menu

日々の生活を、より面白くするためにやりたいこと

LINEで送る
Pocket

先日、私がブログを書くのに苦労しているのは、日々の生活がつまらないからだと書きました。

では、どうすれば、日々の生活は面白くなるのでしょうか?

 

人に会う

自分1人で、生活をいきなり面白くすることはできません。
変化は人との間に起こるものだとするなら、やはり人に会うことが大切なのでしょう。

第一人者に会いに行く

自分が学びたい、スキルアップしたい分野の第一人者から学ぶことです。

例えば私の場合、マーケティングは佐藤義典さんから学びました。
著書は全て読んでいますし、セミナーにも何度か参加しました。
短期間に実践的なスキルを得られたのは、間違いなく佐藤さんのおかげです。

なお、分野に限らず、第一人者はご自身の世界観、価値観や言葉を持っています。
そういったものに触れることで、自分の世界観などが書き換わることも多々あるでしょう。
各界の一流どころに会うにはお金が掛かりますが、間違いなく必要な投資です。

自分のなりたい姿を達成している人に会いに行く

自分のなりたい姿を既に達成している人に会うのも刺激的です。
私の場合、会社員の頃は、既に独立している人の話を聴くのが、最も楽しい時間でした。

苦労話も、成し得たことを聴くのも、全てが学びになりました。
そのようにして人に会うほど、自分が独立する姿がリアルに描けるようになったのです。

最近は自分の「ど真ん中」を生きている人に惹かれます。
(このブログの名前通りですが)
他者との比較や稼ぎ云々ではなくて、自分がやりたいこと・ワクワクすることにリソースを突っ込んでいる人。
仕事とプライベートの区別がなくなっているような人に惹かれます。

各界の第一人者に会うのに比べれば、お会いする敷居も低いでしょう。

面白い人に会う

自分が目指す方向性かどうかはさておき、自分の感性で「面白い」と感じる人に会うのも良いです。
私は先日、Zen 2.0というイベントに参加してきました。

面白そうな人たちが、多々、登壇されていたからです。
週末(土日)を潰して参加しましたが、非常に良いイベントでした。

またぜひ会いに行こうと思っている人も居ますし、既に著書を読んでいる人も居ます。
Zen 2.0参加前は、ここまで自分の興味関心のアンテナが立つとは思っていませんでした。

 

いつもと違うことをする

もう1つは、いつもと違うことをすることです。
ストレッチや筋トレのように、毎日積み上げて効果を実感するものがある一方、敢えて変化をつけようとすることも大切です。
(正確に言えば、ストレッチなどの繰り返しでも、カラダの変化を感じた上で、変化をつけるのですが)

  • いつもと異なるルートで帰ってみる
  • いつもと違うお店に入ってみる
  • いつもと異なるツールを使ってみる
  • いつもと異なるメディア・情報に触れてみる
  • いつもと異なるものを食べる

などなど。

できる限り「いつもと異なることをする」という意識を、アンチウイルスソフトのように常駐させておきたいものです。
その一方で、ルーチンとして繰り返すものを効率良くこなし、積み上げていきたいです。

この新しいことと、ルーチンの最適バランスは人それぞれです。
既に時間もお金も余っている人であれば、新しいことに集中できます。
一方で、時間もお金もゆとりのない、しかも仕事は言われた通りにやらねばならない新入社員のような状態であれば、まずは目の前の仕事がルーチンに感じられるまで、仕事に集中した方が良いでしょう。

大事なことは、ルーチン100%に陥らないようにすること。
冒頭で紹介した記事でも書きましたが、私はこの半年間ほど、ルーチンの割合が高まり過ぎたが故に、インプットが減ってしまったのでしょう。

まだまだルーチンの比重が高いので、意識して新しいことを付与していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は仕事後、3週連続のバイクのためのカラダの使い方講座(2週目)に参加。
以前に習ったことが、全く身についていないことを痛感・・
次回、最終回までに復習します。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

トレッドミルとロード(外ランニング)の使い分け

マーケティングセンスを身につけられる、誰にできる方法

関連記事

  1. 小さな組織に魅かれるワケ #385

    こんばんは。渋屋です。先日、興味深い話を聞きました。話し合いの限界は5人、ということです。6人以上で…

  2. 目標を共有できる仲間と場を持つ

    昨日は3ヶ月に1度行なっている、目標設定と振り返りの場でした。私を含めた4名で集まり、この3ヶ月…

  3. 発酵・熟成の期間 #627

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(ゆっくりする自分も大事にしたい…

  4. 自分の強みを見つけるには #462

    おはようございます。渋屋です。週末起業や出版を決意して以来、ずっと2つのことを探しています。…

  5. 1,000日をスタート地点と考えるくらいでちょうどいい

    情報の伝達手段が発達し、学びのプラットフォームやアプリが次々と生まれる中で、私たちは新しいスキル…

  6. 知識は単なる知識

    昨日・今日と2日間、会社の研修でした。全部で4回やるうちの3回目。次回は1月に実施。そして2月には…

  7. 50代社長、ゼロからの挑戦に感動しました

    昨晩は、私には珍しく、サントリーホールへピアノのコンサートに行ってきました。お付き合いのある社長…

  8. 属しているコミュニティの数と成長速度の関係

    「もっと変わりたい」「今のままじゃ嫌だ」今この瞬間を大切に生きようとする一方で、同時…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP