さんのお話しを聴いて、改めて禅の世界観を学ぶことの意義を感じましたので。

いずれにせよ、人それぞれの精進をすれば良いとのことでした。
無駄な時間を過ごして後悔するよりも、もっと活動したいですね。

 

チャンスを掴み取るには、外に出る

精進を続けていれば、そのうちチャンスはやってくると思うのです。
アンテナが立って、周囲の動きに対する情報感度も良くなりますし、
活動をし続けるということは、人とのつながりが生まれることでもありますから。

精進することは、目的ではなく手段です。
いつの日か、何かを成し遂げるときのために、力をつけておく。
力をつけておくことが目的なのではありません。
その点だけ、注意が必要だな、と感じました。

自分勝手な精進を続けても意味はありません。
例えば、スタバに篭って勉強だけしていても、学力はつくかもしれませんが、何も生まれません。
何かを成し遂げる、つまり誰かに貢献する目的がないまま、精進したつもりになっていても、それは単なる自己満足なのでしょう。
「人それぞれの精進」と「自分勝手な精進」の違いは、ベクトルが外向きか、内向きかの違いでしょうか。

チャンスを掴み取るには、当然のことながら外に出続けなければなりません。
外に出て、人と触れ合いながら、精進していこうと思ったのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は陣馬山トレイルのレースです。
右脚の回復がギリギリ間に合ったようなので、行ってきます!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

独立したら暇な時間を怖れず、積極的につくる

景色は最高だが、意外とキツイ?陣馬山トレイルレース体験記

関連記事

  1. 恐ろしいほどにつながってきた、過去に無駄だと思っていたこと

    私の前職、会社員時代に勤めていた会社は、ある技術に特化した会社でした。その特化したエンジニアとし…

  2. お金だけで幸せになれない本当の理由

    先日読んでいた本にドストエフスキーの言葉が紹介されていました。「貨幣は、鋳造された自由である…

  3. 仕事とプライド

    こんばんは、duckです。仕事が溜まりまくっています作らなきゃいけないドキュメントが数多くあるのに、…

  4. 何気ない一言からの気付き

    こんばんは、duckです。今日は仕事上の、あるパートナー企業と今後のビジネスの進め方についてのミーテ…

  5. 遊び通し #317

    こんばんは。duckです。昨晩は息子の保育園仲間の3家族でクリスマスパーティ。去年もやったプレゼント…

  6. 2次口述試験を終えて

    中小企業診断士、2次口述試験が終わり、試験の全工程が終了しました。終了後、仲間(と言っても初対面の…

  7. 我流を診てくれるシステム #599

    おはようございます。渋屋です。3連休は妻の田舎に帰り、ガッツリと遊び続けた3日間でした。…

  8. 時間は作り出せる #245

    おはようございます。duckです。改めて早寝早起きを習慣化しようとしている5日目です。しっかりと朝の…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP